町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根工事 > 屋根葺き替え工事をお考えの方へ!!メリット・デメリットについての解説をします!!

屋根葺き替え工事をお考えの方へ!!メリット・デメリットについての解説をします!!

今回は「屋根葺き替え(ふきかえ)工事」について解説していきます。

屋根のリフォームを考えている方や、「屋根葺き替え工事」がどのような工事なのかを知りたい方へ向けた記事となっております。

・屋根葺き替え工事ってなに?

・屋根葺き替え工事っていくらくらいかかるの?

・屋根葺き替えすれば大丈夫なの?

・屋根カバー工法とどっちを選べばいいの?

といった疑問についてお答えしていきます。

①屋根葺き替え工事とは

→屋根葺き替え工事のメリットデメリット

→屋根葺き替え工事の施工手順

②屋根葺き替え工事にかかる費用

③屋根を葺き替えればもう安心なのか

→葺き替えを提案するケース

④屋根カバー工法との比較

①屋根葺き替え工事とは

屋根葺き替えとは、屋根を「葺き(ふき)」「替える(かえる)」工事です。

「葺く(ふく)」とは、屋根を工事すること全般を意味する言葉です。

「替える」はそのままの意味なので、屋根を工事し替えるというような意味です。

屋根葺き替え工事のメリット

メリット1.全く新しい屋根になる

屋根葺き替えを行えば、屋根自体が全く新しく生まれ変わると言っても過言ではありません。

なぜなら他の屋根修理工事ではあまり行わない、屋根下地(野地板)までをそっくり新しい材料で施工するからです。

普段の生活の中で、屋根下地がどれだけ傷んでいるのかはわかりようがありません。

しかし屋根葺き替え工事では下地を新しく設置するので、これまでの下地の傷みを気にせず、より長くご安心頂けます。

メリット2.その後のメンテナンスが減る

全く新しい屋根に生まれ変わるので、今後のメンテナンスは非常に少なくなります。

新しく葺く屋根材によりますが、瓦であれば30年以上とも言われています。

昨今であれば、ガルバリウム鋼板でできた屋根なども人気です。

メリット3.どんな屋根にも施工できる

屋根葺き替えは、既存の屋根を撤去して下地からやり替えるのでほとんど全ての屋根で行うことができます。

例えば土葺きと呼ばれる、瓦の下に葺き土と呼ばれる大量の土が入っている屋根でも行えます。

屋根下地の野地板が傷んでいる場合も、新しい野地を貼るので問題はありません。

下地にまで手を加えることができるので、経年劣化や傷みが激しい場合でも対応が可能なのは大きなメリットと言えます。

屋根葺き替え工事のデメリット

デメリット1.費用が高い

屋根の撤去費用、廃材処分費、新たな野地の施工費など、ほかの工事にはない大掛かりな費用がかかるようになります。

屋根修理、リフォームの中でもトップクラスに費用が高くなります。

デメリット2.工期が長い

他の工事にはない工程があるという事は、その分工期も長くなる傾向にあります。

屋根の面積や形状によりますが、2週間~1か月ほどはかかるケースが多いです。

屋根葺き替え工事にかかる費用は、非常に大雑把に言えば

・一般的な屋根面積である
・土葺きの瓦屋根からの葺き替え
・現行の平板瓦への葺き替え
と言う条件であれば200万円前後で施工が可能です。
このほかに、屋根の形状やお家自体の施工条件などの要素でも変動します。
今回、なぜ条件は土葺きの瓦屋根に限定したのかと言うと、土葺きの屋根で葺き替え工事を行うケースが多いからです。

これが土葺きでない瓦屋根や、スレートや板金など、葺き土の撤去がない場合はその分価格を抑えることができます。

③屋根葺き替え工事をするべきなのか?

屋根葺き替えを行えば、他の工事をした場合と比べて一番長く屋根を持たせることができます。

しかしもちろん、すべての屋根で葺き替えをすべきというわけではありません。

私共が、屋根葺き替え工事を提案することが多いケースを紹介します。

1.既存屋根が土葺きの瓦屋根

土葺きの瓦屋根は、瓦の下に葺き土と呼ばれる大量の土が入っているので、屋根重量が重くなります。

屋根の重量が重いのは、耐震性の面で不安が残ります。

そういった場合は、瓦と葺き土を撤去して現行の葺き土を使用しない「引っ掛け桟瓦葺き」を行うことで屋根重量を大幅に減らすことができます。

さらに軽い屋根にするのであれば、ガルバリウム鋼板製の屋根などにすれば、さらに重量を減らすことができます。

2.既存屋根の下地状況が不安

例えば、新築時から長らく屋根のリフォームなどをしていないということであれば、屋根の下地も傷み始めている可能性があります。

葺き替え工事であれば新しい野地板を施工するので、そのような場合もご安心頂けます。

屋根葺き替え工事が比較されることが多いのが「屋根カバー工法」です。

 

屋根葺き替えと屋根カバーはどちらも屋根の全面を新しくする工事なので、比較されることが多いです。

しかし結論から言うと、屋根カバーができるなら屋根カバーで、それが無理であれば屋根葺き替え工事で、というケースが多いです。

屋根カバー工事は費用を抑えられる反面、施工できる条件が厳しいというデメリットがあります。

瓦屋根では屋根カバー工法が不可能であったり、屋根下地の傷みが激しい場合も同様です。

なので単純に比較するというよりは、屋根カバー工法を行う条件を満たしているかどうか?が重要なポイントです。

もちろん屋根カバーが可能であっても、下地や屋根重量の面を考慮し、葺き替え工事を行うというケースもあります。

屋根葺き替え工事は屋根の修理、リフォームの中でも大規模で、その分ほかの工事にはできない下地の施工が可能な工事です。

その分金額は高くなりますが、金額に見合った工事を致します。

詳しい話を聞きたい方は、ぜひお問い合わせください。

 

グラスビトウィーンではドローンを使った無料屋根点検を行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら町田市で屋根・外壁リフォーム実績No.1のグラスビトウィーンまで、お気軽にお問合せください。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!