町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根工事 > 屋根葺き替えの時期について!!葺き替え・カバー工法のタイミングについて解説します!!

屋根葺き替えの時期について!!葺き替え・カバー工法のタイミングについて解説します!!

建物の屋根にとって、いずれ必要になる葺き替え工事について考えていきたいと思います。

屋根は、太陽からの紫外線や風雨の影響から、その建物に住んでいる人を守ってくれる非常に重要な部位です。皆さんも、「屋根のない建物」なんかに住みたいとは思いませんよね。

しかし、この屋根というものは、上述した紫外線の影響や風雨の影響を常に受けているものですので、経年で徐々に劣化が進行していくものなのです。

したがって、その劣化状態によって軽微なメンテナンスから葺き替え工事のような一大リフォームまで、いずれ必ず行わなければならないものだと頭に入れておかなければいけません。

例えば、建物に雨漏りが発生した場合、屋根からの雨漏りであれば、葺き替え工事を提案されることも多くなるでしょう。

そのような場合、一般の方であれば「具体的にどのような工事なのか?」や「いくらぐらいかかるのか?」等、非常に心配になってしまう事でしょう。

特に葺き替え工事は、屋根のリフォームの中でも高額な工事となりますので、身構えてしまうのは致し方ない面もあると思います。

そこで今回は、建物のメンテナンスを計画的に行っていけるようにするため、屋根の葺き替え工事が必要になる屋根の劣化症状や、そのタイミングをまとめてご紹介していきたいと思います。

築年数が経過した建物に住んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください!

葺き替え工事の基礎知識

 

それではまず、屋根の葺き替え工事について簡単にどのようなものなのかをご紹介しておきましょう。

屋根リフォームは、大きく分けると『葺き替え工事』と『カバー工事』の2つに大別することが可能です。

葺き替え工事というものを、簡単に説明すると、古くなった既存の屋根材を一度撤去してしまい、新しい屋根材に替えるというものです。

屋根材には、瓦や金属素材、スレート材など、様々な種類があるのですが、どの屋根材だとしても経年で劣化していくものなのです。

その為、屋根材が割れてしまう、ズレてしまうなどといった理由が、雨漏りの原因になってしまうため、劣化状況によって屋根材ごと入れ替えが必要になるのです。

葺き替え工事の種類について、一例をあげると、

  • 【日本瓦の屋根】⇒【日本瓦の屋根】にする葺き替え工事
  • 【日本瓦の屋根】⇒【スレート】にする葺き替え工事
  • 【スレート】⇒【ディーズルーフィング】にする葺き替え工事

上記のように、最終的にどのような屋根にしたいかによって、選択する屋根材は変わります。

これは、屋根材ごとに特徴や価格が変わるため、何を重視したいのか業者さんとよく相談し、決める必要があります。

葺き替え工事のメリット・デメリット

冒頭で「屋根リフォームの中では高額な葺き替え工事」とご紹介しましたが、それでは高額な工事に入る葺き替え工事を進めることにどのようなメリットがあるのでしょうか?ここではデメリットと一緒にご紹介しておきましょう。

葺き替え工事のメリット

  • 屋根の根本改善になり、屋根の寿命が延びる
    葺き替え工事は、屋根材を新品に入れ替えるという事ですので、屋根のみは新築になったも同然です。その為、屋根に発生していた問題を、根本から解決することになり、屋根の寿命も延びます。
  • 地震対策を図る事にもなる
    近年では、屋根材の軽量化が非常に進んでおり、その性能も飛躍的に上がっています。また、施工方法も簡素化し、軽量化されていますので、大幅に屋根の軽量化を進めることが可能です。屋根の軽量化は、建物の耐震対策として非常に有効な方法ですので、屋根リフォームと同時に耐震対策を進めるという副次効果も得られるのです。

葺き替え工事のデメリット

  • カバー工事などと比較すると、工事費用が高くなる
  • 既存屋根材の撤去時には、埃や騒音が出るため近隣住宅への対応が欠かせない
  • カバー工事などと比較すると、既存屋根の撤去が必要なため施工期間も長い

葺き替え工事が必要な症状とタイミングについて

 

屋根の葺き替え工事については、どのような症状が出ていれば葺き替えが必要なのか?

また、一般的にはどのようなタイミングで葺き替えを行うものなのか?を知っておく必要があるでしょう。

もちろん、現在使用している屋根材の種類によって、耐用年数も出てくる症状も異なりますので、ここでは普及率の高い屋根材について、葺き替えタイミングをご紹介しておきます。

瓦屋根において葺き替えが必要な症状

それでは、瓦屋根においてよくある劣化症状とその危険性からご紹介します。

  • 漆喰の剥がれや脱落が見られる
    漆喰は、一般的に10年程度に1度の塗り替えが必要です。瓦の状態に問題がなければ漆喰補修のみで対応が可能です。危険度は小~中程度といったところですね。
  • 瓦の割れ、ズレが見られる
    瓦は本来、非常に耐久力が高いものです。しかし、強風に飛ばされて来たものがぶつかったりすることで割れることもあるのです。数枚程度であれば部分的な補修で対応可能です。ズレに関しては、地震や台風で大きくズレた場合などは葺き替えの必要があるかもしれません。危険度は中程度です。
  • 瓦や棟瓦にうねり、歪みが見える
    これは、屋根下地から劣化している可能性が高い為、葺き替え工事が必要です。雨漏りを発生させる可能性も高いので、危険度は大と言えます。
  • 雨漏りしている
    雨漏りが発生している場合は、ルーフィングの劣化も考えられるため葺き替えが必要です。雨漏りは、関係のない部位まで水が回り腐食させてしまうものですので、建物全体にとっても非常に大きな危険があります。

スレート屋根において葺き替えが必要な症状

次はスレート屋根を見てみましょう。

  • 棟板金の釘抜け・ゆるみ
    これは、経年で徐々に板金を固定している釘が緩んでしまう劣化です。屋根材が問題なければ部分補修で問題ありません。危険度は小~中程度です。
  • 屋根にコケやカビが…板金にサビが…
    屋根に施されている塗装が劣化しているサインです。防水効果なども切れている可能性が高いので放置すれば雨漏りの危険があります。屋根材の状態によっては塗装工事で問題ありません。
  • 屋根材が破損している
    台風などで屋根材が全体的に破損してしまったという場合には、葺き替え工事やカバー工事などの屋根リフォームが必要です。
  • 雨漏りしている
    瓦屋根と同様、建物全体にとって非常に危険なため、葺き替えやカバー工事が必要です。

金属屋根において葺き替えが必要な症状

最後に近年非常に人気が高い金属屋根の症状です。

  • 棟板金の釘抜け・ゆるみ
    台風などの強風で板金の釘が緩むことがあります。屋根材に問題がなければ部分補修でOKです。
  • 屋根材が錆びている
    塗装の効果が切れているためです。再塗装を行うか、カバー工事などの屋根リフォームが必要です。
  • サビで孔食(穴あき)が発生
    孔食(穴あき)まで見られると、再塗装では対応できないので、葺き替え工事やカバー工事などの屋根リフォームが必要です。
  • 屋根材がめくれている
    台風などの強風によって屋根材がめくれてしまった…などといった場合は、葺き替え工事やカバー工事などの屋根リフォームが必要です。

屋根材の違いによる対処法は上記のようなものです。上述の通り、屋根材の違いによって症状も大きく異なり、その対策も変わるものなのです。

葺き替え工事などは、高額な費用が必要ですので、「まだ雨漏りしていないから大丈夫かな…」などと、工事を引き延ばそうと考える方も多いものです。

しかし、一度雨漏りしてしまうと、関係のない部位まで劣化を進めてしまい、建て替えまで必要になってしまった…なんてことも考えられるため

小さな劣化でも見つけたときは業者さんにきちんと見てもらうようにしましょう。

屋根は定期的な点検・メンテナンスが重要!

今回は、屋根の葺き替え工事について、その基礎知識と葺き替え工事が必要になる症状などをご紹介してきました。

上述したように、屋根は様々な要因によって徐々に劣化が進行していくものです。

さらにその劣化症状は、使用している屋根材によって様々ですので、一般の方であれば、なかなか葺き替えのタイミングをつかむという事も難しいものでしょう。

しかし、劣化を放置してしまい、最終的に雨漏りまで進行してしまうと、本来全く関係のない部位まで水が回り、腐食させてしまうなど

建物全体の問題にまで発展しかねないことだという事を知っておきましょう。

屋根は、建物の中に住む人を常に守ってくれているものですので、早め早めに補修していくことをオススメします。

それが、結果的に屋根を長持ちさせ、建物自体の寿命を延ばすことにもつながるのです。

 

グラスビトウィーンは自社で職人を雇っている町田の屋根修理施工業者・外壁塗装施工業者です

自社に職人がいますので、他社と違い中間マージンが発生いたしません。

自社施工で高品質、別の業者が入ることがないため工事コストの削減が可能です。

ぜひ相見積もりをお取りください。

 

 

 

グラスビトウィーンではドローンを使った無料屋根点検を行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら町田市で屋根・外壁リフォーム実績No.1のグラスビトウィーンまで、お気軽にお問合せください。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現