町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根工事 > スレート屋根の経年劣化の合図と屋根リフォーム時期について!!

スレート屋根の経年劣化の合図と屋根リフォーム時期について!!

スレート屋根の寿命は「15~20年」

スレート屋根とは「スレート」という屋根材を使用して作られた屋根の事です。

そんな、スレート屋根の寿命は一般的に15〜20年と言われています。

スレート屋根の経年劣化を抑えるためには、定期的なメンテナンスが必要不可欠で、メンテナンスを怠ると劣化の進むスピードが早くなってしまいます。

また、スレート屋根のメンテナンスには、よく塗装がおすすめされていますが、塗装をしてもスレート屋根の寿命が変わることはありません。塗装は、あくまでも「美観を整えるための作業」なのです。

スレート屋根に見られる経年劣化の症状

スレート屋根の平均的な寿命は、15〜20年で寿命が近づくにつれて経年劣化の症状が出てきます。

また、メンテナンスを怠ると、経年劣化の症状が出始めるのも早くなります。

具体的な経年劣化の症状は以下の4つです。

  1. 1:スレート屋根のひびや欠け
    2:スレート屋根の色褪せ
    3:スレート屋根の反り
    4:コケの繫殖

1つずつ順番に解説していきますので、スレート屋根の経年劣化の症状について知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

【経年劣化の症状①】スレート屋根のひびや欠け

 

1つ目の経年劣化による症状は、スレート屋根のひびや欠けです。

スレート屋根は、雨などで水分を含むと膨張して晴れた日には乾いて乾燥します。

この「膨張」と「乾燥」を繰り返すことで、釘で固定されているスレートに歪みが生じて、ひび割れが発生します。

気候などによっても異なりますが、10年ほどの年月をかけてゆっくりと歪みが進行して、ひびが発生してくるのです。

ちなみに、スレート屋根にひびが入った場合は、新しいスレート屋根に取り替える必要があります。

【経年劣化の症状②】スレート屋根の色褪せ

2つ目の経年劣化による症状は、スレート屋根の色褪せです。

色褪せは、新築時の塗膜の効果が切れることで発生します。

塗膜とは、スレートに塗られていた塗料が、紫外線によって劣化している状態です。

スレート屋根の色褪せは、環境によっても若干違いますが、5年前後で現れることが多いです。

スレート屋根が色褪せすると、屋根自体が水分を吸収しやすい状態になってしまいます。

ちなみに、色褪せしたスレート屋根の対処法としては、新しいスレート屋根への取替えが挙げられます。

【経年劣化の症状③】スレート屋根の反り

3つ目の経年劣化による症状は、スレート屋根の反りです。

スレート屋根の反りが発生する原因は、ひびと同じです。

水分を含んで膨張し、晴れの日に乾燥を繰り返すことで反りが進行していきます。

スレート屋根の反りは、10年ほどかけて進行し、一度反ってしまったスレート屋根は元に戻ることはありません。

色褪せや塗装剥がれであればカバー工事で対処できますが、反ってしまった場合は、スレート屋根の交換をする必要があることを覚えておきましょう。

【経年劣化の症状④】コケの繁殖

4つ目の経年劣化による症状は、コケの繫殖です。

コケの繫殖は、スレート屋根の防水効果が切れていることを表しています。

常に吸水している状態にあるため、空気中のコケの胞子が屋根につき、繫殖してしまいます。

コケが繫殖すると、スレート自体が脆くなってしまうので、注意が必要です。

7~10年でコケが発生しますが、特に日の当たらない面で、よく見られます。

コケが発生した場合は、スレート屋根の交換をするか高圧洗浄でコケを洗い流すようにしましょう。

経年劣化したスレート屋根は必ずメンテナンスしよう

ここまで、経年劣化した時に発生する症状4つについて紹介してきました。

経年劣化したスレート屋根は、必ずメンテナンスを行うようにしましょう。

なぜなら、メンテナンスを怠ると、スレート屋根の寿命が少なくなってしまうからです。

メンテナンスを怠ると雨漏りの原因になってしまい、雨漏りが発生すると、屋根全体の葺き替え工事が必要になってくる可能性が高く、場合によっては莫大な費用がかかってしまいます。

「メンテナンス費用がもったいない」と、メンテナンスを怠ると結果的にメンテナンス費用以上の出費が発生してしまうので、経年劣化したスレート屋根のメンテナンスは必ず行うようにしましょう。

スレート屋根以外もメンテナンスが必要な場合も

スレート屋根以外にもメンテナンスが必要になってくるケースが存在します。

それが、「棟板金(むねばんきん)」の釘が抜けている時です。

棟板金は、屋根の頂点で屋根材の固定を行っている板金の事で、スレート屋根の家なら必ずついています。

棟板金の釘が抜けると、雨が降った時に屋根内部に雨水が入って中の板を腐らせてしまい、棟板金は風で飛ばされるといった危険も考えられます。

釘はおおよそ5〜7年で抜け始めるので、スレート屋根と合わせてメンテナンスをしっかりと行いましょう。

スレート屋根のメンテナンスは実績のある業者に依頼しよう

スレート屋根のメンテナンスを依頼する場合は、実績のある業者に依頼するようにしましょう。

実績のある業者に依頼するメリットは、以下の通りです。

・安心安全なメンテナンスを行ってくれる
・メンテナンスの際のミスがない
・屋根の症状に合わせて適切な処置が行える

実績があまりない業者に安価で依頼できるケースもありますが、あまりおすすめはしません。

なぜなら、メンテナンス時にミスが起きる可能性があるからです。

そのため、スレート屋根のメンテナンスの依頼は実績のある業者に依頼するようにしましょう。

 

 

グラスビトウィーンではドローンを使った無料屋根点検を行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら町田市で屋根・外壁リフォーム実績No.1のグラスビトウィーンまで、お気軽にお問合せください。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断