年数だけにとらわれず、症状をよく見て、手入れが必要か否かを判断しましょう。


日のよく当たる南側

日射によるひび割れが起こりやすい

特に紫外線の影響を受けやすいのが日当たりの良い南側です。

そのためひび割れが起こりやすいです。

色あせ→チョーキングの順に劣化が進行していきます。チョーキングは防水性が失われているサインです。防水効果がなくなったまま放置しておくと建物内部へ雨水が浸み込む可能性があるので危険です。また、サイディングのつなぎ目であるシーリングもひび割れが起こりやすいので注意しましょう。

 

適した塗装リフォーム

  • 劣化が進んだ既存塗膜は剥がれの原因になります。剥がれた塗膜は、高圧洗浄で洗い落としてから塗装してもらいましょう。
  • 塗膜が劣化しているということは目地のシーリングも劣化しています。新しく打ち替えてもらいましょう。

 日の当たりづらい北側 

湿気が多いためカビや藻に気をつけよう

日の当たらない北側は水分や湿気が多いのでコケや藻が発生しやすい環境です。

塗膜の劣化により外壁の防水性が弱まってくると、湿気の影響によって壁の表面にコケや藻が発生します。コケや藻が直接外壁や屋根を傷める原因にはなりませんが、他の方角と比べても湿気が多い場所なのでそのぶん塗膜も劣化しやすいと言えるでしょう。

現在の塗料は防藻・防かび成分が配合されているので、すぐに生えてくる事はありませんが、年数が経って生えてくるようなら性能が落ちてきている状態なのでしょう。

 

 適した塗装リフォーム

  • 塗装前のバイオ洗浄がコケや藻に効果的です。北側外壁の汚れの大半はカビやコケによるものですから、しっかり殺菌して根こそぎ洗い落とすバイオ高圧洗浄が効果的です。

バイオ洗浄で下処理をきっちりしてから施工すると、塗装の持ちも違います。

  • 年数が経つと再びカビなどが発生する可能性があるので、「防藻・防カビ」性能のある塗料なのかを確認して選びましょう。

 

まとめ

同じ家でも、 住宅の日なたと日陰では一日に当たる紫外線の量が違うので劣化スピードも違いますが、紫外線による劣化だけでなく、日向と日陰はそれぞれ特有の異なる劣化症状が発生します。点検の際は外壁の一面でけではなく、建物全体をしっかりチェックすることが大切です。