町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 塗料とペンキ・外壁塗装に塗料を使うべき2つの理由とは?

塗料とペンキ・外壁塗装に塗料を使うべき2つの理由とは?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

外壁を塗装するためには、壁に塗り付けるための「塗料」が必要になります。

塗料という言葉を聞くと、ペンキを想像する人が多いですが、ペンキと塗料は別物です。

では、厳密にはどのような違いがあるのでしょうか? 対候性と価格に注目しながら解説していきます。

 

 

塗料とペンキの違い

外壁の塗装材は、年数が経つにつれ剥がれ落ちていくものです。

そのため、塗料を使って定期的に外壁の再塗装を行う必要があります。

塗料という言葉を聞いた時、ペンキと同じものだとイメージする人が多いですが、厳密に言うと別物です。

 

◆外壁塗装に使う塗料、実は「ペンキ」とは別物です

外壁塗装に使うのは、ペンキではなく塗料です。

それぞれ別の物であるという点に注意しましょう。

塗料=ペンキと説明しているサイトもありますが、厳密には違います。

 

外壁に使われる塗料にはいろいろな種類があり、価格や機能もそれぞれ異なります。

年々新しい製品が販売されており、中には断熱性があるものや対候性に優れたものなど、付加機能が特徴的な製品も数多く存在しますが、それらの多くはペンキでなく塗料に分類されます。

 

実際に外壁塗装業者を利用した方ならご存知かと思いますが、塗料にはウレタン系やシリコン系などがあります。

これらは、ペンキでなく塗料のことを指します。

実際に、ほとんどの建物において外壁には塗料が使われています。

 

では、塗料とペンキにはどのような違いがあるのでしょうか?

外壁塗装において塗料が選ばれているということは、言い換えると「塗料の方がメリットがある」ということになります。

まずは、それぞれの「意味」と「成分」の違いについて押さえておきましょう。

 

◆成分や役割に違いがあります

結論から言うと、塗料とペンキの違いは成分だけではありません

対候性・乾燥時間・コストなどにも大きな差があります。

 

これらの違いについては後々説明していきますので、この章では「塗料とペンキは成分と役割が違っていて、別の物である」ということを覚えておきましょう。

【塗料とペンキの違い】

◆塗料=顔料・樹脂・溶剤などを混ぜて作られたものを指します。

外観を美しくするだけでなく、対象物の保護や機能を付与する役割を持ちます。

 

◆ペンキ=オイルペイントや合成樹脂調合ペイントのこと。

植物油などで稀釈します。

植物油などで稀釈されたペンキに比べ、塗料には顔料・樹脂・溶剤などが含まれているため、成分が異なっています。

 

また、塗料は美観だけでなく保護や機能を付与するため、役割的にも違いがあるのです。

では、機能面にはどのような違いがあるのでしょうか? 次では、対候性について見ていきましょう。

対候性の違いがわかれば、外壁塗装に塗料が使われる理由も理解しやすくなります。

 

◆塗料は耐候性に優れています

 

塗料とペンキの大きな違いとして「対候性の高さ」が挙げられます。

塗料の方がより高い対候性を持っており、劣化しにくいのです。では、対候性によって耐用年数にどれくらいの差が出るのでしょうか?

 

◆ペンキは対候性が低く劣化しやすい

 

ペンキと塗料の違いは、成分や役割だけではありません。

対候性・乾燥時間・値段など、機能面にも差があります。

 

対候性に関してはペンキよりも塗料の方が優れており、外壁塗装にペンキを使ってしまうと、塗料を使用した場合よりも短いスパンで再塗装が必要に

なります。

簡単に言うと、ペンキで外壁を塗り替えると変色や劣化が起こりやすくなるのです。

そのため、外壁塗装には塗料の方が適していると言えます。

 

塗料の中でも、シリコン樹脂塗料やウレタン樹脂塗料は対候性が高く、コストとのバランスも良いため、選ばれやすいと言えるでしょう。

塗料の種類を変えるだけで、外壁の耐用年数も大きく変わります。

 

例えば、シリコン樹脂塗料であれば次の塗り替えまでに10~15年ほど猶予がありますが、グレードを1つ下げてウレタン樹脂塗料を選ぶと、塗り替え期間は7~10年とやや短くなるのです。

 

外壁にペンキを使った場合は、対候性が低いため塗り替えの期間がさらに短くなるでしょう。

 

◆ペンキは使用しない方がいい?

塗料の方が長持ちするとわかっていても、ペンキの方が安価なため「塗装にかかるコストを抑えるなら、ペンキを使った方が良いのでは?」と考える人もいるでしょう。

 

確かに、外壁塗装においてコストは重要な要素です。

数十万円の費用がかかるため、少しでも安く抑えたいと考えるのは自然なことでしょう。

 

しかし、外壁塗装において重要なポイントはコスト面だけではありません。

上の項目でもお話ししたとおり、耐用年数も重要なポイントの一つです。

多くの人は、コストと耐用年数のバランスを考えた上で、どの塗料を使用するか決めています。

 

まとめ

外壁を保護するという視点で考えても、やはり外壁には耐久性に優れた塗料を使うことをおすすめします。

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断