町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁塗装業者の失敗しない選び方について解説します!!

外壁塗装業者の失敗しない選び方について解説します!!

「外壁塗装業者はどうやって選ぶのが良いんだろう?」

「なるべく安く工事をする方法はあるのかな?」

‥外壁塗装業者を選ぶ上で失敗しない方法を、グラスビトウィーンが分かりやすくお伝えします。 これから外壁塗装を検討しているお客様や業者選びでお悩み中のお客様はぜひ参考にして下さい。

 1. 外壁塗装業者選びで失敗しないための5つのポイント

外壁塗装の業者選びで意識しておきたいポイントは、以下の5つです。

  • ・ 数社から、相見積を取る
  • ・ 施工実績を確認する
  • ・ 外壁塗装に関する質問に答える事ができるか確認する
  • ・ 塗装工事業の許可を持っているか確認する
  • ・ アフターフォローや保証内容を確認する

 

 

以上のコツを押さえておけば、外壁塗装の優良業者を見つけられる可能性がグッと高まります。
下記にそれぞれの具体的な内容をお伝えするので、ぜひ参考にして下さい。

1-2 相見積を取る

適正な価格での見積りをもらうためには相見積を取る事をおすすめします。
相見積もりとは、1社だけでなく複数の業者に対して見積りを依頼する事です。

1社にしか見積りを頼まなければ、悪徳な業者は相場よりも高い価格の見積もりを出してきます。

しかし、他の業者にも見積もりを頼んでいるとなれば、不当に高い金額を提示する事はできません。
なぜなら、高い見積りを出したところで、お客様と工事契約できなかったら、意味が無いからです。
ですから相見積りを取る際は、「ほかの業者にも見積もりを頼んでいます。」‥と伝えておきましょう。
業者自体に相見積を取られているというプレッシャーがあると、工事金額を水増しされる可能性が少なくなります。

ただし、相見積はできるだけたくさんの業者に頼んだ方が良いというものではありません。
なぜなら、あまりに多くの業者に頼みすぎると、今度はどこに依頼すれば良いのか混乱してしまいます。
ですから、相見積の依頼は3社程度にしておくと良いかと思います。

そして、各社からの見積もりが出揃ったところで、依頼する業者を決めましょう。
高すぎる見積もりを出している業者は候補から外した方が良いですが、あまりに安すぎる業者を選ぶのも避けましょう。
その理由は、安すぎる見積りを出す業者は手抜き工事をする可能性があるからです。

高すぎず、安すぎず、相場価格で工事を行っている業者を選びましょう。

1-3 施工実績を確認する

経験豊富な外壁塗装業者は、施工実績が多くあるはずなので、必ず過去の施工実績を確認しましょう。
「今までどんな内容の工事をしてきたのか?」、「その工事に掛かった費用は一体いくらだったか?」‥を確認しておく事をおすすめします。
お客様が見積り依頼した業者が悪徳業者だった場合、詳しい施工実績を見せる事はできません。
ですから、施工実績の内容説明が詳しければ、詳しいほど信頼できる業者だと言えます。

1-4 質問に対してちゃんと回答できるか確認する

お客様が何か不安や疑問点があれば業者に質問してみて、業者側の対応を見てみましょう。
その際、質問の回答を聞く際に重要な事が、外壁塗装のメリットだけでなく、デメリットもちゃんと説明してくれるかという点が重要です。
具体的なメリット・デメリットをしっかり説明できない、あいまいな態度をとる業者は、十分な知識や技術がない可能性があります。そういった業者は候補から外しましょう。
悪徳業者の場合、メリットを強調し、デメリットを意図的に隠している場合もあるので注意が必要です。

さらに、難しい専門用語を並べる営業マンにも要注意です。
お客様が外壁塗装に詳しくないのを良い事に、業者側が有利になる様、誘導している可能性があります。

最後にお客様を焦らせて契約させようとする営業マンにも注意が必要です。
「今日中に決めてくれれば、安くします!!」‥といった言葉を絶対信じてはいけません。
なぜなら、工事価格を値引いた分、工事を手抜きする可能性があるからです。

こういった理由から、お客様にの要望を考慮した対応を取ってくれる、誠実で良心的な業者に外壁塗装を依頼する様にしましょう。

1-5 許可を持っているか、確認する

外壁塗装を行う業者が持っている許可に、建築業の許可票というものがあります。
500万円以上の費用が掛かる外壁塗装工事を受注するには建設業の許可が必要になります。
一般住宅の外壁塗装工事で、500万円を超えるケースはほとんどありませんが、建設業の許可を取得するには自治体や国の審査が必要なので、建設業の許可票(塗装工事業許可票)を持っている外壁塗装業者は、信頼性が高いと言えます。

1-6 アフターフォローや保証内容を確認する

契約前に、必ずアフターフォローや保証内容を確認しておきましょう。

業者に悪気がなくても、トラブルや不具合が起きてしまう可能性はゼロではありません。
もし、外壁塗装に不具合が発生すると、余分な手掛かってしまいます。
そこで、大事なのは業者が発行している品質保証です。
どんな保証があるかはもちろん、保証を受けられる条件や保証期間もしっかり確認しておきましょう。

なお、外壁塗装の保証内容は「品質保証書」という形で書面に残してもらい、絶対紛失しない様に保管しておく事が重要です。

 2. 外壁塗装業者の種類を知りましょう

 

外壁塗装の工事業者を大きく分けると、3種類に分ける事ができます。

  • ●  ハウスメーカー(家を建てた会社)
  • ●  リフォーム業者(大手・地元)
  • ●  地元の外壁塗装店(個人店・会社)

 

それぞれの業種ごとのメリット・デメリットをお伝えします。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、一般的に「積水ハウス」「ダイワハウス」「旭化成ホームズ」「三井ホーム」「住友林業」‥といった大手の住宅建設業者の事を言います。
家を建てるのはもちろん、リフォーム工事も行っており、全国で事業を展開しています。

〇 ハウスメーカーのメリット

ハウスメーカーのメリットは、なんといっても安心感とブランドがある事です。
全国展開している業者が多いため、施工実績は大変豊富です。
特に、お客様の住まいを建てたハウスメーカーでしたら、建物に関する豊富なノウハウを持っているので、外壁塗装が失敗してしまう可能性は低いと言えます。

また、会社の事業規模の大きさから工事する人手が十分確保されているのも、ハウスメーカーのメリットです。
外壁塗装の依頼が重なって、対応が遅れてしまうというケースはほとんどありません。

✖ ハウスメーカーのデメリット

ハウスメーカーに外壁塗装を依頼した場合は、外壁塗装の費用が高くなってしまう傾向があります。
なぜなら、ハウスメーカーに依頼しても実際に外壁塗装を行うのは、下請け業者の場合がほとんどからです。

構造的には、実際に工事する業者とお客様の間にハウスメーカーが入っている事になるので、仲介手数料が上乗せされています。

リフォーム業者

リフォーム業者は、リフォームを専門に行っている業者の事です。
ハウスメーカーよりも小規模ですが、各業者それぞれの個性も豊かといった特徴があります。

〇 リフォーム業者のメリット

リフォーム業者の強みは、リフォームの知識や技術を豊富に備えている事です。
外壁塗装を依頼した際に、ほかの箇所のリフォームも一緒に頼みやすいのがメリットです。

✖ リフォーム業者のデメリット

リフォーム業者は、工事の内容によって各業者費用や仕上りに大きな差が出ます。

もともと塗装業者だった会社がリフォームを手掛けているのでしたら、外壁塗装については基本的には問題は無いかと思います。
しかし、リフォーム業者の中には、別の業界からリフォーム業に新規参入してきたという場合もあります。
会社の施工経験の差によって、外壁塗装の金額や仕上がり具合に影響が出てしまう事もあるので、慎重に検討しましょう。

地元の外壁塗装会社

地元の外壁塗装会社は、地域に根差した営業を行っている業者です。
主に、チラシや看板を使って広告活動を行っています。

地元で評判の良い塗装業者は、インターネットやチラシの集客活動は比較的控えめで、紹介やリピートによってお客さんを獲得しているケースが多いです。

〇 地元 外壁塗装会社のメリット

地元の外壁塗装会社は、ハウスメーカーやリフォーム業者に比べ、工事費用が安い傾向にあります。

なぜなら、ハウスメーカーやリフォーム業者の様に下請け業者に工事を発注していないからです。
また、現場とお客様の距離が近いため、コミュニケーションがスムーズに行う事ができます。
外壁塗装の際、何かと融通が利きやすい点も地元業者の大きなメリットと言えます。

✖ 地元 外壁塗装会社のデメリット

地元業者の場合は、良質なのか悪質なのかを見極める事が困難と言えます。
悪徳業者に騙されないためにも、情報収集は慎重に進めていく必要があります。

外壁塗装 各業者の メリット・デメリットまとめ

ハウスメーカー

メリット                     デメリット
豊富なデータが蓄積されている 工事費用が高くなりがち
人手が十分確保されている

リフォーム業者

メリット                     デメリット
そのほかのリフォームも頼みやすい 業者によって技術に差がある

地元の外壁塗装業者

メリット                     デメリット
工事価格が安い 業者の良し悪しを見極めにくい
コミュニケーションがスムーズに取れる

 3. 信頼できる外壁塗装の業者を選ぶ方法

最近は、インターネットを利用して業者を選ぶお客様も多いです。
しかし、業者を探す方法はインターネット以外にも下記の様な方法があります。

  • ・ 知人に紹介してもらう
  • ・ 地元のチラシや広告を調べる
  • ・ インターネットの一括見積りサイトを使う

知人に紹介してもらう

知人や親戚の方に、外壁塗装を依頼した事がある方がいたら、業者の紹介を頼んでみるのもおすすめの方法と言えます。
信頼している方からの紹介なら、安心して工事を依頼できるかと思います。

ただし、同じ業者に依頼したとしても、人によって工事の感想は違ってきます。
ですから、例え知人や親戚の方が褒めていたとしても、お客様自身でも業者の良し悪しを判断する事は必要です。

地元の折り込みチラシや広告を調べる

折り込みチラシや広告で外壁塗装業者の良し悪しを見極めるのは難しいですが、良心的な業者に出会える事もあります。

チラシや広告で依頼してみようかと思う業者がいたら、まずは口コミを確認してみましょう。
口コミの内容によって、良心的な業者かどうか見分けやすくなります。
また、業者の会社やお店を訪問して、対応や施工実績‥をチェックしてみましょう。
お客様への対応が丁寧で、施工実績を多く公開している業者は信頼できるかと言えます。

インターネットの一括見積サイトを使う

インターネットの一括見積サイトを使えば、複数の業者に一度で見積り依頼する事できます。

一括見積サイトなら自分で業者を探し出す手間が掛かりません。
しかし、知らない電話番号から多くの電話が掛かってきますので、お客様によっては少し面倒に感じるかもしれません。
ですから、最近では、『お断り代行』『日程調整の代行』を行っている業者もあります。
(これを利用する人って、どうなんだろう。‥‥)
但し、職人を抱えてる業者は少ないので、慎重に話を聞いてみてください。

 4. 訪問販売は、すぐに契約してはいけません

外壁塗装の訪問販売の場合、お客様との間にトラブルが起こっているケースが多くあります。
「突然来た業者が外壁塗装の見積りを提示し、他の会社と比較する時間をくれずに契約を迫ってきた」、「外壁の点検といって訪れた業者に塗装工事の契約をさせられた。」‥という話をたびたび聞きます。

悪質な訪問営業を行う業者の場合、お客様に考える隙を与えずに契約を迫ってきます。
無駄な工事の契約を避けるためには、「家族に相談する」「業者に知り合いがいるから聞いてみる」‥と伝えて、その場では絶対契約しない様にしましょう。

 5. 外壁塗装業者の失敗しない選び方 まとめ

お客様が安心・満足できる外壁塗装ができるかどうかは、工事業者選びにかかっているといっても過言ではありません。
工事業者を適当に決めてしまうと、悪徳業者に騙されてしまうリスクが高くなります。

ですから、外壁業者選びは決して妥協せず、お客様が納得できるまで慎重に探しましょう。

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現