町田市の屋根工事(屋根葺き替え工事・屋根カバー工法)は株式会社グラスビトウィーンへ > ブログ > 屋根材・コロニアルの耐用年数 ・耐久性とメンテナンスとは?

屋根材・コロニアルの耐用年数 ・耐久性とメンテナンスとは?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

今回は、現在多く使われている「コロニアル」についてご説明します。

1.コロニアルとは

2.コロニアルとアスベストの歴史

3.世代別・代表的なコロニアル商品とその特徴

4.コロニアルの耐久性

5.コロニアルのメンテナンスと塗装の必要性

6.コロニアルのリフォーム費用

7.まとめ

 

https://www.grassbetween.com/

 

コロニアルとは?

住宅用のスレート屋根の商品名

 

コロニアルはケイミュー(クボタとパナソニックの合弁会社)が取り扱う戸建て住宅専用の「スレート屋根」の商品名です。

スレート屋根の正しい一般名称(正式名称)は「平形屋根用スレート」です。
ただ、そうよぶ人は誰もいません。

 

コロニアルもしくはスレート屋根とよぶ人が多いです。
その他、「カラーベスト」や「平板スレート」「化粧スレート」「薄型スレート」「石綿スレート」とも呼ばれています。

 

テイガクにリフォームを依頼されるお客様の約7割以上がコロニアルのお客様です。
とてもたくさん使われている屋根である一方で、過去を振り返るとたくさんの問題を抱えている屋根です。

このページでは、コロニアルの「寿命」「耐久性」「塗装の必要性」「メンテナンス」を中心に詳しく解説します。

 

◆コロニアルのサイズ・重さ・厚み・価格

古いコロニアルを差し替え補修することもあるため、コロニアルのサイズは原則規格化されています。
下記は流通量の多いコロニアルクァッドの仕様です。

 

コロニアルのサイズ 幅910mm×高さ414mm
働き寸法 幅910mm×高さ182mm
厚み 5.2mm
1㎡あたりの重量 約20Kg
1㎡あたりの必要枚数 約6枚
梱包入り数 8枚
1㎡あたりの値段 約3,000円

※コロニアルは2枚重ねにして張られています。

上面のみの張り替えの場合は、必要枚数は半分になります。

コロニアルとアスベストの歴史

苔の付着は耐久性と関係がない

コロニアルの主成分はセメントです。
セメントを強固に固める素材として昔のコロニアルにはアスベスト(石綿)が含まれていました。
おおむね2000年以前に製造されたコロニアルにはアスベストが含まれています。

 

第一世代のスレート屋根(コロニアル)で、代表的な商品としてニューコロニアルがあります。

築後10年が過ぎると目立つコロニアルNEOのひび割れ

2000年以降はアスベストの代替物として繊維を混ぜて、コロニアルを製造していました。
しかし、2000年初頭から後半にかけて製造されたアスベストの代替物は十分な性能を持ち合わせておらず、これまでのアスベスト入りのコロニアルよりも、ぜい弱でした。

 

第二世代のスレート屋根(コロニアル)で、商品名ではコロニアルNEOなどがあげられます。

2008年から改良型コロニアルが発売されます。

第三世代のスレート屋根(コロニアル)で、商品名ではコロニアルクァッドなどがあげられます。

 

第一世代 ニューコロニアル

ニューコロニアルの屋根

ニューコロニアルは1979年に発売された屋根です。
アスベスト含有されている代表的なコロニアルです。

コロニアルの中で最も普及しています。
耐久性が高い屋根材です。
多くの場合、塗装をおこなわなくても、築30年以上、屋根の機能が維持されます。

製造時期 メンテナンス時期
昭和54年から 平成13年 テイガク屋根修理では建築後30年から35年目に カバー工法によるリフォームを実施するケースが多いです。

 

第二世代 コロニアルNEO(ネオ)

コロニアルNEO(ネオ)の屋根

コロニアルNEO(ネオ)はアスベスト規制直後に販売された屋根材で、ニューコロニアルの後継品です。

2001年4月から販売開始されました。

 

ニューコロニアルなどのアスベスト含有のコロニアルと比べて、明らかに劣化の進行が早いです。

築10年から15年後、屋根先(1㎝から2㎝)部分に欠け若しくは細かなひび割れが目立ち始めます。

製造時期 メンテナンス時期
平成13年~ (現在は製造中止) テイガク屋根修理では建築後20年目にカバー工法によるリフォームを実施するケースが多いです。

 

こんなにもある!第二世代コロニアルNEOの同等品

当時のスレート屋根はおしなべてコロニアルNEOと同程度の耐久性です。
コロニアルNEOだからとは限りません。
以下は当時発売された商品の一覧です。

セイバリーNEO

スペリアルNEO

ザルフ

ミュータスNEO

グリシェイドNEO

レサス

エコ・シンプル

シルバス

シンフォニー

第三世代 コロニアルクァッド

コロニアルクァッドの屋根材本体

コロニアルクァッドはコロニアルNEOの後継品です。
現在のコロニアルの主流品です。

 

2008年に販売開始されました。

ニューコロニアルと同じ形をしています。

販売して10年程度しか経過していないので、評価は難しいですが、コロニアルNEOよりは丈夫であることは確かです。

製造時期 メンテナンス時期
現在製造中 メーカーカタログでは建築後30年が目安

 

コロニアルの耐久性

◆コロニアルの耐久性・寿命は?

●第一世代のコロニアルで30年~40年、第二世代のコロニアルで15年~25年です

コロニアルの世代 製造時期の目安 アスベスト有無 耐久性
第一世代 2000年以前 30年~40年
第二世代 2000~2008年頃 × 15年~25年
第三世代 2008年以降 × 30年?
棟板金 5年~15年
第三世代のコロニアルは発売からまだ10年程度しか経過していないので評価が不確定です
コロニアル屋根の棟板金が飛ばされた住宅

コロニアルの耐久性は上記の表のとおりです。
ただし、コロニアル本体よりもコロニアルてっぺんに取り付けられている棟板金(むねばんきん)が先行して不具合を起こすことが多いです。
棟板金は築後数年で飛ばされるケースが少なくありません。

棟板金の下地にアルミを使用します

棟板金が飛ばされる理由は木の下地と鉄くぎの相性が悪いからです。
テイガクでは腐食と変形、そして耐風性に強いアルミ型材下地を用いた棟板金の施工をおこないます。

 

◆そもそもコロニアルが普及した理由は?

●高度経済成長期の住宅供給不足と屋根の軽量化の2点が大きな理由です

 

昭和や平成初期の時代、屋根材といえば瓦屋根でした。

しかし、瓦は生産に時間がかかり、施工の技術力を要し、何よりも高額でした。

そこで、安価で大量生産ができ、技術力を求められないコロニアルは急速にシェアを拡大するにいたりました。
決定打は阪神淡路大震災です。

瓦屋根の耐震性の問題が社会問題となり、コロニアルはたちまち市場を独占するようになりました。
耐震性の基準値は屋根材の種類によって決定されます。

コロニアルは軽い屋根材として、瓦屋根よりも緩い基準値が設定されています。

屋根材 耐震性の基準値(壁量計算基準)
コロニアル 軽い屋根材
瓦屋根 重い屋根
土葺き瓦屋根 非常に重い屋根

しかし、今現在そのコロニアルに頭を抱えている人が続出しています。

◆今コロニアルで困っている人が増えている理由は?

●第一世代と第二世代の劣化時期が重なってしまったからです

第一世代のコロニアルで家を建てた人は、ちょうど今がコロニアルを改修するタイミングです。
当時のコロニアルはアスベストが含まれているので、葺き替え工事はかなり費用負担となります。

建築面積(建坪)25坪から30坪程度の住宅で、150万円から200万円近くの費用が葺き替えの場合、かかります。
そのため、築後30年前後でカバー工法によるリフォームおこなう人が多いです。

 

一方で第二世代のコロニアルも、今がリフォームのタイミングです。

築後10年から20年が過ぎる頃にコロニアルの欠けやひび割れが明らかに目立ち始めます。

 

そのような背景があり、現在、コロニアルのリフォームを検討する人が急増しています。
以下のような思いを多くの人が感じているのではないでしょうか。

 

まさかの屋根の葺き替え工事がそんなに高いなんて思ってもみなかった!

まさか築後10年足らずで、自宅の屋根がボロボロになるとは思ってもみなかった!

◆「コロニアル屋根」で雨漏りを放置しておくととどうなる?

●屋根構造材を含めた改修を伴う葺き替え工事が必要となります

下地の補強をする様子

塗装の有無にかかわらず、コロニアル屋根は40年以上は持ちません。
35年以上経過すると、雨漏れのリスクが非常に高くなります。

 

雨漏りをそのまま我慢をして放置する人がいます。
一定期間、雨漏りを放置してしまうと、コロニアルを固定して支えている野地板(のじいた)を剥がして、野地板を支えている垂木という部材を補強しなければならない事態にまで発展します。

 

こうなってしまうと、かなり大掛かり工事となり、更に多額の費用が発生することになります。

屋根を突き抜けてしまう可能性もあります

また、雨漏りを放置したコロニアルは野地板がフニャフニャになっており、屋根にのぼると屋根を突き抜けてしまうことがあります。

命を落とす危険もあるので、素人は絶対に屋根にのぼらないようにしてください。

コロニアルのメンテナンスと塗装の必要性

◆コロニアルの塗装は必要でしょうか?

●剥がれや亀裂がない限り、美観維持を目的にした塗装です

ケイミューが発行しているメンテナンススケジュール表にも屋根塗装は必須ではないということが読み取れます。
あくまでも「屋根塗装は美観上行うもの」であるというのが製造会社の公式な見解です。

ケイミューのコロニアルクァッドカタログより
ケイミューのコロニアルクァッドカタログより

 

◆コロニアルで塗装をおこなってはいけない屋根はありますか?

●第二世代のコロニアル塗装は推奨できません。

第二世代のコロニアルは不具合がおこりやすい

第二世代のコロニアルに塗装をしたり、太陽光パネルの乗せたりすることは絶対に避けてください。
元がぜい弱な屋根であるので、お金の無駄遣いになるだけではなく、屋根の寿命を縮める最悪の結果を招くおそれがあります。

 

塗装会社や太陽光パネルの設置会社の多くは、第二世代のコロニアルのぜい弱さに理解が乏しいです。
もしくは目先の利益のために無理矢理工事をおこなう会社もいるかもしれません。

 

なお、第二世代のコロニアルでなくても、コロニアルの塗装をおこなったことで雨漏りが誘発される結果になる場合があります。
一番多いのがタスペーサー設置や縁切りがおこなわれずに、屋根塗装をおこなうケースです。
コロニアルの塗装の注意点は是非、抑えてください。

 

◆どんなところを注意してメンテナンスした方が良いか?

●1番初めに棟板金・2番目にルーフィング・3番目に野地板の状態をチェック

屋根塗装後2年で棟板金が飛ばされた現場

コロニアルのメンテナンスにおいて、何よりも大事なのが棟板金の状態確認です。

屋根塗装を行う場合は、棟板金の交換は必ずセットでおこなってください。

 

その場合、棟板金を取り外して棟板金の下地材を交換しないと意味がありません。
棟板金に釘打ちだけで済ませる人が多いですが、絶対に避けて下さい。

ルーフィングが破れることで雨漏りが起こる

屋根からの雨漏れはコロニアル屋根の下にあるルーフィングの破れが原因です。
汎用的に用いられているルーフィングの寿命は長くて25年から30年です。

 

コロニアルはコロニアルの下に水が回りやすい構造をしています。
コロニアルに塗装をしたところで、ルーフィングを交換しない限り雨漏れは解消せれません。

雨漏りが起きた屋根の屋根裏の様子

屋根の下地である野地板の劣化が進行しているとコロニアルが剝がれやすくなります。
そして、野地板が水を含んで腐ってブヨブヨになると、屋根塗装どころか屋根カバー工法さえもできなくなります。

 

残された道は、屋根を剥がして張り替える「葺き替え工事」だけです。
コロニアルの状態を確認する際は、野地板の状態も合わせて確認しましょう。

 

ルーフィングについて詳しくはこちら

■田島ルーフィング

https://tajima.jp/koubai_yane/index.html

コロニアルのリフォーム費用

◆コロニアルのカバー工法の費用は?

●110~130万円(足場代込)です。
屋根の形と用いる屋根材の種類によって10万円~30万円程度の差が生じます。

◆コロニアルの塗装費用の費用は?

●50~60万円(足場代込)です。(屋根の大きさによって異なります)
使用する塗料によって10万円程度の差が生じます。

◆コロニアルの葺き替え費用は?

●130~160万円(足場代込)です。
屋根の形と用いる屋根材の種類によって10万円~30万円程度の差が生じます。
アスベストが含まれている場合、更に20~30万円程度、工事費が高くなります。

◆コロニアルの部分修理や応急処置の費用は?

●足場を組み立てないで修理や応急処置を行った場合、5~10万円程度の費用が相場です。

 

まとめ

コロニアルの寿命はどんなに長くても40年です。
さらに第二世代のコロニアルは更に短く30年です。
この数字は塗装をしてもしなくても変わらない数字です。

 

なぜなら、コロニアルの下にある一般的な品質のルーフィングの寿命が20年から30年程度だからです。
また、換気棟などの湿気対策をしていない野地板の場合、野地板の寿命はせいぜい40年です。

 

ハウスメーカーの営業や塗装会社に言われて、言われるがままにコロニアルに塗装をする人が今も多いです。
インターネットでも「屋根塗装は絶対おこなわなければならない」。といった情報であふれています。

 

屋根塗装にお金をつかうのであれば、いずれ必要になる「屋根カバー工法」や「屋根葺き替え」工事のための資金として塗装をおこなわずに貯金をしておくほうが合理的で賢明だと思います。

 

具体的には、築後25年まで何もせずに、25年目の節目で屋根と外壁塗装をおこなって、外装工事を1度で済ませてしまう。

 

グラスビトウィーンは、屋根や外壁の専門企業だからこそ安心できます!

屋根・外壁のご相談はお気軽にお申し付けください!

お問い合わせは下記のフォームで!

◆町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン (grassbetween.com)

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須

    例:見積もりが知りたい

     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現

    青山栄享
    青山栄享
    2022-11-22
    営業担当者が丁寧に説明してくれた。職人さんが皆さん感じの良い人達で、仕事も丁寧で、きっちりやってくれた。おまけに、玄関前の駐車場煉瓦迄高圧洗浄機で汚れ落としや、本体工事に関係ないベランダスノコの塗装、エアコンダクトホースカバーの新品付け替えまでしてくれて、兎に角親切でした。
    日笠達二
    日笠達二
    2022-11-16
    1. 拙宅は築19年の輸入住宅にて10年目には別の業者殿にて一応のメンテナンスはやったもののあまり満足の行く内容 ではなかった為、新たに修理会社を数社と面談して、(株)グラスビトウィーン にお願いすることにしました。 2.主たる工事内容は、屋根(スレート)の葺き替え、及び、窓、ドア周り等のコーキング打ち替え(一部打ち増し)、一部室内修復等にてお願いした。 3. 工事依頼をする会社選定には約6ヵ月の時間をかけ、下記点を重点として評価した結果にて当該会社にお願いする事にしました。 自社の管理体制をこの目で見学(会社訪問)する事を喜んで受け入れていただいた事、種々管理体制と社員の方への教育がしっかりとされていること、工事内容に対する保証がしっかりとしている事、工事内容、使用材質等の見学を実際に経験できた事、お値段が妥当に感じられた事 4. 工事を実際にしてみて感じた事は、細かい点まで神経を配っていただいた事、工事内容の事前説明も丁寧でありわかりやすかった事等である。
    Nao
    Nao
    2022-11-10
    屋根の葺替え、外壁の一部塗装でお世話になりました。 見積もりを依頼した当初より極めて迅速な対応をして頂き助かりました。 私たち素人の疑問に丁寧にお答え頂けた事で色々な選択肢の中から、納得のいく最適な貌での施工を依頼する事が出来ました。 私が以前より気になっていた外周りの細かな補修にも対応して下さいました。 屋根上では職人さんがトップライトの不具合を見つけ補修して下さいました。 屋根材だけでなく屋根全体を見ていただけている丁寧な作業に、私たちには見えない屋根の上の施工も安心してお任せする事が出来ました。 傷みの激しい外壁一面のみの塗装についても色調合わせに妥協する事なく取り組んで頂きとても良い色を造り出していただきました。 職人さんは皆さんプロ意識を持ったとても感じの良い方々です。 今回のご縁を大事にさせて頂きたいと主人と話しております。
    taka.s
    taka.s
    2022-10-27
    見積り時のご対応で、技術力、製品・施工品質及び提供サービスから、信頼できると思い工事をお願いしました。 こちらからの相談・要望にも、担当者の方はじめ、職人の方々も誠実に対応してくださいました。工事期間中は、台風の影響もあり日程調整も難しかったと思いますが無事完了し、大変満足のいく仕上がりとなりました。感謝申し上げます。
    Koji
    Koji
    2022-10-04
    今回、屋根の葺替え(ローマンネロ)と外壁の一部塗装をお願い致しました。 元々は他社で一旦契約したものの、十分な納得感を得られずネット検索している中で偶々出会ったのがきっかけでした。 セカンドオピニオンとしての行動を素早く取って頂けたことで、クーリングオフを利用する決心ができ、屋根補修に対する考え方についても適切なアドバイスを頂き、改めて家内と2人で確り話し合い進める事が出来たと思います。 お越し頂いた職人さん達も皆誠実で、工事の進捗はスマホ画面を通じ日々教えて頂けましたし、急遽お願いしました鳥の巣対策も快く引き受けてくださいました。 外壁塗装においては、側面により損傷に差異が生じていた為、アドバイスもあり今回は損傷が進んでいる1番陽の当たる側面のみの塗装をお願いしましたが、確り塗料の調整をして頂き他の側面と遜色のない色の仕上がりにして頂きました。 屋根は30年保証ですが、近い将来考えなくてはならないだろう外壁の全塗装工事についても、改めて相談させて頂きたいと考えています。
    Yo Machi
    Yo Machi
    2022-09-12
    屋根の葺き替えで、屋根材のディーズルーフィングが気に入り専門に扱っている貴社に見積もりを依頼しました。ドローンによる下見の後、材料の説明と見積もり金額が納得のいくものだったので工事をお願いしました。施工は非常に丁寧で満足のいく結果でした。完成後もドローンで、世界遺産のテレビ放送ように4K画像で撮影してくれて感動しました。材料、施工、費用、全てで満足しましたので、知人にも紹介したいと思います。
    Hiro
    Hiro
    2022-08-22
    7-8月に屋根と外壁のリフォームをお願いしました。 複数社から見積りいただいた中でのご相談でしたが、対応の速さや説明の分かりやすさから、専門性の高さを感じ、依頼させていただきました。 雨が多く、予定が変わりやすい時期でしたが、各工程の職人さんから、日々状況を説明いただけるので、不安なくお任せすることが出来ました。 お願いして気づいたことですが、HPで紹介されている職人さんに対応してもらえる点も、他社さんに無い大きなメリットだと思います。 また何かあれば、ご相談したいと思います。大変お世話になりました!
    ピーチフラペチーノ
    ピーチフラペチーノ
    2022-08-21
    太陽光パネルを付けた屋根の劣化に長年悩んでおり、今回工事をお願いしました。 太陽光パネルの脱着も一貫して行ってくれるとの事で、安心して任せることができました。 工事内容や、外壁塗装のシュミレーションなど、細かく相談に乗ってもらい、工事が完了した際には想像以上の色合いで、とても満足しています。 梅雨の合間の暑い中の作業で、職人さんもとても大変だったと思います。ありがとうございました。 長年の屋根の悩みを解決して頂き、ありがとうございました。
    タケちゃん
    タケちゃん
    2022-08-09
    前回の外壁リフォーム後、11年経過。太陽光パネルの脱着を含め、屋根工事、外壁塗装が出来る所を探しました。地元でグラスビトウィーンさんをネットで見つけ、早速お店に訪ねて相談しました。 説明がわかり易く実績も豊富だった為、外壁塗装と屋根工事と太陽光脱着を即座に頼みました。 工事も丁寧で手慣れた感じでとても信頼出来る業者さんでした。 職人さんの考え方、仕事のやり方、受け答えかが良く教育され、本当に信頼出来、満足な出来栄えでした。 今後は他の人にも、自慢して紹介していきたいです。 ありがとうございます。