町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁・屋根塗装・屋根カバー工法・葺き替え工事・防水工事 FRP防水とウレタン防水の相性!

外壁・屋根塗装・屋根カバー工法・葺き替え工事・防水工事 FRP防水とウレタン防水の相性!

今日は、雨模様だったり晴れたり、梅雨明けはいつの事やら?

営業販売のSです。

外壁塗装の見積もりを依頼された時に、ベランダ防水も見て欲しいと言われま

今の新築のお家は大体ベランダはFRP防水で仕上げています。

築10~15年ですと、環境によっては防水層の再施工が望ましい状態のベランダがあります。

10年前は、FRP防水の上にはFRP防水しか施工出来ませんでした。最近はウレタン防水材の

メーカーがFRP防水の上にウレタン防水がのせられるプライマーを出してきたので、どちらでも

選ぶ事が出来る様になりました。

工程数・コストパフォーマンス・匂い(強溶剤でFRPはにおいがキツイです。)

でウレタン防水の防水層を選ばれる方が多い様に思われます。ただ耐久性はFRPの方があります。

  

既存の防水層がウレタン防水で、その上にFRP防水を施工するのは、相性が良く無いようです。

FRP樹脂の硬化剤やプライマーには、強い溶剤が多く含まれていてウレタン防水を浮かしてしまう不具合が

あるようです。なのであまりお勧めは、出来ません。

どちらにしても、早い時期にトップコートを塗布し防水層を保護する事をお勧めします。

トップコートの定期的な塗布は、5年ごとと言われています。コストパフォーマンス的にも

防水層からやり直すより、良いのではないかと思います。

 

●スタッフはマスクを着用させていただいております!

●手洗い・うがい・アルコール消毒を徹底しております!

●現場調査時にはスタッフの検温実施、体調管理も徹底しております!

 

グラスビトウィーン ではベランダ・屋根・外壁・内装などその他様々な外装リフォームで

お困りのお客様に様々なメンテナンス方法をご提案いたします。

お悩み事があればグラスビトウィーンへお気軽にご相談ください!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断