町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁塗装の悪徳業者を見分ける4つのチェックポイントとは?

外壁塗装の悪徳業者を見分ける4つのチェックポイントとは?

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

一般に外壁塗装工事ほど手抜きをしやすい工事はないと言われています。

残念ながら、それほど塗装業界に悪徳業者が多いといわれています

 

実は何十万とある塗装業者の中から、本当に良い業者を選ぶのは非常に難しいことです。

 

塗装しようとする方は、は結局、他の業者と比較すること無く、たまたま初めて出会った業者で決めてしまう事がほとんどで、後からよく調べてみると「相場とはかけ離れた金額で施工させられていた!」ということはよく聞く話です。

 

しかし、こうして皆様にお伝えしても、まだまだ悪徳業者に引っかかってしまうお客様が残念ながら数多くいらっしゃいます。

 

そこで、今回はそんな悪徳業者にだまされないために、悪徳業者の特徴や手口、その注意点や対処法の4つのポイントをお話しします。

 

悪徳業者が多い理由とは?
訪問販売の殆どは相場からかけ離れている?
悪徳業者が使うよくある5つの手口とは?
悪徳業者が行う手抜き工事の実態とは?

 

これからお話しする内容を把握し、それに気づくことが出来れば、悪徳業者に騙される事はなくなると思います。

今回はプロが教える、外壁塗装のが悪徳業者に騙されないための4つのポイントを紹介します。

 

『悪徳業者が多い理由とは?』

 

悪徳業者は簡単に言うと相場より高い金額で商品を売ったり、コスト削減の為、施工を中途半端にやったりなど、悪知恵を働かせ利益増やそうとする業者のことを指しますが、それではなぜこの業界には悪徳業者が多く、騙されやすい人が多いのでしょうか?

その理由は大きく2つあります。

 

●定価がなく、相場が一般的に知られていない

●誰が塗装しても、塗装後は綺麗に見えてしまう

 

まず、価格相場がわからないものにそれが高いのか安いのかという判断ができません。

さらに、壁をペンキで塗ってそれがうまいのか下手なのか素人目には到底判断がつきません。

 

要は高く契約して手抜き工事をしてもわからないのです。

この業界は非常に「騙しやすい」環境にあります。

 

それではその理由を一つずつ詳しく説明していきましょう。

定価がなく、相場が一般的に知られていない為、高い値段を言われてもわからない。

 

塗装工事は先程もお伝えしたように、基本的に定価がありません。

本来は100万円ほどで出来る工事でもそれが200万で売れることもあるんです。

 

定価がない理由は明確で、「一般的に、相場を知らないから」です。

例えば、新車を例えにお話しします。

新車の場合、どこで買ってもほとんど同じ商品・値段で購入することができるます。

 

160万円前後で販売されている車が他で300万円で売られていれば誰でもその値段に疑問を抱くのではなでしょうか。

ところが、外壁塗装はそうはいきません。

 

何処で見積りをとっても定価はバラバラ、100㎡で100万円と言われてもそれが高いのか、安いのか、判断できませんよね。

もうお気づきだとは思いますが、外壁塗装は相場がない分、高い値段を言われてもそれが適正なのかがわかりません。

よって悪徳業者は高めの値段を言って、それが定価だと言い張るところもあります。

 

ただし、適正価格は存在します。

まず自分の家の塗装工事の見積もりが適正かどうか理解することが大切です。

 

誰が塗装しても、塗装後は『綺麗に見える?』

 

外壁や屋根の塗装には長く耐久性を保ち、かつ美しく仕上げるために1度の工事に通常3回の塗装作業が発生します。

 

●下塗り(1回目の塗装)
●中塗り(2回目の塗装)
●上塗り(3回目の塗装)

 

悪徳業者は通常3回は塗らなければならない所を1回や2回で終わらせてしまう場合もあります。

なぜなら、その方がコストを削減できるためです。

時間もかからなく3回塗った事実など、素人では到底分かり得ないからです。

 

外壁塗装は本来、塗料によって水を加える比率が決まっていたり、塗る回数も塗料メーカーで指定されています。

 

指定された仕様を守らなければ本来の塗料の機能が発揮されないのはもちろんのこと、耐久性にも大きな影響が出てしまいます。

 

塗装直後に見分けが付けば良いのですが、これは素人では判別がつきません。

この影響が数年経った後、初めて気づくことがあります。

ここで悪徳業者は悪知恵を働かせ、通常より水を多く加え塗料を薄めたり、塗る回数を減らしたりして、人件費や塗料のコストを抑え、全体的なコスト削減をしようとします。

 

以上、2つに分けて悪徳業者が多い理由を説明させていただいたが、塗装業界のことが少しはご理解いただけましたでしょうか。

そこであなたはそんな悪徳業者にダマされないために、次のことを考えるでしょう。

 

●「しっかり実績を調べたうえで業者選びをすればよい」

 

しかし、悪徳業者は一見するとちゃんとした外見をしていて、話も上手です。

また実績で言っても、一般の方にはその実績が本当なのか?信頼できるのか?は判別がつきずらいですよね。

 

一般の方でも複数の業者から話を聞く事で、「どの業者が本当の事を言っているのか?」判断の軸ができるようになります。

また業者によって言っている事も違うこともあります。

塗装の際は、必ず複数社から見積もりをとることをお勧めします。

 

『訪問販売の殆どは相場からかけ離れている』

 

悪徳業者で最も使われる手法です。

それが訪問販売です。

 

訪問販売は相見積もりする隙や、考える時間を与えさせないためには有効な手段なため、お客様を脅し、不安を煽って契約をさせることです。

 

●「今すぐ契約しないと家が大変なことになる!」
●「今契約すると半額になる」

 

などと、簡単な口実にのせられ、ついつい契約してしまう事もあります。

 

万が一、同じようなことが今発生しているのであれば、一旦心を落ち着かせ、よく考えなおし、再度内容を確認することをお勧めします。

 

では、その業者が本当に悪徳業者なのか、判断するために、よくある悪徳業者の手法を紹介ししましょう。

次の何れかに当てはまる場合、ほぼ確実に悪徳業者であると言っても過言ではないので注意が肝心です。

 

『悪徳業者が使うよくある5つの手口とは?』

 

ここでは悪徳業者がよく使う手口をご紹介します。

以下の何れかに当てはまる場合は、注意が必要です。

しかし、いくら注意しようとしても騙されてしまうのが現実でしょう。

 

さらに注意が必要なのが、悪徳業者と言っても法律に違反しているわけではないということです。

また、あからさまに人相が悪かったり詐欺師らしい格好をしているわけではないので見分けもつきません。

 

それでは悪徳業者のよくある5つの手口をお話しします。

 

3−1.契約を急がせる。

 

口約束で工事を決めようとしたり、「ただいまキャンペーン中で、本日契約してくだされば、モニター価格で大幅に割引します」など、契約を急がせる業者がいます。

これはつまり、相場が知られる前に悪徳業者は契約をしてしまいたいのです。

 

急いで契約をしていいことは何一つありません。

出会った当日に契約書にサインをしてしまってはいないでしょうか?

そこで、典型的な例を下記に記載しましたので参考にしてください。

 

「奥様、大変です。ここのヒビ割れを見て下さい。このままだと1ヶ月もしないうちに雨漏りが発生します!」

「そうなんですか!?でも今はお金もなくて、とても修理出来る余裕が…」

「ご安心下さい。今月は特別キャンペーンを行っておりまして、今契約して頂ければ、通常の半額で施工が可能なんです!」

 

これはほんの一例だが、面白いようによく使われる手法なので、頭に入れておいてください。

外壁塗装は一生に数える程しかやらない一大イベントです。

それをたった1日で決めてしまって後悔しないように注意してください。

 

3−2.不安を煽る

 

悪徳業者は下記のように、やたら不安を煽る事を言ってくる。

 

「このままだと大変な事になる」

「今すぐ工事しないと取り返しのつかない事になる」

 

本当の場合もありますが、塗装工事というものは基本的に緊急性は伴わないことが多いのです。

明日塗装しなければ家が倒壊するという場合話は別だが、そんなことほぼありません。

悪徳業者は言葉巧みに不安を煽り、「今スグやらなくては」という気持ちにさせてしまうのです。

 

3−3.長過ぎる耐久年数を提示してくる

 

塗料はどんなに長い耐久性のあるものでも20年です。

それを30年や、40年もつなどと平気で嘘をつくこともあります。

塗料はかなりもって20年程度、外壁や屋根の塗装は10年も過ぎれば検討しなくてはいけないのです。

 

3−4.あり得ない値引きをしてくる

 

これが最も多い手法です。

相場がわからない皆さんに対し、初めは高めの見積もりを提示してきます。

 

例えば、最初の見積もり額が300万円だった場合

「ホームページ掲載やモデル工事をさせていただいたら特別価格で半額にします!」

「足場代をサービスするので150万円や100万円にしますよ!」

塗装工事にも塗料の原価や職人の人件費があり、そんな大幅な値下げなど絶対に出来ません。

当初の見積もりが300万円の工事を150万円や100万円に値下げするような工事は基本的にありえませんので注意してください

 

3−5.オリジナル塗料を売ってくる

 

これも悪徳業者には比較的多い手法の一つです。

そこで、冷静に考えて欲しい。日本には何年にもわたって塗料を研究し、世界にも誇れる塗料の技術をもつ塗料会社があります。

 

大手塗料メーカーは何十年も塗料の開発に莫大なコストと研究を重ねているのだ、そんな大企業に勝てる塗料を町の工務店が開発出来るはずはありません。

だからこそ、もちろんほとんどの工務店、塗装屋はこの国内メーカーの塗料を購入して使っています。

しかし、中には自社で開発した塗料なので、「一般に出回っている物よりも優れている」などと言って特別感を出していることもあります。

 

『悪徳業者が行う手抜き工事の実態』とは?

 

もう少し具体的に、手法ではなく今度は手口をご紹介させていただきます。

これは正直素人目にはわかりません。

ただ、このような手抜きをされる可能性があるので注意していただき、契約した後でも油断はしないようにしましょう。

 

4−1.ケレンなどの下地作業を行わない

 

まず、ケレンとは塗装をする前に、サビや元々塗られている塗料の除去を行うことをさすが、悪徳業者はそれを怠ろうとする場合もあります。

 

屋根や壁、鉄部などの清掃は外壁塗り替えの前にはかならず必要な工程であり、この処理に手抜きがあると後の剥がれの原因になることがあります。

 

ひび割れや凹凸の補修に手を抜いてしまうと、非常に早い劣化の原因になります。

大きいヒビ割れなどではない場合には、下地は塗料で隠れてしまい、素人で は、見分けることが非常に難しいです。

 

以上が悪徳業者が行う代表的な手抜き工事の内容ですが、そんな手抜き工事の手口にひっから無いためにも「安くてもサービスの内容が充実している」「塗装工程 を詳しく説明し、報告してくれる」そんな業者を慎重に選ぶことが非常に大切になってきます。

 

4−2.見積書通りの塗装回数を行わない

 

外壁塗装は通常3回塗りをします。

当然、見積書にも何回塗るかが記されているはずです。

しかし、2回塗ったか、3回塗ったかなんて到底素人にはわかりません。

悪知恵を働かせる業者は見積もった回数を塗らないことも存在しています。

 

4−3.水で塗料を薄める

 

さらに悪質な場合、水で塗料を薄めることもあります。

どんなメーカー塗料にも【標準仕様方法】という「メーカーによる施工の基準」があります。

 

塗料はその基準を守って こそ塗装本来の機能が発揮されます。

薄めることで少ない塗料で早く広い面積を塗ることができるので、人件費、塗料の経費削減になる、非常に悪質な手口です。

 

4−4.乾燥する前に重ね塗りをする

 

こちらも非常に悪質です。

乾燥が不十分のまま2回目、3回目を塗装することで、塗料が定着しないため、早期の剥がれの原因となってしまいます。

塗装や、洗浄の乾燥時間を短縮することで、職人の工賃を削減することが出来るためです。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

思い当たる節がいくつかあった方の為に、あらためてよくある悪徳業者の手法・気をつけるべきポイントをまとめとおきます。

 

●基本的に訪問販売には警戒すること!

●即日契約は絶対にしないように!

●明日、家が倒壊することはありません、じっくり考えること!

●耐久年数は長くて20年、それより長いのはあり得ません!。

●何十万もの値引きは基本的には不可能ですので注意してください!

●自社開発塗料に良い塗料はありません!

 

上記内容に一つでも当てはまるようであれば、悪徳業者の可能性が非常に高い場合が多いです。

十分に警戒する必要があります。

 

国民生活センターには、全国で1日平均15件の被害申請が寄せられています。

もし被害にあってしまった場合でも、期間内であればクーリングオフ制度を利用することができます。

 

契約書類を受け取ってから8日以内に必ず電話ではなく書面にてクーリングオフ通知書を郵送すれば、違約金・損害賠償等々の必要もなく契約を解除する事が可能です

町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン (grassbetween.com)

 

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現