町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 今日24日は清掃の日・屋根葺き替えに出る廃材処理費とは?

今日24日は清掃の日・屋根葺き替えに出る廃材処理費とは?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

9月24日は、「清掃の日」だそうです!

調べてみると、厚生省が2000年(平成12年)まで実施し、その後は環境省に移管されました。

 

1971年(昭和46年)のこの日、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法、廃掃法)が施行された。

この日9月24日の「清掃の日」から10月1日の「浄化槽の日」までは「環境衛生週間」となっています。

 

名称に「週間」とあるが期間は8日間です。

期間中には環境省が中心となり、各地で廃棄物の減量化・リサイクル、ごみの散乱防止、公共施設の清潔の保持などの啓発活動が実施されます。

 

既存屋根の廃材とは?

 

産業廃棄物といえば、屋根の葺き替え時に必ず出る、「既存屋根の廃材」です。

屋根を新しいものに張り替える際は、既存の古い屋根を撤去する必要があります。

撤去した屋根材は、産業廃棄物として処分しますが、屋根工事の見積もりにはこうした廃材の撤去費や運搬費が含まれることを理解しておきましょう。

撤去や処分にかかる費用は、業者や工事の時期によって変化します。

屋根工事を依頼する際は、撤去処分にどのくらいの費用がかかるかもしっかり確認しましょう。

例えば、屋根瓦の処分費用は想像以上に高い費用がかかります。

30坪の戸建ての屋根材を処分する場合は、30万円程度は処分費でかかります。

 

既存屋根の素材は何か?

 

撤去費用は業者・施工時期以外に、「既存の屋根材の素材が何か」によって異なるのも特徴です。

主な屋根材のうち、撤去にかかる費用が一番高くなるのは粘土瓦やセメント瓦(乾式工法の場合)などです。

次に費用が高いのが無石綿化粧スレート、一番コストが小さいのは瓦棒葺き屋根です。

化粧スレートでも、素材に石綿(アスベスト)が含まれる場合には、撤去費用がかさみます。

また、上記はあくまで目安であり、その家の屋根の形状や、作業環境(トラックが寄り付きやすいなど)によって差が生じます。

屋根を撤去する際に大きなポイントとなるのが、アスベストの有無です。

 

アスベストを1%以上含む製品の出荷は2004年に原則禁止されましたが、それ以前に建てられた家には、アスベストを含む屋根材(カラーベストやコロニアルといった人工スレート)が使用されている恐れがありますので注意が必要です。

 

屋根材にアスベストが含まれていると、封じ込め工事に特殊な技術が求められるため、撤去費用が通常より割高になってしまいます。

また、処理のための申請が別途必要になります。

 

アスベストを含む屋根の撤去では、国や自治体から補助金を受けられる場合もあります。

補助金の対象となるのは、吹き付け施工されたアスベストやアスベストを含んだロックウールの撤去工事です。

 

屋根材にアスベストが使用されているかどうかは、築年数や見た目だけでは判断できないので、屋根工事を専門とする業者に調査を依頼しましょう。

 

カバー工法なら撤去費用がかからない!

 

工事のコストをできるだけ抑えたいのであれば、既存屋根材の上に防水シートと屋根材を重ね張りする、「カバー工法」がおすすめです。

カバー工法なら、古い屋根材を撤去する工程をカットできるため、葺き替えに比べて工事費用を抑えられます。

 

しかし、過去にカバー工法で修理した屋根には再度工事ができないことに注意が必要です。

また、カバー工法を施した屋根(二重屋根)は、そうでない屋根よりも撤去費用がかさみます。

そのため、屋根工事の方法を選ぶ際には、長期的なメンテナンス計画を練っておくことが大切です。

 

屋根工事方法やコストについて検討中の方は、グラスビトウィーンにご相談ください。

【問合せ】屋根・外壁リフォームのご相談はグラスビトウィーンまで!

豊富な施工経験と深い専門知識を活かして、お客様の屋根の状態を正確に検査し、適切な工法をご提案いたします。

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

【問合せ】屋根・外壁リフォームのご相談はグラスビトウィーンまで!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

【問合せ】屋根・外壁リフォームのご相談はグラスビトウィーンまで!

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

【問合せ】屋根・外壁リフォームのご相談はグラスビトウィーンまで!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現