町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根修理 > 劣化してきた屋根リフォームをお考えの方へ!屋根カバー工法とは!?町田市の屋根の匠が解説します!

劣化してきた屋根リフォームをお考えの方へ!屋根カバー工法とは!?町田市の屋根の匠が解説します!

屋根のカバー工法は、既存の屋根材を撤去せず、その上から新しい屋根材を施工する工法です。

そして、この屋根カバー工法に使用される屋根材の多くが「ガルバリウム鋼板」に代表される「金属屋根材」なのです。

これは金属屋根材の最大の特徴である「軽い」ことが、このカバー工法に多く採用される理由でもあります。

 

ガルバリウム鋼板でのカバー工法は万能ではない

スレート屋根材の中でも「アスベスト(石綿)」を含んだものであれば、カバー工法によってその撤去費用と廃材処理費用を抑えることができ、更には工期が短縮できるというメリットを大々的に宣伝しているリフォーム会社さんがほとんどです。

実際にアスベストを含んだスレート屋根材の処分費用は、アスベストを含まないスレート屋根材と比較しますと、おおよそ3~4倍も高くなってしまいます。また、処分費用の他にも石綿飛散防止のため養生費用等も発生することから、カバー工法を勧めるリフォーム会社さんが多いのです。

ここで注目していただきたいのは「アスベスト(石綿)を含むスレート屋根材」です。

日本におけるスレート屋根材としては、1957年(昭和32年)11月に久保田建材工業株式会社から発売された「カラーベストコロニアル」が最初で、今でも「スレート屋根材=コロニアル」と呼ばれるほどです。

しかし「アスベストは人体に有害である」という論文が公開されたことをきっかけに、日本国内においては2004年(平成16年)までに石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止され、翌2005年(平成17年)には「石綿障害予防規則」が施行されることとなりました。

これを見据え各屋根材メーカーは1999年(平成11年)頃からアスベストを含まない屋根材の販売を開始しております。

屋根材メーカーにより多少の前後はありますが、2002年(平成14年)以降に建てられた戸建住宅のスレート屋根材には、アスベストは含まれていないということになります。

 

こちらの屋根材はカラーベストコロニアル、おおよそ築30年経過の状態で過去に一度だけ塗装歴があります。

築30年を経過しているということは、この屋根材にはアスベスト(石綿)が含まれていますので「葺き替え工事」を選択した場合は撤去費用や処分費用が割高になってしまいます。

このようなケースで、屋根の下地の木材が傷んでいない場合は、ガルバリウム鋼板によるカバー工法は「正解」と言えます。

しかし一般的な傾向として、スレート屋根の家は、築30年前後で防水シートが劣化し、屋根の下地の木材が傷んでいることが多いです。

その状態でカバー工法をすると、強度のない下地に屋根材を固定しているので、最悪の場合、台風などの強風で、新しくカバーした金属屋根材が飛んでしまう、ということも起こる可能性があります。

なので、屋根下地の木材の補強ができる「 葺き替え 」 工事が、台風対策の予防工事としてはおすすめです。

「ガルバリウム鋼板」の中でも表面に天然石粒が施されている「ディプロマットスター(ディーズルーフィング)」です。再塗装工事が不要な屋根材で、今後のメンテナンスコストを大きく削減させることができる屋根材です。

 

ちなみにこのお客様「自分はもう定年してるから今回が最後のリフォームと考えて、どうせやるなら20~30年屋根の心配をしなくていい屋根にしたかった」「自分が死んだらあとは息子が建て替えるなりリフォームするなり好きにするよ」と話されておりました。

ということなので、上記のデメリットは認識した上で、カバー工法を選択しました。

 

築年数が15年前後で屋根のリフォームをご検討されている方やカバー工法を勧められている方は、まずご自宅の屋根材の状況をしっかりと把握し、本当に適切な工事なのかどうかを見極めることが大切です。

そして、新しい屋根材にはどんなメンテナンス工事が必要なのか?そしてその費用など、将来発生するメンテナンスコストまで考慮して屋根材を選択することが必要なのです。

 

 

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!