町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁の基本3回塗りの役目と必要性?

外壁の基本3回塗りの役目と必要性?

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

今回は、お家の外壁の塗装についてお話しします。

外壁のリフォーム(塗装)は汚れ落としから始まり、塗装は3回塗るのが一般的な塗装方法です。

それでは、どうして3回も塗るのでしょうか?

 

◆下塗り・中塗り・上塗りの役割と必要性

外壁塗装は3回塗りが基本って聞きましたが、そもそも塗装って複数回しないといけないものでしょうか?

これから外壁塗装を考え始めた方で、塗装の3回塗りについてよくわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、外壁塗装の三回塗り(下塗り・中塗り・上塗り)の役割と重要性についてご説明をしたいと思います。

 

◆下塗り・中塗り・上塗りの役割と重要性について

 

 

 

外壁塗装では「下塗り」および「中塗り」「上塗り」の3回塗りが一般的です。

下塗りでは、プライマーやシーラーといった外壁と上塗り塗料を密着・接着させるための接着剤の役割を持つ下塗り用塗料を使います。

一方、中塗り・上塗りでは上塗り用の塗料を使い、美観を作り(保持して)、外壁を紫外線や雨や風から守るための役割を持っています。

 

◎下塗り・中塗り・上塗りの役割

下塗りは、下地と中塗り・上塗りで形成する塗膜との接着剤の役割

中塗り・上塗りは、雨や風・紫外線から外壁を守り美観を作る(保持する)役割

 

外壁塗装は基本3回塗りですが、塗料メーカーの製品によっては下塗り・上塗りの4回の工程行うものもあります。

 

一般的にシリコン塗料や、フッ素塗料、無機塗料といった塗料は、中塗りおよび上塗りで使う塗料のことを指しています。

「下塗り」と「中塗り・上塗り」では、目的も使う塗料も違うということをまず覚えておきましょう。

ここからは各工程について詳しく説明していきます。

 

◆外壁塗装の下塗り(下地塗り)の役割

外壁塗装の下塗りは、下地の劣化を補修しつつ、上塗りの塗料を接着・定着をさせるための極めて重要な工程です。

経年劣化した外壁は小さなひび割れなどの劣化があります。

下塗りは、これらの劣化を補修しつつ、中塗り・上塗りの塗料との密着・定着をさせるための役割を持っています。

下塗りを適切にできていないと、塗装工事後2、3年以内に剥離(はく離)や浮きなどのトラブルが発生することもあります。

 

下塗りの前には、外壁の劣化状況に応じた下地処理や、高圧洗浄・バイオ洗浄などの外壁洗浄などを行う必要があります。

 

下塗りで使う塗料は、中塗り・上塗りで使う塗料とは異なり、接着剤的な材料を使います。

使用塗料は外壁の種類などによって「プライマー」「シーラー」など適切な下塗り剤を選定します。

また、中塗り・上塗りで使う塗料との相性も考慮する必要があります。

 

◆外壁塗装の中塗りの役割

次に中塗りの役割をご説明します。

先ほどの下塗りは、下地を補強し、中塗り・上塗りででできる塗膜との接着剤の役割とご説明しました。

中塗り(及び後述の上塗り)は、本来の塗装の目的である雨や風・紫外線から外壁を守るための塗膜を形成する役割を持っています。

 

乾燥のタイミングや塗りムラができると、剥離の原因になったり、塗りムラが起きて外壁の美観を損ねてしまいますので注意が必要です。

下塗りを指定の期間乾燥させてから、中塗りを塗りムラがないように均一に行っていきます。

 

◆外壁塗装の上塗りの役割

上塗りはの役割は、中塗りの役割と基本的に同じです。

中塗りだけで終わらせた場合、どうしても塗装のムラや気泡が発生したり、中塗りだけでは外壁を守る機能が弱くなる傾向があります。

上塗りをすることで、色斑を消したり色ツヤをだしたり、美観をしっかり整えることができます。

通常、中塗りと上塗りは同じ色の塗料を使うことが多いです(異なる色を使うこともあります。)

 

今回は、外壁塗装の下塗り・中塗り・上塗りの役割とその重要性についてご説明しました。

「下塗り」と「中塗り・上塗り」では、目的も使う塗料も違うということを覚えておきましょう。

 

残念ながら塗装業界では、下塗りがいい加減だったり、中塗り・上塗りの2工程を1回省略して、後のトラブルになる事例もよくあります。

塗装工事は安全に暮らすという点でも、建築のリフォーム工事の中で重要な建築工事の工種です。

外壁塗装で失敗しないためには、塗装の基本知識に加えて現場経験・専門知識を持った専門業者に依頼を検討してみてください。

 

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

いつも見てくれてありがとうございます♪🤗

  

 

 

 

 

 

 

「屋根・外壁リフォーム専門会社」 グラスビトウィーンのMちゃんでした♪🤗

 

◆お気軽にお申し付けください!

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************
お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須
 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!