町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 新世代軽量屋根材・ディーズルーフィング徹底解剖!

新世代軽量屋根材・ディーズルーフィング徹底解剖!

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

今回は現在最も注目を浴びている、金属軽量屋根材の「ディーズルーフィング」を徹底解剖します!

注目すべきは、従来の陶器瓦に比べて約7分の1の重さを実現しました!

とにかく軽いということです。

軽量で錆に強い「ジンカリウム鋼板」を基材としていて、

在来の陶器瓦と比較すると重さは約7分の1になります。

軽い屋根は建物の軽量化と建物の重心が下がることで、

屋根が軽いほど地震による建物の揺れは小さく、地震に

強い家と言えます。

更に新築の場合は、屋根材を支える柱や必要壁量が

少なくて済むので、窓や開口部の多い開放的な空間が

作れる、将来の間取り変更にも自由度が増すという

メリットが数多くあります。

「ディーズルーフィング」はライフサイクルコストの低減にも大きな役割をもっています。

 本瓦以外の一般的な屋根材は、顔料が雨風で流れて色あせてくるので、5~10年ごとに塗り替えが必要です。

一方で、「ディーズルーフィング」は、セラミックコーティングを施した自然石粒を特殊な方法で接着して

いるので、メンテナンスフリーで長期的に美観を維持できます。

30年の基材保証も、誕生から40年の実績に基づくものです!

 初期費用では一般的な屋根よりやや高めですが、1回目の塗り替えでトータルコストは逆転するので、

長く住むほどお得な計算になります。

「ディーズルーフィング」は安心の基材30年保証書付きです!

 基材は錆に強いジンカリウム鋼板を使用

表面に施した自然石の粒が雨粒を

細かく拡散して共鳴を抑え、日射

を和らげるので、 通常の鋼板

屋根で心配される雨音や夏の暑さ

を和らげる効果 も発揮します。

しかも軽量だから重ね葺き

(カバー工法)が可能です。

 

古くなった 平板スレートを剥がさず、ディーズルーフィングでカバーする「カバー工法」で、既存屋根の

撤去費用、処分費用がかかる事がありません。

また廃材などが殆ど出ないので、安心して環境や 近隣に優しいリフォームができます。

◆◆ガルバリウムとジンカリウムはどう違うのでしょうか?

ジンカリウムもガルバリウムも成分は同じ亜鉛とアルミ、シリコン合金のメッキ鋼板です。
何が違うかというと、含まれる成分の割合ですが、どこが違うか一見しただけでは分からないと思います。


よく見ると、亜鉛とシリコンの比率が0.1%違います。

 

亜鉛とシリコンの0.1%の違いが、ガルバリウム

とジンカリウムの基材の違いです。


それでは、たった0.1%の違いで、何が変わる

のでしょうか?

基本的には大きな違いはありませんが、

その0.1%の違いが耐久性に違いがあるという意見もあります。

ジンカリウムがガルバリウムよりも高い錆への耐久性を発揮したという実験データもあるようです!

 ジンカリウム鋼板とガルバリウム鋼板の違いは、米国でガルバリウム鋼板の生産工程を改良し、

より耐久性を持つ鋼材の製造を可能にしたことです。

ジンカリウム鋼板はガルバリウム鋼板と比較した試験結果からも、どの様な環境下でも高耐久性を示し、

海沿いなどの厳しい塩害地区以外では、試験開始後25年間全く鋼材に腐食が見られず、ジンカリウム鋼板の

性能を顕著に発揮しました。

◆◆「ディーズルーフィング」はインターロッキング工法で施工します。

ディーズルーフィングのジンカリウム鋼板は、軽量で耐震性・耐久性に優れています。

インターロッキング工法により、屋根材が建物と一体化するため暴風などの自然災害に対し抜群の耐風性も

確かめられています。

※インターロッキング工法
屋根材がお互いがかみ合うような形に施工し、一枚屋根のごとく一体化が可能。

◆◆「ディーズルーフィング」が災害に強い理由

■耐震性

軽量な素材が家屋の揺れを軽減し地震から家屋を守ってくれます。
つくばでは、阪神大震災級の実大振動実験結果屋根材にディーズルーフィングが使用しました。結果、

屋根材にゆがみなどの変形はみられませんでした。

■耐風性

海外ではハリケーンなどの災害から家屋を守った実績があります。ディーズルーフィングは、2005年8月末に

アメリカ南東部を直撃したハリケーン「カトリーナ」から多くの家屋を守りました。

■防火性

素材が金属のため火事の際にも優れた性能を発揮します。そして大きな火災の際にも、延焼を防ぎ火災の

広がりを抑える効果もあります。

1994年と2003年に発生したアメリカ、カルフォルニアでの大災害で、ディーズルーフィングは家主の家財を守りました。

※ディーズ ルーフィング国土交通省認定不燃番号:NM2035/NM1895を取得しています!

■防水性

「時間雨量240ミリ」+「風速40m/秒」(日本の気象観測ではない雨量の風雨にさらされる)となり、

結果は各1000パスカル。合格でした。

また、試験後に表面が乾かぬまますぐに「風速80m/秒」の負圧をかけた結果、(風速80m/秒

⦅時速約300㎞⦆は全ての樹木を根こそぎ吹き飛ばす台風なみ)
<ディブロマット=6500パスカル>
<ローマン=8500パスカル>
<クラシックスタイル=4200パスカル>
<エコグラーニ=4200パスカル>となりました。
※パスカルという単位は、天気予報で使われる hPa (ヘクトパスカル) の1/100です。

■断熱

 

表面の石粒が鋼板の熱伝導を低くし、夏の部屋の暑さを屋根がやわらげてくれます。屋根材と下地の間に

空気層を十分に確保できるため、熱を逃がす効果もあります。
接着してある表面の石粒により表面積が広がり、放熱効果も期待できます。

■遮音性

雨の日に気になる雨音を軽減する表面の石粒が雨粒を拡散するので、音の原因である”共鳴”を抑える機能

あります。

雨音や外からの雑音がこれまでの金属屋根とは驚くほどに違います。

 

この様に、地震災害・台風災害などが多い日本の環境では十分に機能が発揮できる屋根材となっています。

屋根の葺き替えをお考えのみなさんには、是非「ディーズルーフィング」の屋根材をお勧めいたします!

 

いつも見てくれてありがとうございます♪

屋根や外壁の「困った!」はグラスビトウィーンにお気軽にご相談くださいね!🤗

    

グラスビトイーンのMちゃんでした!🤗

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************

ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「
屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと
いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と
入力して送信してください。

**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!