町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁と紫外線【第一弾】

外壁と紫外線【第一弾】

こんにちは♪

グラスビトウィーンのMちゃんです!🤗

紫外線は肌だけじゃなく外壁にとっても敵だったんですね!😱
外壁は定期的にメンテナンスを行わなくてはいけませんが、その理由として風や雨などの影響の他にも、

太陽光から降り注ぐ紫外線も影響していると言われています。

「紫外線」は、日焼けやシミを生み出す原因とも呼ばれていて、特に女性からするとあまり良い印象を

持ちませんよね。

そんな紫外線は外壁にとっても非常に良くない効果を生み出してしまいます。

紫外線から外壁を守るためにはどうすれば良いのでしょう?

今回は紫外線の基本的な知識から、外壁塗装との関連性、さらに外壁を紫外線から守る方法などについて

ご紹介しますね。

■紫外線の種類

太陽光というのは3つの光に分類することができます。
それは、赤外線、可視光線、紫外線です。

 

可視光線というのはいわゆる目に見える光のことで、虹は可視光線が空気中の水分によって反射や屈折を

起こし、その波長の長さによって7色に見えるというものとなります。

紫外線はさらに細かく分類することができ、それぞれをUVA・UVB・UVCと表現しています。
ただし、UVCは地上に到達する前に大気層などで吸収されてしまうため、実質私たちに関係のある紫外線はUVAとUVBの2つに絞られるんです。

 

色褪せだけじゃない!紫外線は外壁にも大きな影響を与えています。

紫外線は美容にとって天敵なんですが、実は外壁にも良いものではありません。

外壁は人でいうと皮膚のような役割を持つ部分です。
壁や屋根は家の中で最も紫外線が当たる部分なので、紫外線の影響を受けやすくなっています。

それでは紫外線による外壁への悪影響とは何なのでしょうか?

 

紫外線で色褪せする影響

紫外線による影響で最も分かりやすいものといえば、外壁の色褪せでしょう。
外壁の色褪せは雨水や湿気で起きることもありますが、ほとんどが紫外線による影響なんです。
外壁が紫外線に当たると塗膜が壊れてしまいます。

塗膜は外壁のバリア機能みたいなものなので、それが壊れてしまえば雨や風、雪のダメージも受けやすくなって

しまうのです。

特に暖色系の塗料を選んだ場合、透明度が高い色ほど色褪せや変色が目立ちます。
色褪せがあれば、そこの塗膜は寿命を迎えているのですぐに外壁塗装で紫外線から守ることが大切です。

■色褪せだけに限らない悪影響

紫外線の影響は外壁の色褪せや変色だけではありません。

塗膜には防水や汚れを防ぎ、外壁や建物へ直接的なダメージを防ぐ役割があります。

塗膜がなくなった部分は保護されないため、雨水や風、汚れによるダメージで損傷しやすくなります。

わずかなひびができただけでも、そこに雨水が入れば外壁内部や構造、建材にカビを発生させたり、腐食して

耐久性が衰えたりする危険性があるんです。

進行すれば雨漏りとして表にあらわれ、放置すれば内部の木材等の腐敗により家が壊れる可能性もでてきます。
また、塗膜剥がれによりカビや藻が外壁に発生し、美観を損ねる恐れもあるでしょう。


放置すると高圧洗浄でもきれいに落とせないことがあります。

紫外線による塗膜破壊は美観や建物の安全性を脅かす危険が

あるので、紫外線に強い塗料を使ったり、定期的な

メンテナンスで塗膜を維持したりすることが大切です。

 

■外壁塗装を行うタイミングと影響を受けやすい方位

使用する塗料によって異なりますが、外壁塗装で10年に1回が望ましいとされています。
しかし、紫外線や雨風で塗膜は常にダメージを受けているため、10年という年数はあくまでも目安です。
状況に合わせて年数を変えて外壁塗装を行わなければならないでしょう。
塗膜が弱っている判断は外壁に触ることで分かります。

正常な塗膜であれば触れても手や指に何もつきませんが、劣化した塗膜は外壁表面が粉っぽくなっている

はずです。

触った時にチョークのような白い粉がつけば、外壁が傷んでいる可能性があります。


これはチョーキングという現象で、外壁塗装を行うタイミングを

見極める重要なポイントです。

他にも錆やカビ、コケの発生、壁が汚れやすくなった、塗料が

剥がれるといった現象があれば早めに外壁塗装しましょう。
また、紫外線の影響を受けやすい方位は西側です。

西陽は日差しが強いので、特に紫外線の影響を受けやすい部分と言えるでしょう。

 

また、外壁だけではなく屋根も太陽に近いので劣化が激しいです。

外壁にも影響があるということは、屋根はそれ以上に影響を受けていると言えるので、屋根の塗装も一緒に

してもらうとコストダウン(足場の設置が一度で済むため)につながるのでおすすめです。

■紫外線が多い夏場の外壁塗装は避けるべき?

4月あたりから8月あたりまで紫外線の強さはピークを迎えます。
紫外線から外壁を守るために外壁塗装を行うのに、紫外線の強い夏に行うと意味がないと思う方もいらっしゃるでしょう。

夏場の外壁塗装にメリットはないのか、メリット・デメリットをみていきます。

・夏に外壁塗装をするメリット

紫外線は年中浴びるため、基本的にどのタイミングで行っても構いません。
強さを気にするのであれば、紫外線に強い塗料を選択すれば安心でしょう。

外壁塗装では3回程塗料を塗るため、1回塗る度に乾燥が必要です。
しっかり乾燥をしない状態で重ね塗りをしてしまうと、塗膜の機能が正常に作用しません。

塗ったばかりなのに塗料が剥がれる、雨漏れが発生するなどの現象が発生するのです。
夏場は気温が高いので、比較的に早く乾燥を終わらせることができます。
乾燥時間を短縮できれば、スムーズに外壁塗装を行えるメリットがあります。

・夏場に外壁塗装を行うデメリット

乾燥が早いなら夏場が一番適切だと思われがちですが、必ずそうだとは言い切れません。

本格的な夏を迎える前に梅雨があります。
また、夏の終わりは台風も発生しやすく、雨や曇りの気候が続いてしまう事もあります。


湿気の多い時期は塗料の乾燥も遅くなってしまうため、完全に

外壁塗装が終わるまで長い期間が必要となる可能性があります。

工事中は周囲にも飛散や臭いの影響があるので、施主だけではなく

近所にも迷惑をかける可能性も出てきます。

なかなか乾燥せず施行が進まないのであれば、近所への悪影響も

長引いてしまいます。

夏場はカラッとした天気が多いといえども、湿度が高い日も

あるので必ず適している時期とは言い難いです。
また、炎天下の中行う作業は効率ダウンの可能性も考えられます。
どの季節でも気温が高ければ問題なく乾燥されるので、特別夏場にこだわる必要はないと言えるでしょう。

空気が乾燥しやすい秋から冬でも条件が合えば外壁塗装は可能です

そう言ったことから、外壁塗装は梅雨時期を前に暖かく乾燥した時期が最適だと思います。

 

第二弾では紫外線を防ぐ為の「UV塗装のメリット・デメリット」をお知らせしますね!

いつも見てくれてありがとうございます♪

屋根や外壁の「困った!」はグラスビトウィーンにお気軽にご相談くださいね!🤗

    

グラスビトイーンのMちゃんでした!🤗

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。

注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って

ただの宣伝文句ですか?

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。

皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。

どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

consultation_line_01.png

consultation_line_02b.png

01 まずはLINEお友だちに追加

line_05.png

line_07.png

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前

2}お住まいの市区町村

3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。

「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

03 あとは返信を待つだけ

66751_s.jpg

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

banar_line03.png

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************

ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「
屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと
いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と
入力して送信してください。

**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

«  ||  »

無料屋根診断