町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根・外壁・室内リフォームでもっと好きになる家へ!

屋根・外壁・室内リフォームでもっと好きになる家へ!

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

毎日、毎日猛暑が続きもううんざりですよね!

コロナの影響で、世の中の会社ではリモート、買い物もネットショッピング、観光にも行けずお家でゴロゴロ・・。

早くワクチン接種が進み、コロナ感染が終息すると良いですね!

家にいる時間が多いと、何かと目につくことが有るのではないでしょうか?

特に室内は、日頃慌しい生活の中でも目にしなかった箇所が気になったり、二階の窓からふと屋根を見て「傷んでいるな~」「色が変わってきているな~」家の周りを見てみると、「ひびが目立ってきているな~」「苔が生えてきているな~」「壁が変色してきてるな~」・・・なんて今までに気が付かなかった事が目に入ったりします。

リフォームは、美観だけを綺麗にする事だけでは決してありません。

怠ると、大切なお家の寿命まで脅かすことになる場合もあります。

室内も、以前は何の問題もなく生活してきましたが、年齢を重ねてくると邪魔になってくる箇所も出てきます。

全く気にしていなかった室内の段差なんかも気になり始めます。

 

家を買ってから、家を新築してから・・・もう随分たっているな! と感じている皆さん!

この際、「お家の事」「安心生活の事」などを考えてリフォームしては如何でしょうか?

今回は、「お家のリフォーム」について詳しくお話ししたいと思います。

従来の日本の住宅建築業界では、「スクラップ&ビルド」といった、古い家を取り壊し新しい家を建てるといった使い捨ての繰り返しが普通でした。

しかし、エコが取りざたされる昨今では、地球環境にやさしい住宅をという趣旨からリフォームが見直されてきています。

 

◆リフォームの種類

【部分リフォーム】

部分リフォームとは、お家の中の一部を修理、改修することです。

古くなったキッチンを交換したい、古くなった壁紙を張り替えたい、玄関のサッシを交換したいなど比較的に簡単にできるリフォームです。

◎水回りのリフォーム

※キッチン、浴室、トイレ、洗面所など水回りの設備の交換や修理工事の事をいいます。

水回りは、上下水道やガスなどの配管問題がありますので専門業者に依頼する必要があります。

 

◎内装のリフォーム

※お部屋の壁紙の張り替え、床の間の張り替え、建具の交換など室内のお手入れが内装リフォームです。

壁紙を新しくするだけでも、部屋が明るくなったり雰囲気が変わったりするため、比較的簡単なリフォームでありながら、新しく生まれ変わった家を楽しむことができます。

また、畳からフローリングに交換したり、洗面所の床をクッションフロアにしたり好みと用途に合わせて快適な空間を作る事ができます。

 

◎外壁のリフォーム

※家を購入したり、新築した後、毎日の生活の中で室内トラブルは気が付きやすいのですが、外壁のトラブルには意外と気が付かないものです。

しかし、ひび割れてきたり、錆びてくるなど一旦トラブルが発生してしまうと、建物内部に雨水が侵入する可能性があり、お家にとって大きなダメージの原因になってしまします。

その為、塗替えや張り替え、防水加工など定期的にメンテナンスが必要と言われています。

 

◎屋根のリフォーム

※屋根のリフォームも、外壁と同じように普段目につきにくいことから忘れがちになっています。

しかし、屋根は、雨、風、強い紫外線、強い太陽光など過酷な環境から家を守ってくれているため非常に傷みやすく、必ずメンテナンスが必要になってきます。

屋根のリフォーム方法としては、塗替え、葺き替え、重ね葺き(カバー方法)があり、偏在の屋根の材質や状態、予算などに合わせてきめていきます。

 

【全面リフォーム】

※新築から10年、20年」と長い年月が経つと、家の所々に気になるところが出てきます。

キッチンが使いにくい、壁紙が汚れてきた、動線がが悪く家事をしにくい、子供の部屋を増やしたい、雨漏れがするなど・・。

また、家を綺麗にして2世帯にしたいという事もあるでしょう。

この様な時に、大掛かりな全面リフォームが行われます。

室内の内装、水回り設備の変更、外回りの改修など、現在から将来に向けての家族が快適に住みやすいように一軒まるごとリフォームします。

家族構成に合わせた大規模の間取り変更や、元の家とは全く違う素材やデザインの変更、基礎と柱だけを残して他は全て新しくすることも可能で、こういった大掛かりな工事は「リノベーション」と呼ばれています。

リノベーションでは、部分的なリフォームのように単純に設備の入れ替えだけではなく、生活動線や居住性まで考慮して設計します。

 

【住宅性能向上リフォーム】

 

◎耐震補強リフォーム

東日本大震災や、熊本大震災の記憶が新しいところですが、現在は南海トラフ地震や東京直下地震が起こる可能性も高いと言われています。

地震大国ニッポンに住む私たちにとって、住宅の耐震性は大変気になるところです。

1981年以前に建てられた住宅の約98%が耐震性に欠けると言われており、安心安全な毎日を過ごすために必要不可欠なリフォームとも言えます。

現在では、住宅補強をするといった対策の他に、家の屋根の軽量化についても重要視された来ています。

重い瓦屋根、セメント瓦、スレート屋根から、現在最も軽量な「ガルバニウム鋼板」の屋根材に変更する考え方もあります。

屋根のリフォームの際は、軽量屋根材を考えてみては如何でしょうか?

 

◎断熱改修リフォーム

※日本の古い家は、「夏暑く、冬寒い」と言われています。

実際に子供のころ住んでいた家は、なぜか廊下が凍えるように寒い、脱衣所でガタガタ震えてしまうなどの記憶のある人も多いのではないでしょうか?

こういった問題を解決するために、断熱改修リフォームや、エコリフォームが行われています。

断熱材の充填を行い、外の熱気や冷気の影響を受けにくく、室内の空気を外に逃さず快適な室温を保てるようにしたり、窓を二重ガラスにするなど断熱効果を高めます。

 

◎バリアフリーリフォーム

高齢化社会が問題視される昨今、「バリアフリー・リフォーム」を行う家庭も増えてきています。

高齢者の方や障害のある方が、家の中で安全に快適に生活できること、車いすなどを使って生活できることを目的に、段差の解消や手すりの設置などの工事を行います。

以上のように、リフォームにも色々な種類が有ることがお分かりになったと思います。

リフォームは予算もかかります、その目的の応じた優先順位をつけ、予算内に収まるよう検討してください。

 

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

 

「屋根・外壁リフォーム専門会社」のグラスビトウィーン

 

◆お気軽にお申し付けください!

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断