町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > スーパーガルテクト > 町田市で屋根のカバー工法とは?葺き替え工事との違いや費用を徹底解説!!

町田市で屋根のカバー工法とは?葺き替え工事との違いや費用を徹底解説!!

普段目にしない屋根ですが、実は日々ダメージを受けています。仮にメンテナンスしたいと思っても屋根修理は費用が高く、少しでも安く抑えたいと思うものです。

ただ屋根の状態によっては、葺き替え工事よりも費用の安いカバー工法で修理できる場合があります。

この記事では、

  • 屋根修理のカバー工法の方法
  • カバー工法のメリットとデメリット
  • カバー工法の費用相場
  • カバー工法をおすすめする場合

など、実際の写真を交えて紹介します。

屋根修理を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

カバー工法とは?葺き替え工事との違いや施工方法について

まずはカバー工法と葺き替え工事の違い、その施工方法について詳しく紹介します。

カバー工法は古い屋根に新しい屋根をかぶせる施工法

カバー工法とは、既存の屋根をそのまま残し、上から新しい金属屋根を被せる(カバーする)方法です。新しい屋根を重ねることから、重ね葺きともいわれます。

屋根リフォームでよくある葺き替え工法との違いは、既存の屋根を撤去しない点です。

葺き替え工事では既存の屋根材や下地を全て撤去しますが、カバー工法は撤去しません。そのためカバー工法には、工期短縮やコストダウンといったメリットがあります。

しかし、どんな屋根でもカバー工法を施せるわけではありません。

カバー工法でリフォームできる屋根は、主に以下の条件があります。

  • 既存の屋根がスレート材である
  • 屋根の下地が劣化していない

既存の屋根材は、例えば下の写真にある薄い板状のものであることが条件です。

上から新しい屋根材を重ねると、このようにきれいな屋根になります。

昔ながらの瓦屋根は、凹凸があるためカバー工法はできません。

またすでに屋根材から雨漏りするなど、致命的な損傷がある場合、カバー工法ではなく葺き替え工事で根本から直す必要があります。

カバー工法のメリットとデメリット

カバー工法のメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリット

  • 葺き替えよりも工期が短く費用が抑えられる
  • アスベスト含有のスレート屋根にも対応できる
  • 断熱性能がアップする

デメリット

  • 屋根が重くなる
  • 既存の屋根が瓦なら施工できない
  • 屋根内部の補修が必要なら施工できない

カバー工法は既存の屋根材を撤去しないので、その撤去費用と工期を短縮できます。
また新しく重ねる屋根材にも断熱性がありますし、下葺き材と呼ばれる防水シートにも断熱性があります。

つまりこれらを重ねることで、防水性・断熱性・防音性がアップして家がさらに快適になるのです。

そしてカバー工法は、元の屋根にアスベストが含まれているスレート材を使っていたとしても、撤去する必要がありません。そのためアスベストの飛散リスクを抑えられます

アスベストを含む屋根材の撤去は非含有と比べて2~5倍ほど撤去費用がかかるため、条件が合えばカバー工法がおすすめです。

一方、カバー工法は既存の屋根を撤去しないので、屋根材と下葺き材の分、重量が増えます。

屋根が重くなると地震の時揺れやすくなり、柱などへの負担も大きくなってしまいます。カバー工法が施工できるかどうかは、プロがしっかりと家全体をチェックします。

チェックの結果、問題がなければカバー工法を実施します。

屋根工事でカバー工法をおすすめする場合と実際の事例

カバー工法が向いているケースは、以下の通りです。

  • 屋根内部に劣化がなく、補修のみで対応できる場合
  • 費用をなるべく抑えたい場合

屋根表面のみが劣化しており内部に問題がない場合はカバー工法がおすすめです。

以下はカバー工法で工事を行った実例です。
こちらの事例では、既存屋根のカラーベストの上から、ゴムアスファルトルーフィングを貼り、屋根材をディプロマットスターに施工しました。施工面積は120㎡です。

 

施工前の状態。表面が劣化

既存の屋根の上に下葺き材(防水シート)を設置

屋根の形に合わせて屋根材を張る
完成

一方、以下のような場合は葺き替え工事が向いています。

  • 屋根の下地まで傷んでいる
  • 瓦屋根を使用している
  • 予算と時間に余裕がある
  • 修繕費用として、火災保険を利用したい

下の写真のように屋根の下地が傷んでいるなら、葺き替え工事を行わなくてはいけません。

屋根材を剥がしてみると、このように下地が劣化しているケースも多いものです。

カバー工法にかかる費用

カバー工法で使用する屋根には、ディーズルーフィングという製品とスーパーガルテクトがあります。

それぞれ費用は以下の通りです。

ディプロマットスター 8000円~㎡
ガルテクト 7,000円~㎡
※上記の金額加えて、別途足場代や養生代が必要になる場合があります。

ガルテクトとは、屋根材と断熱材を一つにした金属屋根のことです。軽く断熱性・耐久性に優れています。
ガルテクトフッ素とは、さらに遮熱性フッ素樹脂塗装を塗膜に施したものです。

例えば施工面積が80㎡なら、施工費用はおよそ60万円となります。
カバー工法の場合、既存の屋根材の撤去や廃棄費用はかかりません。

しかし工事費用や足場のレンタル、設置代金が必ずかかります。
屋根の形状やリフォームする箇所、選ぶ屋根材によっても費用は変わりますので、詳しい費用を知りたい場合はお見積りが必要です。

築年数が古い家の場合、住宅図面がなく正しい面積が分からないことも少なくありません。

当社グラスビトウィーンでは、お見積りをご依頼いただければ無料で計算して職人が内容をご説明いたします。

屋根修理にお困りの場合、まずはどんな修理方法ができるのかお気軽にご相談ください。

まとめ

以上、屋根におけるカバー工法のメリットやデメリット、事例や費用相場について紹介しました。

屋根は普段目につかない分、気づけば劣化が目立っていたというケースは少なくありません。節目でしっかりメンテナンスをして、屋根の内部が傷む前に修理や工事を行うことで屋根の寿命は長くなります。

グラスビトウィーン は屋根修理を専門として、町田市・横浜市の屋根リフォームを請け負っています。

屋根工事や修理、外壁工事までを専門に工事を受注しているので、間に工務店などが入らず直接やり取りできます。そのため中間マージンが発生せず、施工会社が自ら相談に乗り、施工中に発生しそうな事柄も事前にご説明可能です。

 

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断