町田市の屋根工事(屋根葺き替え工事・屋根カバー工法)は株式会社グラスビトウィーンへ > ブログ > 紫外線と外壁劣化の関係とは?

紫外線と外壁劣化の関係とは?

紫外線と外壁劣化の関係とは?

紫外線は肌だけじゃなく外壁にとっても敵だったんですね!
外壁は定期的にメンテナンスを行わなくてはいけませんが、その理由として風や雨などの影響の他にも、太陽光から降り注ぐ紫外線も影響していると言われています。

 

「紫外線」は、日焼けやシミを生み出す原因とも呼ばれていて、特に女性からするとあまり良い印象を持ちませんよね。

そんな紫外線は外壁にとっても非常に良くない効果を生み出してしまいます。

紫外線から外壁を守るためにはどうすれば良いのでしょう?

今回は紫外線の基本的な知識から、外壁塗装との関連性、さらに外壁を紫外線から守る方法などについてご紹介します。

 

【目次】

❶紫外線の種類

紫外線で色褪せする影響

❸色褪せだけに限らない悪影響

❹外壁塗装を行うタイミングと影響を受けやすい方位

❺紫外線が多い夏場の外壁塗装は避けるべき?

❻紫外線に強いUV塗装のメリット・デメリット

 

❶紫外線の種類

太陽光というのは3つの光に分類することができます。
それは、赤外線、可視光線、紫外線です。

可視光線というのはいわゆる目に見える光のことで、虹は可視光線が空気中の水分によって反射や屈折を起こし、その波長の長さによって7色に見えるというものとなります。

紫外線はさらに細かく分類することができ、それぞれをUVA・UVB・UVCと表現しています。

ただし、UVCは地上に到達する前に大気層などで吸収されてしまうため、実質私たちに関係のある紫外線はUVAとUVBの2つに絞られるんです。

色褪せだけじゃない!紫外線は外壁にも大きな影響を与えています。

紫外線は美容にとって天敵なんですが、実は外壁にも決して良いものではありません。

いうならば、外壁は人でいうと皮膚のような役割を持つ部分です。

そのため、壁や屋根は家の中で最も紫外線が当たる部分なので、紫外線の影響を受けやすくなっています。

それでは紫外線による外壁への悪影響とは何なのでしょうか?

紫外線で色褪せする影響

紫外線による影響で最も分かりやすいものといえば、外壁の色褪せでしょう。
外壁の色褪せは雨水や湿気で起きることもありますが、ほとんどが紫外線による影響なんです。

外壁が紫外線に当たると塗膜が壊れてしまいます。

塗膜は外壁のバリア機能みたいなものなので、それが壊れてしまえば雨や風、雪のダメージも受けやすくなってしまうのです。

 

特に暖色系の塗料を選んだ場合、透明度が高い色ほど色褪せや変色が目立ちます。
色褪せがあれば、そこの塗膜は寿命を迎えているのですぐに外壁塗装で紫外線から守ることが大切です。

 

❸色褪せだけに限らない悪影響

 

紫外線の影響は外壁の色褪せや変色だけではありません。

塗膜には防水や汚れを防ぎ、外壁や建物へ直接的なダメージを防ぐ役割があります。

塗膜がなくなった部分は保護されないため、雨水や風、汚れによるダメージで損傷しやすくなります。

わずかなひびができただけでも、そこに雨水が入れば外壁内部や構造、建材にカビを発生させたり、腐食して耐久性が衰えたりする危険性があるんです。

進行すれば雨漏りとして表にあらわれ、放置すれば内部の木材等の腐敗により家が壊れる可能性もでてきます。

また、塗膜剥がれによりカビや藻が外壁に発生し、美観を損ねる恐れもあるでしょう。


放置すると高圧洗浄でもきれいに落とせないことがあります。

紫外線による塗膜破壊は美観や建物の安全性を脅かす危険があるので、紫外線に強い塗料を使ったり、定期的なメンテナンスで塗膜を維持したりすることが大切です。

❹外壁塗装を行うタイミングと影響を受けやすい方位

 

使用する塗料によって異なりますが、外壁塗装で10年に1回が望ましいとされています。
しかし、紫外線や雨風で塗膜は常にダメージを受けているため、10年という年数はあくまでも目安です。

状況に合わせて年数を変えて外壁塗装を行わなければならないでしょう。
塗膜が弱っている判断は外壁に触ることで分かります。

 

正常な塗膜であれば触れても手や指に何もつきませんが、劣化した塗膜は外壁表面が粉っぽくなっているはずです。

触った時にチョークのような白い粉がつけば、外壁が傷んでいる可能性があります。


これはチョーキングという現象で、外壁塗装を行うタイミングを見極める重要なポイントです。

他にも錆やカビ、コケの発生、壁が汚れやすくなった、塗料が剥がれるといった現象があれば早めに外壁塗装しましょう。
また、紫外線の影響を受けやすい方位は西側です。

 

西陽は日差しが強いので、特に紫外線の影響を受けやすい部分と言えるでしょう。

また、外壁だけではなく屋根も太陽に近いので劣化が激しいです。

外壁にも影響があるということは、屋根はそれ以上に影響を受けていると言えるので、屋根の塗装も一緒にしてもらうとコストダウン(足場の設置が一度で済むため)につながるのでおすすめです。

関連記事は下記からもご覧いただけますアイコン

関連記事:お家の外壁をチェック!塗り替えサイン10項目とは?


❺紫外線が多い夏場の外壁塗装は避けるべき?

 

4月あたりから8月あたりまで紫外線の強さはピークを迎えます。
紫外線から外壁を守るために外壁塗装を行うのに、紫外線の強い夏に行うと意味がないと思う方もいらっしゃるでしょう。

夏場の外壁塗装にメリットはないのか、メリット・デメリットをみていきます。

・夏に外壁塗装をするメリット

紫外線は年中浴びるため、基本的にどのタイミングで行っても構いません。
強さを気にするのであれば、紫外線に強い塗料を選択すれば安心でしょう。

外壁塗装では3回程塗料を塗るため、1回塗る度に乾燥が必要です。
しっかり乾燥をしない状態で重ね塗りをしてしまうと、塗膜の機能が正常に作用しません。

塗ったばかりなのに塗料が剥がれる、雨漏れが発生するなどの現象が発生するのです。
夏場は気温が高いので、比較的に早く乾燥を終わらせることができます。
乾燥時間を短縮できれば、スムーズに外壁塗装を行えるメリットがあります。

・夏場に外壁塗装を行うデメリット

乾燥が早いなら夏場が一番適切だと思われがちですが、必ずそうだとは言い切れません。

本格的な夏を迎える前に梅雨があります。
また、夏の終わりは台風も発生しやすく、雨や曇りの気候が続いてしまう事もあります。

湿気の多い時期は塗料の乾燥も遅くなってしまうため、完全に外壁塗装が終わるまで長い期間が必要となる可能性があります。

工事中は周囲にも飛散や臭いの影響があるので、施主だけではなく近所にも迷惑をかける可能性も出てきます。

なかなか乾燥せず施行が進まないのであれば、近所への悪影響も長引いてしまいます。

夏場はカラッとした天気が多いといえども、湿度が高い日もあるので必ず適している時期とは言い難いです。

また、炎天下の中行う作業は効率ダウンの可能性も考えられます。
どの季節でも気温が高ければ問題なく乾燥されるので、特別夏場にこだわる必要はないと言えるでしょう。

空気が乾燥しやすい秋から冬でも条件が合えば外壁塗装は可能です。

そう言ったことから、外壁塗装は梅雨時期を除く暖かく乾燥した時期が最適です。

 

❻紫外線に強いUV塗装のメリット・デメリット

 

一般的な外壁塗装の塗料には、アクリルやウレタン、シリコンなどの塗料が使用されることが多いのですが、最近ではUV塗装や光触媒などの機能性塗料もあります。

このような機能性塗料を使用した場合のメリットやデメリットをいくつかご紹介します。

 

■機能性塗料を使う理由とは?

住宅の外壁塗装には、建物の印象を変える意味があるだけでなく、建物を守って寿命を延ばすという意味も含まれています。

住宅の外壁は夏の暑い日差しや風、雨や雪などから住宅を守るため、厳しい環境になるほど、塗膜の劣化も進みが早くなります。

 

そのため定期的なメンテナンスを行うことで、住宅を劣化から保護して外観をきれいに保つことができるのですが、ここで機能性塗料を使うことでメンテナンスの手間を省き、コストを抑えることも可能です。

外壁塗装をしている職人・コマーシャル画像

■外壁塗装

住宅の外壁塗装を塗り直す際に、機能性塗料を検討している方も多くみられます。

住宅の環境に合った機能性塗料を使うことで、環境に配慮した住宅へと生まれ変わることもできることから、さらに機能性塗料が注目されているのです。

 

■UV塗装のメリットとは

UV塗装は、紫外線を反射してから数秒単位で硬化していくのが大きな特徴で、ドイツで開発されました。

その仕組みは、UV硬化樹脂にUVを照射すると薄い油膜が出来上がり、この油膜が硬化することでコーティング効果があり、耐久性にも優れているのです。

非常に硬いので傷が付きにくく、外壁に使用される前には床のコーティングなど住宅の内装部分に使用されることが多い塗料でした。

まずはそんなUV塗装のメリットをいくつかご紹介していきましょう。

 

耐摩耗性や耐久性が高い
今までの塗料に比べると塗装表面の耐摩耗性や耐久性、耐薬品性や耐熱性が断然高く、表面のきめが細かくて丈夫です。
また、凸凹した部分がないので汚れも付着しにくくなっています。

 

透明感があるので高級感を感じることができる
UV塗装は硬化すると透明感が生まれ、つやがあり輝きが増します。
そのため、仕上げ剤として使用されることも多いです。

 

熱を住宅内に浸透させない
UV塗装を住宅の外壁に施工した場合、太陽光を反射することで熱を住宅に浸透させません。
熱を浸透させないことから、夏の暑い時期でも快適に過ごすことができます。

UV塗装にした場合、日差しの強い住宅では温度が2~3度涼しくなると言われているので、省エネ効果が期待できる外壁塗料と言えます。

 

丈夫なので寿命が延びる
UV塗装によって熱を防ぐことで、コーティングした部分の寿命を延ばしてくれます。
これによって塗膜の剥がれやひびなども起こりにくくなり、黒などの濃い色は熱を吸収しやすい色ですが、UV塗装にすることで熱上昇を抑えることができ、建物に蓄積される熱を少なくすることから、ヒートアイランド現象の抑制にもつながると言われています。

UV塗装を散布してからヒートアイランド現象の実験をしてみると、0.7度温度を下げることができたという結果も出ているので、環境に配慮できる塗料でもあります。

 

自治体によっては補助金の給付対象になる
UV塗装を使用することでCO2増加抑制につながるため、省エネ住宅リフォームの対象として、補助金の対象となる地域もあります。
補助金の対象であれば、一般的な塗料を使うよりも安くなる可能性もあるので、お住まいの自治体の制度を確認してみるのも必要ですね。

 

■UV塗装のデメリットとは

高い機能を持つUV塗装ですが、デメリットも存在します。

どのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

単価が高い
一般的な塗料に比べると高機能な塗料になるので、

やはり価格が高くなってしまいます。
シリコン塗料と比較した際には、㎡単価の平均価格

が2,000円程度なのに対して、UV塗装は㎡単価の

平均価格が4,000円~6,000円程度と2倍以上の

            価格になる可能性があります。

 

扱いが難しい
UV塗装は一般的な塗料に比べると素材が特殊で扱いにくい部分があるため、施工時にきちんと扱わなければしっかりと効果を出せない場合もあります。
扱ったことがある業者でないと、取り扱いをしていないことがあるので、使用したくても使用できないケースもありますので確認が必要です。

 

剥離しにくい
耐久性が高いUV塗装は数秒で硬化するので、1度塗ってしまうと塗り直しができなくなります。
なので修理も難しく、重ね塗りをすることで厚みも出やすくなってしまいます。
場合によっては塗り直しができないので、交換するしか手段がなくなる場合もあります。

 

■UV塗装のメリットとデメリットを考えてから使用することをお勧めします。

UV塗装は高いセルフクリーニング効果を発揮したり、住宅を守る上では高機能な塗料になりますが、やはり費用がかかってしまったり扱いにくかったりとデメリットになる部分もあります。

これらを住宅の環境に当てはめてから、使用すべきかどうかを、工事施工会社と相談して施工してもよいでしょう。

UV塗装などの機能性塗料は、使い方があっていれば住宅にとってプラスになります。
将来的なことを視野に入れながら検討することをおすすめします。

■外壁塗装で紫外線を防げる?UVプロテクトクリヤーシリーズ

外壁を紫外線から守るためにはUV塗装が効果的だということがわかりましたが、具体的にどのような塗料を使えば良いのでしょうか?

オススメのUV塗料は、日本ペイントの「UVプロテクトクリヤーシリーズ」です。

 

■UVプロテクトクリヤーシリーズの特徴

UVプロテクトクリヤーシリーズの特徴は、大きくわけて2つあります。

 

紫外線から外壁を守る耐久性の高さ

まず一つ目は、何と言っても紫外線から外壁を守ってくれる耐久性です。
なぜUVプロテクトクリヤーシリーズの耐久性が高いのかというと、成分同士の結合を強くしていることが挙げられます。

そもそも外壁には塗装されていても、塗膜には炭素の成分しか結合されておらず、すぐに紫外線によって結合が切れてしまい、紫外線が透過されてその下にある外壁にもダメージを与えてしまいます。

UVプロテクトクリヤーシリーズは、クリヤー塗料に分類でき、いわば外壁塗装の仕上げに塗られるものです。
塗膜には炭素成分が含まれていますが、UVプロテクトには酸素とケイ素が含まれていて、外壁の炭素とも強く結合してくれます。

この酸素とケイ素の結合はかなり協力なものになるため、紫外線による劣化はほとんどみられません。

また、紫外線吸収剤も含まれており、紫外線の侵入を防ぐため、外壁の色が褪せてしまった、色落ちがひどいというようなことにはなりません。

上記で紹介したものは、UVプロテクトクリヤーシリーズの樹脂タイプのものです。

もう一つフッ素樹脂タイプがあるのですが、こちらは先程の効果がありつつ、さらにフッ素の力で耐久性をより高めたものとなっています。

 

汚れがつきにくく、いつまでもキレイな外壁に

クリヤー塗装と言えば、やはり低汚染性の効果を出すためのものと言っても過言ではありません。
UVプロテクトクリヤーシリーズも同様に、紫外線だけではなく汚れやカビにも強いクリヤー塗料となっています。

防カビ・防藻性も高く、外壁にカビや藻が発生して見た目が悪くなることを抑えられますし、外壁についてしまった汚れも、雨によって浮き上がりそのまま下に流れてしまいます。

外壁が汚くなってしまうと掃除をしなくてはならなかったり、メンテナンスを行う必要がありますが、UVプロテクトクリヤーシリーズを塗装すれば、長期間掃除・メンテナンスは不要となり、負担も軽減されます。

 

この低汚染性能は、6ヶ月試験でもしっかりと結果を残しており、普通に塗料を塗っただけのものと比較すると外壁の色に違いがみられます。

 

■UVプロテクトクリヤーシリーズを使うなら、まずは補修が必要!

クリヤー塗料のため、無色透明なUVプロテクトクリヤーシリーズは、ひび割れや色褪せがそのままの状態で塗布してしまうと、外観的に美しくない状態のままで保たれてしまいます。

UVプロテクトクリヤーシリーズは非常に強い結合がみられるので、塗り直しは難しいと言えます。

そのため、クリヤー塗料を塗る前に、まずは補修や洗浄を行い、キレイな状態にしてからクリヤー塗料を塗ってみましょう。

 

■つやあり塗料の注意点

UVプロテクトクリヤーシリーズはつやありの塗料ということになるのですが、塗装する際に注意するポイントがあります。

例えば、下地によってはクリヤー塗料を塗ると光りすぎて眩しく感じてしまったり、逆につやがあることで外観が安く見えてしまうことが考えられます。

ただ、UVプロテクトクリヤーシリーズではつやを調整してくれる塗料を使用することも可能です。
使用する際は中塗りにつやありの方を使い、上塗りに調整塗料を用いるようにしましょう。
こうすることで色ムラをなくすことができます。

UVプロテクトクリヤーシリーズは非常に優れたクリヤー塗料ではありますが、基本的に光触媒を除くサイディングボードにしか使用できないことや、塗料を塗る前には補修や洗浄が必要となります。

外壁は常に日差しに晒されているため、紫外線の影響はかなり大きなものとなってしまいます。

また、外壁だけではなくインテリアや内装にも影響を与えてしまいます。

UV塗装を施すことで紫外線対策につながり、色褪せを防ぐだけではなく様々な効果を発揮してくれることが期待できます。

関連記事は下記からもご覧いただけますアイコン

関連記事:屋根塗料に適した遮熱塗料を紹介!

 

「屋根」「外壁」の修理やリフォームは、豊富な実績と経験のグラスビトウィーンにお任せください!

外壁・屋根塗装・雨漏診断・修理コマーシャル画像

■詳しくは弊社ホームページをご覧ください!

グラスビトウィーン・ホームページアイコン

グラスビトウィーンは、豊富な経験と深い専門知識を活かしお客様の外壁の状態を正確に判断し、

適格なご提案をさせていただき、本当にご満足のいただける作業を目指しております。

 

 

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。
創業49年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

グラスビトウィーン・コマーシャル画像

お問合せはこちら・アイコン

■グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板
『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

■ディーズルーフィングの詳しい資料は下記でご覧ください!

ディーズルーフィングアイコン

■グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!
ご安心してお任せください!

安心の自社施工・コマーシャル画像

■グラスビトウィーンは「ドローン」を使った、屋根の無料診断を行っております!
お気軽にご相談ください!

屋根の無料診断・ドローン画像

お問合せはこちら・アイコン

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス必須

    お持ちでない方はこちらを入力してください。:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須

    例:見積もりが知りたい

     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現

    株式会社グラスビトウィーン
    株式会社グラスビトウィーン
    81 Google レビュー
    Kazuya Saijo
    Kazuya Saijo
    2023-08-28
    屋根が傷んできて、カバー工法をどこかにお願いしようと近隣数社で相見積もりをしました。 一番お値打ちだったこと、営業ご担当の専務さんの話がとても分かりやすかったので、こちらに決めました。 見積り調査でドローンを使ってたのは驚きましたが屋根を痛めないようとのことで好感をもちました。 足場の業者さんも含めて職人の皆さん気持ち良く挨拶頂いて安心感がありました。 出来上がりも良く、オプションの断熱材も有効だったこと実感しています。 さすがに耐久性はこれからの評価になりますが、コスト、工事期間、品質とも申し分なく、グラスビトウィーンさんにお願いしてとても良かったです。
    M H
    M H
    2023-08-16
    築20数年の我が家です。 屋根の一部が剥がれてしまっているのに気が付き、ネットで調べた会社に見積りを出して貰いましたがどうも納得が行かず迷っていた所、親戚にグラスビトウィーンさんを紹介して貰いました。 こちらの希望を伝えましたら、屋根は剥がれた部分の修理と塗装工事を提案していただきました。 外壁もかなり傷んでおり塗装工事が必要とは思っていたのですが以前近隣の工務店に相談しましたら我が家はお隣とかなり接近しており足場を立てるのが難しいと断られた経験もあり諦めておりました。 ところが、グラスビトウィーンさんは、外壁を治さないとこのままでは家が持たないと言う事で難しい足場を立てる工夫をしてくださり、なんと外壁塗装工事、ベランダの防水加工工事もして頂ける事になりました。 専務さんの丁寧な説明、適切な提案で安心してお任せする事ができました。 工事も自社の職人さんが担当してくださり、こちらの細かな要望やハプニングにもすぐに対応して頂き丁寧なお仕事にとても感謝、感動しております。 すべての工事が済み新築の様に生まれ変わった我が家を見て、難しい工事を引き受けてくださったグラスビトウィーンさんと紹介してくれた親戚に感謝です!
    三浦篤郎
    三浦篤郎
    2023-08-13
    今年の始めに家の屋根の軒天が破損し、外壁と屋根の塗装時期でした。グラスビトウィーン様を含めて3社見積りを取り比較検討しましたが、将来的な視点から維持も含めてカバー工法をご提案頂いたグラスビトウィーン様にお願いしました。 外壁塗装は手間の掛かる色分けをグラスビトウィーン様からご提案頂き、金額変更もなく快く仕上げて頂きました。職人の方も猛暑の中非常に細かい所まで塗装して頂きました。屋根の職人の方も作業途中の状況を細かく教えて下さり、安心してお任せ出来ました。作業中に教えて頂いたのですが、棟のシーリングが切れていて雨漏れをしていたことが分かり、結果的にご提案頂いたカバー工法でよかったと思いました。 引き渡しの日に何かあったら連絡下さいと言われて、会社としての対応にも安心感がありました。 足場が取れた後、仕上がりを観て想像以上に綺麗に仕上げて頂き、グラスビトウィーン様にお願いして本当によかったと思いました。
    杉山恵美
    杉山恵美
    2023-08-10
    築17年。三階の窓から見える屋根はヒビ割れ北側やベランダの内側はカビのシミがどんどん広がっていく我が家。 初めての屋根と外壁塗装で5社からお見積もりを頂いていましたが納得感と不安が拭いきれず検索してグラスビトウィーン様にLINEで問い合わせしました。直ぐに返信があり、内容と金額共に的確なご提案を頂き決めました。スピード感抜群です。 職人の方の教育も行き届いていて、とても一生懸命に自分たちの作品を作り上げるべく姿が印象的でした。進捗状況もこちらからの質問にも真摯に答えて頂き安心してお任せする事が出来ました。 外壁の色は迷いましたがカラーシュミレーションで納得いくまでお付き合い頂き決める事が出来ました。玄関周りの天井の色も気に入ってます。 こちらの要望がきっちり職人の方へ細かく伝わっていて大満足の仕上がりです。 最後に仕上げて頂いたベランダの両脇と玄関の右側などのサイディング?部分は夜など浮き上がって見えてとてもお洒落な仕上がりで雰囲気があって素敵になりました。ご提案頂き有難うございました。新しい家になって帰宅するたび笑顔になります。お友達にも紹介したいです。
    r k
    r k
    2023-08-10
    極めて効果的な屋根重量軽減をはかることができ、耐震対策の強化につなげることができました。ありがとうございました。
    佐々木るみ
    佐々木るみ
    2023-08-08
    築17年目の外壁塗装と太陽光脱着、屋根カバー工法(ディーズルーフィング、テラコッタ)でお世話になりました。 当初は別の業者で見積もりをしていましたが、内容と価格に曖昧さを感じ、Netで調べていた所、グラスビトウィーンさんに辿り着きました。 問い合わせから、疑問に思っていること、些細な事も含めて、親身に答えていただき、納得と安心で工事をお願いする事ができました。 職人さんも、礼儀正しくプロ意識の高い方ばかりで、 素人に分かりやすく説明してくださったり、細かな要望に根気よくお付き合いしてくださったり、新築したかの様な大満足のリフォームになりました✨ ご近所の評判も良いので、カラーシュミレーションの事や、30年メンテフリーの素敵な屋根材をお勧めしたいと思います。
    はぎうだやすこ
    はぎうだやすこ
    2023-07-26
    カバー工法の屋根工事、太陽光パネルの取り外しの出来る業者を探してたどり着いた業者がここの会社でした。 遮熱シートも貼ってくれて快適な夏が過ごせそうです。
    三澤今朝治
    三澤今朝治
    2023-07-11
    今回グラスビトウィーンさんに屋根の葺き替え工事をやって頂きました。仕上がりも良く満足して居ます。他社にも見積もりをお願いしましたが、グラスビトウィーンさんは説明も納得出来、工事費もかなり他社より安かったので、お願いしました。工事に来てくれた皆さんも、手際よく挨拶もしっかりしており、家内も好感触でした。また工期も予定より早く仕上げて頂き良かったです!
    青木一人
    青木一人
    2023-07-10
    築40年弱でコロニアルの劣化の心配から調査と工法材質に信頼が置けたのでカバー工法をお願いし、工事はお任せで完成しました。