町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 外壁塗装 > 外壁塗装の今流行りのDIYがオススメできない理由!!

外壁塗装の今流行りのDIYがオススメできない理由!!

外壁塗装は、どうしてもかなり費用がかかってしまいます。
そのため、DIYでしようとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。
たしかに、人件費はカットできますが、あまりおすすめできない点も多いです。
そこで今回は、外壁塗装でのDIYがおすすめできない理由をご紹介します。

 

□DIYをする場合のデメリット、作業時間がかかる点

まずデメリットとして押さえておきたいのが、時間がかかる点です。
専門の業者でも、複数人でこなして数週間かかります。
それを経験のないご自身が1人でこなそうとすると、単純に数倍かかることは理解できるでしょう。
そのため、DIYでは思っているよりも時間を要すると考えておきましょう。

当然ですが、経験のなさは質にも影響します。
塗りムラができたり、一部が割れていたりすると美しい印象は抱かないですよね。
周りから見える場所のため、慎重に進めていきたいものです。
仮に大丈夫そうでも、質の良し悪しは数年経過してわかることが多いです。
実は頑丈な塗膜ができておらず、数年後に塗り直しの必要になるかもしれません。
その場合には、また塗装に時間がかかってしまいます。

 

□自分ですると高くつき、危険でもある?

外壁塗装をDIYでする理由の1つに、人件費などのコストをカットすることが挙げられます。
しかし、材料費や道具などは、そろえる必要があるため、ある程度の出費は覚悟するのが大切です。
また、費用をカットできるのは、業者と同じように長持ちした場合に限ります。
質が低く、数年で塗り替えを繰り返していると、長い目では高くついてしまうのです。

そして、外壁塗装をご自身で行うことには、危険が伴います。
具体的には、塗装するときには高所から落ちる危険です。
塗装するときに、足場を借りると相当な費用がかかるため、代替案をお考えかもしれません。
しかし、足場以外のものでは足もとが不安定で、美しく塗装するのは難しく、転落するリスクが高まります。
これから新しい外観の家で暮らす前に、怪我はしたくないですよね。
DIYでする場合でも、必ず安定した状態にするために、足場を設置して慎重に進めることが大切です。
高圧洗浄や補修などの必要な作業も、高所での作業のため、常にリスクが伴います。

 

 

□まとめ

今回は、外壁塗装でのDIYがおすすめできない理由をご紹介しました。
DIYでは、手間が非常にかかるだけではなく、危険が伴います。
また、質が低いと長い目での出費が増えるため、専門の業者に依頼するのがおすすめです。

 

«  ||  »

無料屋根診断
pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!