町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根カバー工法について

屋根カバー工法について

いつもブログを読んで頂いて有難う御座います。

本日は雨で工事も中止なので屋根リフォームについて書きたいと思います。

1つに屋根といっても興味を持たれる方もいらっしゃれば、屋根は塗装でと考える方もいるかと思います。

何気に毎日のように色々な屋根を見掛けるとは思いますが、綺麗な屋根に越した事はありません。

そして屋根が無い家を想像して下さい。

勿論、雨水が部屋の中に入ってきます。屋根の大事さ、家は壁が汚れていても屋根が綺麗だと見栄えも変わってきます。

屋根の大事さを感じて頂ける有り難いです。

屋根を修理・リフォームする際、

「軽い」という金属屋根の利点を最大限に活かした

リフォーム方法が「 カバー工法 」です。

 

カバー工法とは今ある屋根の上に、新しい屋根を乗せる工法です。

これを通常の瓦やスレート屋根(コロニアル)で行うと、

屋根の重さが2倍になってしまうため、耐震性や

住宅への負担面から現実的には不可能です。

対して金属屋根は

瓦の1/10の軽さなので重量面で、

屋根の上に被せても、住宅への荷重面の影響は最小限に抑えられます。

※もとの住宅の柱が歪んでいる場合や、屋根の下地の傷みが激しい場合は除きます。

 

 

また、金属屋根材は加工性に優れていることもカバー工法を可能にしているポイントの1つです。

では、「 カバー工法 」の特長は?

 

【工事方法としてのメリット】

 

1.古い屋根の撤去処分費がかからない

古い屋根材を解体する手間代、

産業廃棄物となる旧屋根の処分費が発生しません。

 

2.工事期間が短い

古い屋根の撤去がないため工事の期間が短くて済みます。

屋根工事だけなら、最短で2日※の工事も可能です。

※屋根の設置だけの日数です。足場工事や雨樋などの付帯工事を含めず。

 

 3.工事中の雨漏りの心配がない

古い屋根を撤去しての屋根工事ですと、撤去期間中に雨が降ると

室内への雨漏りのリスクが高まります。その際にはブルーシート等で

一時的に屋根を覆いますが、大雨や強風の影響で雨水が室内に入ってしまうことも少なくありません。

 

【屋根としてのメリット】

 

1.丈夫で、色あせにも強い

傷みが出始めた屋根は1箇所の雨漏りを直しても、すぐに他の箇所が雨漏りをし始めます。

部分補修や塗装での雨漏り対策は手軽に出来ますが、その場限りの対応です。

「カバー工法」は雨漏りをしている箇所も含めて、屋根全体をすっぽりと新しい屋根で覆ってしまいますので、今後の雨漏り予備軍もすべて対応できてしまいます。

また、金属屋根の素材にはガルバリウム鋼板もしくは、ガルバリウム鋼板の上位版のSGLが使用されており、耐用年数は30年を超えています。

 

2.屋根の断熱・遮音性能屋根の向上

屋根が2重構造となるため、断熱性能・遮音性能が上がる。

 

3.太陽光発電が設置しやすい

金属屋根には屋根に穴をあけずに太陽電池パネルが設置できます。

屋根に穴をあけないため、雨漏りなどの心配がありません。

 

カバー工法は住宅の状態や、屋根の種類によって限られる場合がありますが、

多くに場合は高機能ながら、手軽に出来る、金属屋根ならではのリフォーム方法です。

 

屋根のメンテナンスをご検討の際には、

簡単に長期の耐久性を実現する「 カバー工法 」がおすすめです。

 

 

〜町田市・八王子市・日野市・相模原市・稲城市・麻生区・横浜市・川崎区〜
#屋根修理#台風#雨漏り#水回り#リフォーム#リノベーション#太陽光
           塗り替え・葺き替え専科
            屋根外壁の無料診断

              相談窓口

           お問い合わせはこちら  

             トップページ 

           〜グラスビトウィーン〜

 

«  ||  »

無料屋根診断