町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 知って得する・外壁の劣化現象とは?

知って得する・外壁の劣化現象とは?

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

今回はお家の外壁塗装の劣化についてお話ししますね!

 

◆外壁塗装の劣化症状は? 劣化してしまう原因や補修方法について

「これは外壁が劣化している症状なのか?」「業者に補修を依頼すべきなのか……」など、外壁塗装の劣化症状で頭を悩ませている方は多いと思います。

一体どんな症状が劣化のサインなのか把握しておけば、きれいで丈夫な外壁を維持し続けることができますよね。

逆に、放置すればするほど、どんどん劣化が進んでしまい、取返しのつかない事態になったりしますので注意が必要です。

では、外壁の劣化症状とはどういったものなのでしょうか?

 

◆外壁塗装の劣化症状は?

先ず最初に、外壁塗装の劣化症状をチェックしておきましょう。

 

白い粉がつくチョーキング現象

主な外壁塗装の劣化症状といえば、手でさわると白い粉がつくチョーキング現象です。

白亜化現象とも呼ばれており、塗膜の劣化が起きている証拠となります。

外壁の塗料が紫外線によって結合力を失うと、塗料の成分に含まれている顔料が粉状になってしまいます。

塗膜の保護機能がうまく働いていない証(あか)しになるため、外壁を守る力がほとんどなくなっていると思ってください

 

気をつけておきたい外壁のひび割れ

劣化症状の中でも気をつけておきたいのは、外壁のひび割れです。

外壁のひび割れのことをクラックといいますが、小さなひび割れをヘアークラックといいます。

ひび割れが起きているとなるべく早めの補修が必要であるというサインです。

ヘアークラックよりも危険度が増すのは、幅が広く深さが5mm以上のひび割れとなります。

塗膜表面だけでなく、外壁材自体にダメージがある状態なので早めに補修しなければなりません。

 

外壁の変色・塗膜の浮きと剝がれ

外壁の塗装は紫外線や雨風の影響などによって変色するものです。

「変色はまだ大丈夫」と思っている方が多いのですが、変色は劣化の初期症状でもあります。

そのまま放置しているとチョーキング現象に発展する恐れがあるため、早めの補修が大切です。

また、塗膜の浮きと剝がれもよくある劣化症状といえるでしょう。

発生したすき間から水が浸入してしまい、外壁材や下地に悪影響を及ぼす恐れがあります。

外壁塗装が劣化してしまう原因は?

ここでは、外壁塗装が劣化してしまう原因をお話しします。

 

最も多い原因は経年劣化

外壁塗装が劣化してしまう主な原因は、経年劣化です。

建物の中でも紫外線や雨風の影響を直接受ける外壁塗装は、1番劣化スピードが速い場所といっても過言ではありません。

年月が経過するたびに、どうしても外壁塗装の劣化が目立ってしまいます。

経年劣化によって外壁の塗装が色あせたり、剝がれたり、ひび割れが起きたりしやすくなるものです。

外装仕上げ材が機能を果たせなくなってしまうと、家の内部を守れなくなるので劣化の初期段階で塗り替えをしてください。

劣化症状が目立つ前に塗り替えを済ませるのがベストです。

 

外的要因も大きく関係している

外壁塗装が劣化する原因は、外的要素も大きく関係しています。

たとえば、雨風や紫外線です。

前述したように、外壁塗装は常に紫外線の影響を受ける場所で、特に、紫外線が当たりやすい南側の外壁塗装は北側よりも色あせがひどくなります。

逆に、日が当たらない北側はジメジメしやすい場所なので、藻やコケが発生しやすくなるものです。

このように、場所によっても外壁塗装の劣化症状が大きく異なります。

さらに、建物が大きなとおりに面していたり、高速道路の近くなど交通量が多かったりする場所は、排気ガスやホコリの影響も受けやすくなるでしょう。

 

業者による施工不良

外壁塗装工事やリフォーム工事は、手抜きしやすい工事だといわれています。

素人では分からない作業工程だったり塗料を使ったりすることが多いので、悪徳業者にとってはだましやすいのです。

実際に、施工不良による外壁塗装の劣化トラブルが続出しているのが現状です。

きちんと補修されていなかったり、塗料を規定以上に希釈してしまったりすることで、外壁塗装の劣化が早まるのです。

また、外壁塗装は業者の腕にかかっている作業となります。

そのため、どんなに高くていい塗料を使っても業者の腕が悪ければ劣化の原因になってしまいます。

外壁塗装の劣化を放置するとどうなるのか?

ここでは、外壁塗装の劣化を放置する危険性について説明いたします。

 

建物の耐久性が下がってしまう

外壁塗装の劣化を放置すればするほど、建物の耐久性が下がってしまいます。

特に、外壁のひび割れを放置すると、そこから水分が浸入してしまい外壁材や下地の腐食につながってしまいます。

湿気がたまりやすくなり、シロアリ被害にも遭う可能性が高まります。

重要な建物の内部がどんどん腐食してしまうと建物の耐久性が下がり、地震や台風といった自然災害に弱い状態になってしまいます。

安心して生活したいのに、建物がもろい状態になってしまうと安心して暮らせませんね。

塗装や外壁材には耐用年数があるため、定期的にメンテナンスすることが大切です。

 

補修費用が高くなる恐れも

「まだ大丈夫だろう」と劣化症状を放置した結果、補修費用が高くなったということがありました。

当たり前ですが、劣化状態が悪化すればするほど、補修費用も高くなってしまいます。

大きな修繕が必要になるため、費用が高額になるだけでなく、修繕するまでの時間もかかってしまうのでデメリットしかありません。

逆に、早く補修をしておけば、最小限の費用で抑えることができます。

劣化症状を見つけたときは、なるべく早めに専門業者に相談するのがおすすめです。

 

命を脅かすリスクが高くなる!?

外壁の劣化症状を放置することで、命を脅かすリスクが高くなる恐れもあります。

特に、注意しておきたいのは高層ビルや2階以上の高層階です。

外壁が劣化すると塗装が剝がれやすくなり、落下物が通行人に当たってしまうリスクが高まります。

コンクリートやタイル・瓦といった重みのある外壁材を使用している場合、通行人の頭に直撃してしまうと命を奪う恐れもあるのです。

実際に、外壁材の落下でケガをした事例もあります。

そのような事故を未然に防ぐためにも、定期的にメンテナンスをしてリスクを少なくしておかなければなりません。

劣化した外壁を補修するには?

ここでは、劣化した外壁を補修する方法について解説します。

高圧洗浄とバイオ洗浄

比較的、軽度の劣化症状であれば、高圧洗浄とバイオ洗浄で解決できます。

高圧洗浄とは、水を高圧にして出す専用機器を使って外壁にこびりついているコケ・藻・汚れなどを落とす作業です。

水だけを使うのが高圧洗浄の特徴ですが、バイオ洗浄ではバイオ洗浄液という外壁を事前に吹きかけておきます。

そして、高圧の水で流していく方法です。

バイオ洗浄は高圧洗浄で落ちなかった汚れを落とすことができます。

また、外壁塗装を行う場合は、どちらの作業も最初に行う作業となります。

きちんと汚れを落とすことで、外壁材と塗膜の密着度を高めることができます。

 

コーキングの打ち替え

外壁の目地にひび割れが起きている場合、コーキングの打ち替え作業を行うことになります。

コーキングの打ち替えとは、既存のコーキングを除去して新しいコーキングを上から塗布する方法です。

コーキングには既存のコーキングを残す増し打ちという方法もありますが、すでに劣化しているコーキングをそのまま残すのは意味がありません。

劣化している場合、コーキングの除去以外はありえないので、増し打ちを提案する業者がいたら気をつけてください。

また、コーキングの打ち替えは、ヘアークラックのひび割れ補修にも用いられます。

 

外壁のひび割れ補修

外壁にひび割れが発生している場合、そのすき間を埋めなければなりません。

塗装前にしっかり補修することで、経年劣化の進行を抑えられます。

小さなひび割れはコーキングの打ち替えを行ったり、下塗り剤をひび割れ箇所に塗り込んだりして補修することになるでしょう。

大きめのひび割れは、専用の工具でV字などにカットしてから接着剤の役割を担うプライマーを塗り込みます。

そして、コーキング剤をしっかりと奥まで打ち込み下地処理は完了です。

このように、下地処理や下地補修をきちんと行うことで、外壁は長期間良好な状態を保ち続けられます。

 

適切な補修をするには業者選びが重要

適切な補修をするためには、外壁塗装業者選びが重要なポイントとなります。

業者選びを間違ってしまうと、劣化症状がさらに悪化してしまったり、金銭トラブルに発展したりする恐れがあるので注意しておかなければなりません。

どの業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、以下の業者選びのポイントを是非確認するようにしてください。

 

【注意すべき点】

①外壁補修や塗装の実績があるか

②施工事例がホームページ等に記載されているか

③どのような方法で施工するかきちんと説明してくれるか

④スタッフの対応が丁寧かつスピーディーか

⑤無料相談や無料見積もりを受け付けているか

⑥見積書の内容が具体的に記載されているか

⑦口コミや評判がいいか etc

 

グラスビトウィーンは、地域密着企業として創業47年の実績と経験で、いつでも皆さんの、

「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

いつも見てくれてありがとうございます♪🤗

  

 

 

 

 

 

 

「屋根・外壁リフォーム専門会社」 グラスビトウィーンのMちゃんでした♪🤗

 

◆お気軽にお申し付けください!

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************
お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須
 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!