町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根の点検はいつ?パミールって?お菓子?

屋根の点検はいつ?パミールって?お菓子?

みなさんこんにちわ♪
事務のK子です🐣🐣🐣

秋は食欲の秋なんて言ってたら、もう肌寒い季節に変わりつつあります。
季節が過ぎるのが早いのか、
私が年齢を重ね過ぎたせいなのか、
毎日があっという間ですごいスピードで過ぎていきますよ^ – ^

ちょっとどこかでふとたち止まり、
ゆったりとした時間をを過ごさないと
さらに老けますね^ – ^
そんなババくさい話いいとして、

みなさんのご自宅はどんな感じでしょうか?
ご自宅を住んでから、気づけばいつの間にか
もうこんな年数が経ってた?!
なんてことはないですか?!

家を購入する際には、いつ頃点検した方がいいですか?
なんてあたかも点検する気満々でで住宅会社の営業マンさんに
偉そうに聞いてたのもつかの間
あっという間に10年、15年が過ぎてしまった!!
なんて方がきっと多いですよね?

実は私もその1人です( ^ω^ )

そこで、家の屋根点検はいつやればいいか?
ちょっとおさらいです。

その答えは
1年毎の自主点検と5年毎の業者さんによる点検です。

主に自主屋根点検は1年毎に行う。
そして業者による屋根点検は5年毎にするのがベストのタイミングです。

と一般的には言われていますが、
実際の業者さんによる点検は5年から10年の間という感じでしょうか。

特に7年〜10年の間の不具合がよく見られます。
そして15年〜20年の間の問い合わせは雨漏りに関する問い合わせです。

屋根の不具合は経年劣化というより、台風や多いの施工不良。
きちんと施工されていれば、最近の屋根材は丈夫にできているので
まず10年以内に何かが起きるということは希なケースかと思います。

問題は10年を過ぎてからです。
特にそこで何も塗り替えなどのメンテナンスをしていない
ご自宅は注意が必要ですね。

また最近多いのが、雨漏りがするまで放置することです。
そして雨漏りしていても、そのまま放置されている方。

まさか?!そんな人いないでしょ!?
と思いますが結構いらっしゃいます。

室の中まで雨漏りしているということは、かなり重症被害の部類に入りますので、
気付かれた時はもう遅く、壁内の被害が増えており、
雨漏り修理費用が多額になる可能性があります。

屋根点検のイメージてどんなイメージをされていますか?
みなさん、きっとこんなイメージをされていませんか?

屋根点検=依頼=修理が必須=出費

屋根点検は修理をするための調査ではありません。
雨漏りの点検は、修理のための調査に近いかと思いますが、
雨漏りが確認されていないご自宅の点検・調査は、
必ずしも補修が必要になるわけではありません。

例えば、まだこのままでも雨漏りする気配はないので、
美観が気になるが、もう少しこのまま我慢して、
外壁の塗り替えと一緒のタイミングを待って
足場代を浮かせ、屋根を葺き替えるなど、
「今すぐ補修」は弊社ではオススメしておりません。

もちろん、「雨漏り」「あまりにも傷んでいる美観」「雨漏り予備軍」の
ご自宅は今すぐをオススメするかもしれません。

でも、弊社では結構な割合で、すぐの補修工事は少ないかもしれません。
その理由は特に、弊社は営業を率先して行っていないからです。
決してやる気がないわけではないですよ(笑)

弊社はもう創業46年の会社になります。
地域を根ざし、おかげさまで色々な方からご依頼いただいて参りました。
ですので、この地域でみなさんを不安にさせるような
激しい営業をされるのではないのか?などの心配は一切ございません。

また、よくある直接工事をしていない営業会社さんのように、
中間マージンも発生しませんし、
何より全て自社職人、
自社施工の屋根のプロが直接対応させていただきますので、
工事の不安、不明確なコストの不安もいりません。

屋根の点検、修理の業者選びに不安のある方は、
1度、お気軽にご相談くださいませ♪

ホームページの問い合わせからもお気軽にどうぞ♪

お問い合わせ

 

パミールって何?お菓子?過去のブログもご覧ください。

結露とカバー工法、パミール(屋根材)とアスファルトシングルにまつわる話!

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!