町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根の点検を自分でやるための方法やチェックポイントとは?

屋根の点検を自分でやるための方法やチェックポイントとは?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

台風や大雨によって、住まいの屋根に大きな被害が発生することがあります。

また、見ただけでは気づかないような損傷が発生していることもあるため、一度点検したほうがいいでしょう。

 

ただ、自分で屋根の状態を点検する場合は、きちんと安全におこなえる範囲でとどめることが重要です。

今回は、屋根の点検を安全に自分でおこなうためのポイントやチェックすべき症状についてご紹介します。

屋根の被害を防ぐためにも、参考にしてみてください。

 

【目次】

◆屋根の点検は安全の確保からはじめよう

①緩やかな傾斜でも落ちることはある

②自分で点検できる範囲

 

◆点検時にチェックしておきたい症状

①屋根材や棟板金が浮いている

②屋根材が浮いていたりはがれていたりする

③屋根がさびている

④漆喰がはがれている

 

◆症状が発生しやすい場所

①棟

②外壁際

③谷

④雨どい

 

◆業者によってはドローンによる点検をおこなっていることも

①ドローンを使うメリット

②ドローンを使うデメリット

 

◆まとめ

 

屋根の点検は安全の確保からはじめよう

 

住宅の屋根は、台風が起きた際に被害が出ること多いとされています。

自分で屋根の点検をするときは、ケガや事故に気をつけるとともに、無理をしないことが大切です。

 

また、屋根が緩やかでも転落の危険があります。

安全のためにも、自分で点検できる範囲をきちんと把握しておくことが重要です。

 

緩やかな傾斜でも落ちることはある

 

屋根の上は、一見頑丈で安全にみえますが多くの危険が存在します。

劣化や雨風によって屋根材が傷んでいると、通常よりも滑りやすくなっており落下の危険性が高まります。

 

また、緩やかな傾斜であっても、足を踏み外せば命の危険に関わることがあるため、うかつにのぼるのは避けましょう。

しかし、高所が得意だからといって、慣れていない人がうかつにのぼると屋根を傷めてしまう原因にもなるのでおこなわないようにしてください

 

自分で点検できる範囲

 

安全に屋根の点検をおこなうためにも、2階の窓やはしごから少しのぞく程度の範囲にとどめておくことが大切です。

自分で点検をおこなえる範囲として、2階の窓から1階の屋根の様子をみることができます。

部屋のなかから窓をのぞくだけなので足場などを気にすることなく点検することができます。

 

しかし、よく確認をしようとして窓から顔だけでなく体まで乗り出すと、転落につながるおそれがあるため注意しましょう。

また、はしごを使う場合は、しっかりと足場を固定させて無理のない高さまででのぼるのをとめておくことが重要です。

 

点検時にチェックしておきたい症状

 

自分で屋根を点検するときに、補修が必要か確かめるためにも、屋根材の浮きやはがれ、さびなどの症状をチェックすることが重要です。

具体的に点検をするためにも、症状別にみていきましょう。

 

◆屋根材や棟板金が浮いている

住宅の屋根は、劣化が進むと屋根材や棟板金という板が浮き上がることがあります。

こういった屋根材は、台風など強風が起きた際にはがれるおそれがあるため点検しておくとよいです。

 

◆屋根材が浮いていたりはがれていたりする

 

屋根材が浮いていたりやはがれたりしていると、強風によって飛ばされて住宅だけでなく人に被害を及ぼすおそれがあります。

また、大雨が降った際に、室内に雨漏りする原因にもなるため、しっかりとチェックしておきましょう。

 

◆屋根がさびている

 

台風などの際に、飛んできたものによって屋根に傷がつく場合があります。

金属を使った屋根の場合、傷がつき塗装がはがれるとさびの発生につながりやすくなります。

 

屋根がさびていると、耐久性が下がるだけでなく、穴があきやすくなり雨漏りなどの被害につながるため危険です。

住宅の屋根材に金属が使われている場合は、きちんとチェックしておきましょう。

 

◆漆喰がはがれている

 

和風な住宅の多くに使われる瓦屋根の場合は、漆喰がはがれていると瓦が落ちる原因になる場合があります。

漆喰は、瓦を固めてずれ落ちるのを防ぐために塗られる壁材です。

瓦を支える重要な役割をしているため、地震などによって落下やずれなどを起こすまえに、きちんと点検しておくとよいです。

また、見た目に異常がない場合でも、壁材の下地が傷んでしまっている場合もあります。

 

雨漏りが発生している場合は、確認のためにもきちんと業者に点検してもらうことをおすすめします。

 

症状が発生しやすい場所

 

前章のような症状は、屋根の棟や谷など、場所によって発生しやすくなります。

屋根を点検するうえで、症状が発生しやすい以下のような場所をよくチェックしてみましょう。

 

①棟

屋根の三角部分のてっぺんを指す棟は、住宅の一番高い部分に存在します。そのため、台風や強風の被害にあいやすく、屋根材はがれや浮きが発生しやすいとされています。

 

②外壁際

2階の部屋と1階の屋根をつなぐ外壁際は、ほかの部分に比べて角度があるため、防水処理が難しいとされています。

そのため、通常の雨であれば問題ありませんが、台風などの強い雨風の場合に雨水が入り込むおそれがあります。

 

③谷

屋根のへこんだ谷の部分は、風によって飛んできた落ち葉やごみがたまりやすいです。

また、雨が降った際に下へ流れ落ちるのに活用されるため、さびが発生しやすいです。

 

④雨どい

屋根だけでなく、雨どいも台風や雨の影響によって、ゴミのつまりなどの症状が発生することがあります。

台風などの際に、飛んできた落ち葉が雨どいにたまることでつまってしまうと雨水をきちんと排水することができません。

 

そのままにすると、雨漏りや雨どいが傷む原因になることがあるため、屋根の点検を一緒にみておくとよいです。

 

業者によってはドローンによる点検をおこなっていることも

 

従来とは異なり、技術の発達によって普及しているドローンを使用して、屋根の点検をおこなう業者も存在します。

ドローンを使うことで、安全かつ手軽に点検が可能になる一方で、飛行させるにも天候などの条件が整っている必要があります。

ドローンによって点検にどのような変化が生まれているのか、特徴をみていきましょう。

◆ドローンを使うメリット

 

ドローンを使う一番のメリットとして、安全面の向上があげられます。

屋根にのぼる必要がなくなるため、ケガや転落などの事故の危険性が減り、地上から安全に点検をすることができます。

それにより従来よりも人件費がかからなくなるため、依頼するお客側にも工事費用の金額を抑えられるといったメリットが生まれるのも特徴です。

 

また、ドローンの特徴として時間をかけることなく屋根の広い範囲を短時間で点検することができます。

映像として確認するだけでなく、写真撮影ができるものも存在するので、点検の際に、業者と一緒に屋根の状態を確認することができるようになります。

 

◆ドローンを使うデメリット

安全に屋根の点検できるといったメリットがある一方で、ドローンは天候によって左右され、雨や風が強いと飛ばすことができないという欠点が存在しま

す。

 

また、操作が難しく技術や経験をある程度必要とするため、屋根を確実に点検してもらうには不向きとなる場合があります。

 

ドローンの種類によっては、飛行音がうるさく近隣に迷惑がかかる場合があるため、騒音トラブルに発展しないように十分に配慮しなければいけません。

ドローンはとても高性能な機能をもっていますが、遠隔からでは屋根の細部までみることが難しいとされています。

そのため、どの程度の点検が必要なのかによってきちんと方法を選ぶことが大切です

 

まとめ

 

屋根の点検は、安全のためにも2階の窓やはしごからなどと、自分でおこなえる範囲でとどめておくことが大切です。

また、自分で屋根に上がって確認すると、大きく屋根を破損する恐れもあります。

そして、自分で屋根を点検するときには、屋根材の浮きやはがれ、さびなどを確認しておくことで、雨漏りなどの被害を未然に防ぐことにつながります。

 

先ずは自分で点検をおこない、屋根や雨どいに症状がみられた場合は、被害が大きくなるまえに1度、修理業者へ相談することをおすすめします。

また、修理だけでなく点検や調査のみの依頼を受け付けている業者も存在するため、しっかりと屋根の被害状況を知るためにも、依頼をしてみましょう。

 

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現