町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁塗装の訪問販売は信頼できる?依頼をしても大丈夫?

外壁塗装の訪問販売は信頼できる?依頼をしても大丈夫?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

「訪問販売の業者に、外壁塗装を勧められた」という方は少なくないでしょう。

気になるのは、「訪問販売の業者に外壁塗装を依頼しても大丈夫なのか」「もしかして訪問販売の業者は、悪徳業者なのではないか」といったところでしょうか。

確かに外壁塗装の訪問販売をする業者の中には、悪徳業者も存在します。

とはいえ、全ての訪問業者が悪徳業者というわけではありません。

高品質の外壁塗装を手掛ける信頼できる業者も少なからずいると言うのも間違いありません。

 

では、“訪問販売の信頼できない業者をどうやって見抜けばいいのか”というと、ずばり、見抜くポイントがあります。

このあたりの内容については、今回解説してまいります。

今回のブログでは、

●信頼できない外壁塗装の訪問販売業者のポイント
●訪問販売で交わした外壁塗装の契約をクーリング・オフする方法

などについて、プロが徹底解説いたします。

ぜひ、参考にしてください。

 

外壁塗装の訪問販売は信頼できる?できない?

 

「訪問販売」というのは、一つの営業手法です。

それ自体に、問題があるわけではありません。

そのため、「訪問販売業者」というだけで、信頼できる、信頼できないの判断することはできません。

 

ただし、「訪問販売に気を付ける必要がある」というのは一つの事実です。

 

導入部でお伝えした通り、外壁塗装の訪問販売をする業者の中には、悪徳業者もいます。

そして、こうした訪問販売の悪徳業者に騙されてしまう人も少なくありません。

 

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの発表によると、「リフォーム訪問販売のトラブルに関する相談件数」は、ここ数年ほぼ横ばいで

推移しており、リフォームの訪問販売のトラブルは減ってはいないのです。

※屋根・外壁塗装もリフォームの一つです。

 

[リフォーム訪問販売のトラブルに関する相談件数]

年 度 件 数
2015年 673件
2016年 630件
2017年 650件
2018年 666件

情報出典:公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター|住宅相談統計年報2019

「訪問販売にやってきた業者に外壁塗装を依頼したい」という場合は、依頼をする前に、その業者が信頼できる業者なのか、悪徳業者ではないか、しっかり見抜く必要があります。

 

全4つのポイントで見抜く!こんな外壁塗装の訪問販売は信頼できない!

 

この章では、信頼できない外壁塗装の訪問販売業者のポイントをご紹介いたします。

一つでも当てはまる場合、その業者へ外壁塗装を依頼するのは考えなおした方がよいかもしれません。

 

2-1.不安をあおるようなことを言い、その場で契約を迫る

 

「外壁が大変なことになっている」「このまま放っておくと雨漏りする」など、突然やってきて消費者の不安をあおるようなことを言い、その場で

外壁塗装の契約を迫るような業者は、信頼できるとは言えません。

 

まず、「外壁が大変なことになっている」「このまま放っておくと雨漏りがする」といった業者の主張が真実かどうかは怪しいところ。

多くの場合、外から住まいをパッと見ただけでは、どれほど大変な状況かは正確には判別つきません。

※台風などの自然災害で、明らかに外壁に大きな損傷が発生していたり、大きな亀裂が出てきているような場合は、緊急性が求められます。

 

事実、本当は大変ではないのに大変だと事実とは異なることを言い、消費者の不安をあおって契約をさせる悪徳業者も存在します。

 

仮に、あまりにも大変な状況になっていて(劣化が進行していたり、明らかに外壁に大きな亀裂など)外壁塗装をすべくタイミングであることがパッと見ただけで分かるという場合も、信頼できる業者であれば、詳しい説明や提案もなく、その場でいきなり契約を迫るような対応をすることはありません。

 

(信頼できる業者の場合)まずは、劣化の進行具合や必要な補修工事を見極めるために時間をかけて住まいを診断し、後日改めて訪れて、作成した

「診断結果の報告書」や「見積書」を使って説明・提案をしたうえで、契約についての話をするはずです。

 

[参考]訪問販売の業者に言われたことが真実かどうかを調べる方法

訪問販売の業者に「外壁が大変なことになっている」といったことを言われてから、「我が家は大丈夫なのだろうか」「やはり外壁塗装をした方が

良いのか」といった不安や疑問を抱えているという方もいらっしゃるかもしれません。

 

訪問販売の業者の言っていたことが気になる場合は、別の業者に診てもらい、本当に外壁が大変なことになっているか?など訪問業者の言っていることが正しいかどうか確かめる事をお勧めします。

 

別の業者にも診てもらい、提案を受けることで、提案内容や見積額の比較・検討ができるため、「やはり外壁塗装をしよう」と思った時にも、より

妥当性のある選択ができるはずです。

 

グラスビトウィーンでは、住まいの劣化の進行具合等を診る『無料診断』を実施しています。

詳しくは、下記にお問合せ下さい。

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

2-2.住まいを診断せずに見積書を作成

 

住まいをパッと見ただけで正確な見積書を作成することは絶対にできません。

そのため、突然やってきて、住まい診断もせずその場で見積書を作成するような業者は、まず信頼できないと考えていただいても間違いありません。

2-1でご紹介した通り、信頼できる業者は時間をかけて住まいを診断します。

この診断は、見積書を作成するためにも必要不可欠なのです。

たとえば見積額を算出するためには、正しい外壁の面積やどんな補修工事が必要なのかといった情報が必要となりますが、こうした情報は住まいを診断をしなければわかりません。

 

住まいの診断をせずに、その場で作成したような見積書の内容は、かなりいいかげんなはずです。

「見積額が相場よりもかなり高額」なんてこともあるかもしれません。

 

2-3.「半額」「足場代無料」などの大幅値引きを提示

 

「半額」「足場代無料」など、目を引くような大幅値引きを提示してくる業者も、かなり疑わしいと言えます。

なぜなら、正規見積もりでは、外壁塗装の金額を大幅に値引きできるはずが無いからです。

 

そもそも、外壁塗装は定額で売買される類のものではありません。

外壁の面積、使用する塗料の量や塗料の種類、工事内容などによって、住まいごとに金額を見積るのが一般的です。

 

住まいごとに見積もった金額から、さらに大幅に値引くというのは当然おかしな話でしょう。

そして、足場代を無料にするのも、まず無理な話です。

 

足場代には足場の材料を運ぶ運搬費・足場を組む施工費・解体費等が含まれています。

これほどの作業量分の人件費を簡単に無料にできるはずがない、というのは簡単にイメージできるのではないでしょうか。

 

大幅値引きと言いながら、実はもともと割り増しの見積額を提示しておいて、あたかも割り引いたように見せかけているだけという可能性は十分にあります。

 

さらに最悪の場合は、塗料などの材料のグレードを下げる、塗料の使用量を規定より減らす、本来は数日かけるべき作業を無理やり1日で終わらせる

など、消費者にわからないように工事品質を下げることで大幅値引きをしているかもしれません。

 

どちらにしても、消費者を騙すような金額提示をしている業者を信頼できるはずがありません。

 

2-4.会社の所在地がよくわからない

 

会社の所在地も、信頼できない業者を見抜く大きなポイントの一つとなります。

 

「どこに会社があるのか良くわからない」「聞いても、はっきりとは教えてもらえない」など、会社の所在地(本社・営業所・店舗など)が良くわからない場合は、信頼できない業者の可能性があります。

業者のホームページなどで、企業内容や施工事例など確認すると良いでしょう。

 

なぜならば、会社の所在地を明確にしていなければ、業者は電話などの連絡さえ絶てば、姿をくらませてしまえるからです。

“姿をくらましやすい”という点で考えると、会社の所在地が明確でも、「ワンルームマンションorアパートが所在地になっている」といった場合には、

その業者に疑いの目を持った方がよいかもしれません。

契約を取り、全て下請けなどに任せ、中間マージンだけを取るような業者も存在します。

アパートやマンションが所在地であると信頼ができないというわけではありませんが、疑わしい部分があるということは頭に入れて、その業者のことを見極める必要があるでしょう。

 

まだ間に合う?!訪問販売で交わした外壁塗装の契約を解除する方法

 

訪問販売で交わした外壁塗装の契約は解除できる可能性があります。

以下を、よくチェックしてみてください。

 

3-1.契約書を受け取ってから8日以内|契約解除できる!

 

訪問販売で交わした外壁塗装の契約は、「クーリングオフ」が適用される取引に当たります。

そのため、契約書を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフ(契約解除)ができます。

 

※クーリング・オフとは、特定の取引に限り、契約後も一定の期間であれば無条件で契約の解除ができる制度。

既に工事が始まってしまっている場合でも、契約書面を受け取ってから8日以内であればクーリング・オフは可能です。

 

工事によって建物の状態が変更されている場合、業者に無償で元の状態に戻してもらうことができます。

クーリング・オフをすると、すでに支払ったお金はすべて返金されます。

また、違約金などを支払う必要もありません。

※クーリング・オフの内容や手続き方法について詳しくは、国民生活センターのHPにてご確認ください。

 

3-2.契約書を受け取ってから8日を過ぎている|契約解除できる可能性あり

 

3-1でお伝えした通り、訪問販売で交わした外壁塗装の契約をクーリング・オフできるのは、契約書面を受け取ってから8日以内が原則です。

ただし、下記の場合は8日を過ぎていても、クーリングオフ(契約解除)が可能となります。

 

・契約書面を受け取っていない場合
・契約書面の記載内容に不備がある場合
・クーリング・オフ妨害があった場合
(業者に「クーリング・オフはできない」などと言われ期間が過ぎてしまった 等)
・業者が事実とは異なることを言って勧誘した場合
(もしくは、重要な事実をあえて言わなかった場合)

※情報出典:消費者庁

 

3-3.[補足]困ったときは第三者機関に相談すべし

 

「クーリング・オフできるのかどうか、自身では判断がつかない」
「どうやってクーリング・オフすればいいかわらかない」
「外壁塗装の業者にとりあってもらえず、困っている」

 

など、訪問販売で交わした外壁塗装の契約解除(クーリング・オフ)等について困っていることがあり、地震での解決が難しい場合は、第三者機関への相談がお勧めです。

 

[ご相談先]

国民生活センター・全国の消費生活センター
経済産業省消費者相談室

 

■屋根や外壁でお困りの方は、お気軽にご相談ください!

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断