町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根修理 > 町田市の屋根のメンテナンスサイクルを知っておこう!!屋根リフォームは計画的に!

町田市の屋根のメンテナンスサイクルを知っておこう!!屋根リフォームは計画的に!

『一生に一度のお買い物』と言われるお住まいのメンテナンスに関して、タイミング毎に必要になるメンテナンスを考えていきたいと思います。
誰もが憧れる夢のマイホームですが、手に入れるためには相当な努力と苦労を伴うものですね。一般的には、何年も掛けて貯めたお金を頭金に、購入してからは数十年の間ローンを支払っていくなど、まさに自分の一生をかけたお買い物になるものです。しかし、建物というものは、『手に入れた』というところがゴールなのではなく、それから先も大切な住まいを守っていかなければならないものなのです。
なぜかというと、建物に使用されている様々な材料は、日々、太陽や風雨の影響からそこに住む人を守り続けてくれているため、経年でどんどん劣化していくものなのです。したがって、屋根はもちろん、外壁なども定期的なメンテナンスを必要とし、このメンテナンスのタイミングを逃してしまうと、後になって大きな補修工事が必要になり高額な費用も掛かってしまうものです。さらに、大切な『マイホーム』の資産価値まで下げてしまうなど、非常に困ったことになりかねないので注意しましょう。
そこで今回は、夢のマイホームを購入するときには考えておきたい、住まいのメンテナンスサイクルに関してご紹介していきたいと思います。定期的なメンテナンスを欠かさずに行うことは、結果的に住まいの維持費の低減と資産価値の維持に繋がるのですよ!

建物は定期的なメンテナンスが欠かせません。

 

それでは、夢のマイホームを購入した後のメンテナンスサイクルについて考えていきましょう。本稿でご紹介するメンテナンスサイクルは、特に大きな外的要因がない場合のメンテナンスサイクルになっていますので、地震や台風などの自然災害で建物にダメージを受けたといった場合、以下に紹介するメンテナンスサイクルとは関係なしにきちんと点検・整備を行ってくださいね!

築10年の時には必ず行いたいメンテナンス

建物には、木、金属、コンクリート、ガラスなど、様々な材料が使用されており、同じ経過年数だったとしても住まいの部位によって傷み具合はかなり違ってきます。そのため、それぞれの部位を個別にメンテナンスしていこうと思えば、手間もお金もとても掛かってしまいますし、頻繁に業者さんが家に訪れるため、生活も落ち着きません。したがって、ある程度の期間を決めて、まとめて点検・メンテナンスを行うようにするといいでしょう。
ここでは、築10年程度の建物でよく見られる劣化をご紹介しておきましょう。

屋根塗装の劣化
屋根塗装に使用されている塗料にもよりますが、築10年目ともなれば再塗装の時期に突入している事がほとんどです。屋根の色があせてきた等と思えば、早めに再塗装を行うことをオススメします。これを放置してしまうと、雨漏りの原因となり、最悪の場合は屋根の葺き替え工事などが必要になります。

外壁塗装の劣化
モルタル壁の場合であれば、外壁に複数のクラック(亀裂)が見られませんか?さらにサイディング壁の場合は、塗膜の防水効果が切れてくる時期でもあります。そのため、この時期には、クラックの補修や外壁の再塗装が必要になります。尚、サイディング壁のコーキングも劣化しているはずですので、外壁塗装と合わせて打ち替えをしましょう。陸屋根の屋上やベランダの劣化
陸屋根の屋上やベランダの防水塗装の効果も、この時期になると落ちてきます。これを放置してしまうと雨漏りにつながりますので、トップコートを塗り直しましょう。防水工事は、雨漏りを抑制しますので、住まいの寿命を延ばすことにつながります。

その他劣化箇所のメンテナンス
建物の金属部分の塗装剥がれや窓枠・ドア枠のコーキングの劣化もきちんと点検し、劣化が見られるようであれば補修しましょう。

築10年を経過した建物は、上記のような劣化が表に出てきますので、この時期にきちんとメンテナンスを行うよう計画しておきましょう。築10年でメンテナンスをしておけば、その後の10年も安心して過ごすことができるようになります。また、この時期に、屋根塗装や外壁塗装に使用する塗料を見直し、寿命の長いものを使う事によって、次のメンテナンスサイクルを伸ばすことも可能です。ただし、屋根と外壁に使用する塗料の寿命が大きく違うものを選んでしまった場合、別々に塗装工事が必要になり、足場を2度組む必要が出るなど、メンテナンス費用で損をしてしまう可能性もあるので注意しましょう。足場が必要になる工事などは、できるだけまとめて行えるようにするだけでも、かなりのメンテナンス費用の削減になりますよ!

築15年以降のメンテナンスについて

それでは、築15年以降経過した建物のメンテナンスについても考えてみましょう。例えば、スレート材を使用した屋根であれば、この時期になるとカバー工事なり、葺き替え工事なりの屋根リフォームの時期がきたと言えます。一般的にスレート屋根の寿命は20年程度と言われていますので、雨漏りなどが発生していない状態でも屋根リフォームをしたほうがいいと言えます。なぜかというと、雨漏りしてからの対応となると、知らないうちに関係のない部分まで水が浸入してしまい、その他の部分も補修が必要になり、無駄な費用がかさんでしまう場合があるからです。
瓦屋根の場合は、瓦自体に何の問題もなさそうに見えても、漆喰などの副材が劣化している可能性が非常に高いでしょう。また、雨樋やサイディングなども寿命を迎えている可能性がありますので、しっかりと点検を行い、傷んでいる部分は補修しましょう。
その後、築30年を迎えると、全体的なリフォームを入れることを検討しておきましょう。瓦屋根などでも全体的な葺き替え工事など、下地からのやり変えが必要になる時期だと言えますよ。

このように、建物はある程度の築年数によってメンテナンスサイクルを計画しておくことで、建物の資産価値を維持したまま、長持ちをさせることができるようになるでしょう。

季節ごとに必要なメンテナンス

 

最後に、季節ごとに必要になると考えられるメンテナンスについて、簡単にご紹介しておきましょう。日本国内には、四季があるため、季節によって天候や環境が大きく異なりますね。そのため、建物の短期的なメンテナンス計画は、四季に沿って考えれば比較的わかりやすいものです。

冬の注意点
冬の屋根の注意点としては、極寒地での屋根材の凍害がないか注意することでしょう。瓦など、本来非常に耐久力が高い屋根材でも、凍害でボロボロになってしまうことがあります。また、降雪の多い地域であれば、本格的な雪のシーズン前に雪止めがしっかり固定されているかのチェックもお忘れなく。

春の注意点
春の注意点は、本格的な梅雨の前に、屋根の不具合や外壁にクラックがないかなど、しっかりと点検を行いましょう。このような劣化は梅雨の長雨で雨漏りに直結します。また、雨樋にゴミなどが詰まっていないかもしっかりとチェックです。


夏の注意点
梅雨の雨の後は、しっかりと雨樋が流れているか確認しておきましょう。また、8月下旬頃より台風のシーズンに入りますので、棟板金がしっかり固定されているか、屋根材に浮きが見られないか等、点検しましょう。この部分に不具合が有ると、台風で強風を受けた際、そこを起点に屋根材が吹き飛ばされてしまうなどの危険があります。

秋の注意点
秋は、台風の後にきちんと被害が出ていないか点検しましょう。一般の人ではなかなか判断できないかもしれませんので、不安な点があればプロの屋根屋さんに依頼しましょう。尚、11月頃になると、落ち葉などで雨樋が詰まることがありますので、近くに大きな木があるお宅や、山の近くにある家は雨樋の点検もお忘れなく!

メンテナンスサイクルの計画が重要!

今回は、大切なお住まいの長期的なメンテナンスサイクルについてご紹介してきました。一戸建てのマイホームは、将来的な目標としている方も非常に多いものですが、「購入することがゴール」となってしまっている方も珍しくありません。忘れてはいけないのは、マイホームの購入がゴールなのではなく、そこから何十年もマイホームを守っていくことのスタートでもあるということです。
建物というものは、その中に過ごしている私たちを常に守ってくれるものですので、様々な要因の影響を受け、日々劣化が進んでいくものです。そのため、定期的にメンテナンスをしてあげ、致命的な劣化にまで繋がらないよう注意してあげる必要があるのです。特に建物の中でも屋根は、高所にある部分ですので、普段の生活の中で注目されることも少なく、劣化に気づくときは雨漏りしてしまった時…などといったことが多いものです。しかし、雨漏りというものは、屋根だけの問題におさまらず、重要構造物を腐食させてしまい、早期の建て替えをしなければならないなんてことにもなりかねないものなのです。
マイホームを手に入れるときには、上記のような事もしっかりと頭に入れて、できるだけ長持ちさせるよう、メンテナンスサイクルの計画を立てておきましょう。そうすることで、最終的にメンテナンス費用を削減することにもつながりますよ!

 

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断