町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根・雨仕舞と必要性について!

屋根・雨仕舞と必要性について!

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

皆さんは「雨仕舞」という言葉をご存知ですか?
雨仕舞書いて、「あまじまい」と読みます。

 

この雨仕舞、雨漏りにとても重要な関係性があるんです。
今回は、この雨仕舞と雨漏りについてまとめてみました。

 

目次 

  • 1.雨仕舞とは
  • 2.雨仕舞いの必要性
  • 3.雨仕舞の役割
  • 4.雨仕舞の種類と素材
  • 4-1.棟包み屋根役物
  • 4-2.ケラバ水切り
  • 4-3.軒先き水切り
  • 4-4.雨押え水切り
  • 5.雨漏りの原因と雨仕舞いのチェック箇所
  • 5-1.雨仕舞いの施工不良
  • 5-2.経年劣化
  • 5-3.災害による破損
  • 6.雨仕舞いの業者の選び方
  • まとめ

 

1.雨仕舞とは

 

屋根の塗装や修理を依頼した時に、「雨仕舞の修理が必要ですね」なんて言われたことはありませんか?

専門知識がない方は、「あまじまいってナンダ!?」となってしまいますよね。

 

雨仕舞とは、建築用語の1つで、屋根や外壁の隙間から、雨水が住宅の内部に侵入しないようにする、浸水防止の処置を施すことを指します。

 

 

2.雨仕舞いの必要性

 

雨仕舞は、雨水の侵入を防止するだけでなく、雨水汚れや過度な雨水接触によって、家の劣化を軽減する働きも備えています。

雨仕舞が悪いと雨漏りの原因になるばかりか、建物に使用している木材や合板の腐食やカビ、最悪にはシロアリ被害の原因にもなり、建物の耐久性に

かかわるため、家の中でとても重要な箇所になります。

 

雨仕舞をきちん施せば、建物の寿命は格段に長持ちします。

雨仕舞の不良は、初期の処理剤の選択不良や、経年劣化でも性能が変わってきますので、こまめにチェックすることが大切です。

 

3.雨仕舞の役割

 

雨仕舞は雨水の侵入を防ぐだけでなく、雨水が侵入した際には、速やかに雨水を外部に流れ出させる仕組みを併せ持つものも多くあります。

 

どちらも、建物内に雨水を侵入させないための工夫がなされています。

雨仕舞はただの防水処理と違います。

「仕舞う」という言葉の意味には、「閉じる」「なくす」の他に、「片付ける」「始末する」と いう意味があります。

 

  • 雨仕舞雨水処理(入る雨水を外に排出する)
  • 防水浸水防止(水を浸透させない)

 

雨に濡れる場所や、雨が降り注ぐ場所に適した形、材質、配置をすることで、その表面や隙間を流れる雨水を適切に処理してくれるのが雨仕舞の仕事です。

 

他にも、雨がかり防止や雨汚れ抑制、雨濡れによる家の劣化の軽減など、様々な役割を併せ持っています。

 

4.雨仕舞の種類と素材

 

雨仕舞の代表的な方法、水切りについてご紹介します。

 

4-1.棟包み屋根役物

屋根の棟に設置。横から笠木に釘打ちで固定して、釘頭をシーリングで防水する。

素材はガルバリウム鋼板など。
水切り以外の機能:夏は小屋裏の熱ごもりを解消。冬は小屋裏の結露を防ぐ。

 

4-2.ケラバ水切り

屋根の厚みの側面、雨樋がついていない側をケラバといいます。

ここの水切り用役物。素材はガルバリウム鋼板、ステンレスなど。
屋根材の厚みに合わせて部材を選択。

 

4-3.軒先き水切り

屋根の軒先、鼻隠しの上に取り付ける水切り役物。素材はガルバリウム鋼板、ステンレスなど

 

4-4.雨押え水切り

玄関や一部二階建てなど、屋根と外壁の取り次ぎ部分用の水切り役物。

素材はガルバリウム鋼板、ステンレスなど。

 

5.雨漏りの原因と雨仕舞いのチェック箇所

 

雨漏りしやすい箇所は重点的にチェックしましょう。

  • 屋根と壁の取り次ぎ部分
  • 煙突 天窓(トップライト)の難所部分
  • 窓まわり
  • 開口部
  • 換気口まわり
  • バルコニー笠木

5-1.雨仕舞いの施工不良

コーキングの不足や、選択素材のミス、また、防水紙の逆張りミスなどが挙げられます。

 

5-2.経年劣化

防水材のコーキングや防水紙は、経年劣化で機能が落ちます。

施工から10年以上の家であれば、経年劣化も視野に入れましょう。

 

銅板の谷樋に酸性雨で穴があく事例も多くなっています。定期的にチェックしましょう。

 

5-3.災害による破損

強い台風や竜巻など、予期せぬ強い天候の変化には、雨仕舞がうまく機能しない場合があります。

また、落雷などで谷樋部分が破損してしまう場合もありますので、念のため大災害の後は雨仕舞周辺をチェックしておくと安心です。

 

6.雨仕舞いの業者の選び方

 

まず新築で建てる際の施工業者の質が最も重要です。

なぜなら雨仕舞は素人目には工事の良し悪しを見分けづらく、外から判断するには難しい箇所なのに、その機能によって雨漏りの原因ともなるとても重要な施工だからです。

 

住宅の価格はついその面積や間取りなどに目が向きがちですが、安い理由が手抜き工事前提の施工不良だとしたらどうしますか?人生で一番といっていい高い買い物、絶対に失敗したくないですよね。

 

きちんとした施工会社は、まずこの目に見えづらい雨仕舞をとても重要視して施工しています。

雨漏りがいかに住宅の寿命に関わるかしっかりと把握しているからです。

 

もしも安いからという理由で悪徳業者に施工を依頼してしまうと、このような部分の手抜き工事をしている可能性が高いです。

数年後に不良が見つかり、予想外の修理の出費となってしまうことでしょう。

 

どんな雨仕舞をしているのか尋ねても、しっかりと答えられない業者の場合は要注意です。

 

まとめ

 

いかかでしたか?「雨仕舞」について、ちょっと詳しくなれたかと思います。

新築から10年以上経つようでしたら、ぜひ定期的に雨仕舞周辺のチェックを怠らないようにしましょう。

 

もし雨仕舞についてわからないことがあれば、屋根の専門業者に相談しましょう。

豊富な施工経験をもっていますので、雨仕舞の不良箇所をチェックしてくれます。

 

また、雨漏りに関して言えば、塗装によって防げる場合もあります。

基本的に屋根や外壁の塗装が劣化してくると、防水機能も低下していきますので、塗り替えを検討するのもよいでしょう。

 

雨仕舞の修理にせよ、屋根塗装の塗り替えにせよ、大事なのは信頼できる業者に施工を依頼すること。

各社のホームページなどの内容や実績を確認し、必ず数社を比較して、一番おトクで安心できる業者に施工を依頼するようにしましょう。

大切な我が家、うまく水気を避けて、長く快適に保ちましょうね。

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断