町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > こどもエコすまい支援事業制度が創設されます。

こどもエコすまい支援事業制度が創設されます。

みなさんこんにちは!
事務のK子です🐥🐥🐥

つい先日、ニュースでもあったように、新たに「こどもエコすまい支援事業制度」が創設されましたので、簡単にご案内します。

こどもエコ住まい支援制度とは?

簡単に言えば子育て世帯・若者夫婦世帯による高い性能を有する新築住宅の取得や、
住宅の省エネ改修等に対して支援するという制度です。

そして最大補助額100万円になっています。

補助内容

新築住宅の場合:100万円/戸
リフォームの場合:リフォーム工事内容に応じて定める額(上限30万円/戸)
※子育て世帯・若者夫婦世帯は、上限45万円/戸(既存住宅購入を伴う場合は60万円/戸)
※安心R住宅の購入を伴う場合は、上限45万円/戸

補助対象

【新築住宅の場合】

1)世帯条件

①子育て世帯:18歳未満の子を有する世帯
②若者夫婦世帯:夫婦のいずれかが39歳以下の世帯

年齢はいずれも令和4年4月1日時点とのこと。
ちなみに所得の制限はありません。

2)住宅条件

新築住宅:ZEH住宅(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するものが対象となります。)
※対象となる住宅の延べ面積は50㎡以上
→太陽光発電などを利用してエネルギーを創って家庭で使用するエネルギーを賄うことができる住宅のことです。

【リフォームの場合】
①住宅の省エネ改修
②住宅の子育て対応改修、バリアフリー改修、 空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等(①の工事を行った場合に限る。)

例えば
開口部の断熱改修、外壁、屋根・天井又は床の断熱改修、エコ住宅設備(蓄電池、節水型トイレなど)、子育て対応改修 (ビルトイン食器洗機、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、宅配ボックスなど)、防災性向上改修、バリアフリー改修(手すりの設置、廊下幅等の拡張など)などが対象となります。

以上が簡単ですが、大まかな内容です。
なお、工事実施業者は着工前に事前の登録が必要になります。(事業登録開始時期は未定)

ちなみに、今回の「こどもエコすまい支援事業」は、現在実施している「こどもみらい住宅支援事業」とは別の事業です。
こどもみらい住宅支援事業の申請期間等については今まで通り変更はないとのことです。
それぞれ別事業なので予算が消化もしくは期間が終了するまで同時並行されるようです。

これから、太陽光設置についても色々と動きがあるのかと思います。
住まいの購入、改修をお考えの方は、このような国の動向もよく見ておくといいかもしれまん。

事務のK子でした🐥🐥🐥

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現