町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 町田市・横浜市で屋根塗装?カバー工法?葺き替え?屋根修理をする際に知っておきたい3つの工法!!

町田市・横浜市で屋根塗装?カバー工法?葺き替え?屋根修理をする際に知っておきたい3つの工法!!

塗装?葺き替え?屋根工事をする際に知っておきたい3つの工法

 

先日、お客様から
「やっぱり・・・うちの屋根は塗装も必要ですか?」
と尋ねられました。

この方は数社から外壁塗装の見積もりを受け「屋根も一緒に施工した方がお得ですよ」と言われたようで塗装をするかどうか悩んでおられました。

確かに、一緒に施工すれば、足場代を節約できてお得になる事もありますが・・
理由が“お得”だけで、屋根塗装が必要だと判断されるには少々、問題があります。

屋根は雨風や紫外線を直接受けるので劣化を避けられませんし、破損すれば雨漏りの原因の1つになる事も確かですが、その工事方法が必ずしも塗装工事とは限りません。

今回はお客様の例をとってカラーベストの屋根工事について正しい知識をお伝えしたいと思います。

 

屋根材のカラーベストって?

 

カラーベストとは“平型化粧スレート”の事で屋根材の一種です。セメント、けい砂を原料として、繊維で補強して作られています。カラーベストという名前は、ある建材メーカーのブランド名だったのですが、いまは化粧スレートの代名詞として使われています。

 

自宅の屋根にはアスベストが入ってる?

 

このような屋根材にはアスベストが入っている、として数年前に社会問題化した事をご記憶の方も多いのではないでしょうか。

ご自宅にアスベストが含有する屋根材が使われていたとしても、健康被害には問題はありませんが、知識としては知っておいたほうがいいかもしれません。簡単な見分け方としてはご自宅の図面に書かれている年代と屋根材の名称が以下のものと一致すればアスベストが含有しています。以下はメーカーさんの資料になります。

※図面がない場合などは検査機関にだすと分かるそうですが、特別に理由がないかぎりはそのような事をする必要はないかと思われます。

松下 クボタ

ケイミュー株式会社より抜粋 http://www.kmew.co.jp/kenkai/index.html#title2

 

アスベストの是非はともかくとしてノンアスベストタイプに切り替わった当初は強度のない粗悪品が流通していました。屋根の強度、耐候性だけにかぎって言えばそちらの方が問題があります。

さて、このカラーベストは多くの住宅の屋根材として使われていますが、だからと言って万能な屋根材という訳ではありません。もれなくメリットとデメリットがついてきます。

(メリット)
●耐久性がある
●軽いので耐震対策になる
●デザイン性が良い

(デメリット)
▼メンテナンスが必要
※塗装によって機能が保たれている

 

ここでメンテナンスが必要な事が分かりましたが、塗装によって機能が保たれていくにも限界がありその工事内容に判断をつけなくてはいけません。

 

屋根が出す5つのサイン

 

屋根の塗替え時期としてカラーベストは10年が目安ですよ。と書いてあるのを見たり、言われた事はありませんか?

劣化の速度は、気象環境・屋根の形状、屋根の施工状態で大きく変わるので目安を鵜呑みにするのはお薦めしません。

それでは、何を目安に???と思われるでしょう・・。

答えは“屋根が出すサイン”にあります。安全に屋根に登れる場合は直接。そうでない場合は見積もり時に撮ってもらった写真を頼りに判断してみましょう。

 

①塗装のツヤがなくなっている

②表層の塗膜がなくなっている。

 

③屋根に苔や藻が生えている。

 

④屋根材がひどく剥がれている

 

⑤雨漏りがしている

 

①~③のサインが確認できたら、塗替え時期のサインです。
④や⑤のサインが確認できたら、塗装以外の他の工事が必要になります。

 

もっと大雑把な判断目安を挙げるなら築年数が20年未満なら塗装工事。築年数が20年以上なら、カバー工法か葺き替え工事が一つの基準です。
(築5年でも雨漏りがしていたら塗装工事では直りません。あくまで目安の年数ですのでご了承ください)

それでは、この屋根工事の3つの工法について順番に解説していきましょう。

 

工法その1:塗装工事

 

施工前 施工後

 

屋根にペンキを塗る工事です。“色あせして、みすぼらしいから塗装する”というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。それはそれで美観を維持するという一つの目的ではありますが、塗装は単に絵の具のように色付だけをするものではなく、最近では塗料そのものに機能があるものを使用しています。何を使用するかにもよりますが、屋根塗装によるメリット・デメリットをあげてみましょう。

 

(メリット)
●屋根の工事の中では最も低コスト(安い)
●屋根材の保護ができる
●美観がよくなる
●遮熱性・断熱性が高まる(種類により)

(デメリット)
▼雨漏り防止の効果としてはうすい
▼雨漏りがしていたら直らない

 

現在の屋根用塗料の主流は遮熱塗料や断熱塗料です。

・遮熱塗料とは?
太陽光を効率よく反射し、屋根表面温度を低減することができます。

・断熱塗料とは?
熱伝導率が低い素材を使用し、熱を伝わりにくくし室内への熱流を抑えます。

作用は違いますが、どちらも目的は同じです。
建物内の温度上昇を抑制し、冷房費の削減につながり節電効果を目的としています。

屋根塗料の代表的なメーカーと商品名をあげてみます。

・株式会社日進産業・・・ガイナ
・日本ペイント株式会社・・サーモアイシリーズ
・エスケー化研株式会社・・クールタイトシリーズ
・日本中央研究所・・アドグリーンコート

 

工法その2:カバー工法

 

施工前 施工後

 

元の屋根を撤去することなく、その上から新しい屋根材を取り付けて覆うのがカバー工法です。屋根を屋根で覆う(カバーする)=屋根を重ねて葺くので“重ね葺き”とも呼ばれます。

これにもメリットとデメリットがあります。

(メリット)
●既存の屋根材の撤去が無いので費用を抑えられる
●屋根材の撤去が無いので工事期間が短くなる
●屋根材が二重になるので遮音性・断熱性が向上する

※さきほども申しましたが、2004年以前に施工された建物にはアスベストを含んだ建材が多くカラーベストにも例外なくアスベストを含んだものがあります。アスベストを含んだ屋根を解体・処分するには高額な費用が発生しますが、この工法であれば、その費用がかかりません。

(デメリット)
▼この工法が出来ない場合がある(既存の屋根が日本瓦、モニエル瓦など)
▼下地の劣化が激しい場合は施工できない。
▼下地の凸凹はそのままでます。
▼軽微ではありますが屋根材が二重になるので重量が増加してしまう

 

カバー工法に用いる代表的な屋根材のメーカーと商品名

・アイジー工業株式会社・・ガルテクト
・ニチハ株式会社・・横暖ルーフ

 

工法その3:葺き替え工事

 

傷んだ屋根材を取り外し、新しい屋根に乗せ替える工法です。

屋根材だけでなく、下地である野地板や防水シートも一緒に取り換えるのが一般的です。屋根が新しくなるので建物の耐久性が向上し、とても良いように思いますが、これにもメリットとデメリットがあります。

 

(メリット)
●建物の寿命が延びます
●軽い屋根材に葺き替えすれば耐震性が向上します

 

(デメリット)
▼屋根材の撤去等がありますので工事期間が長くなります
▼工事の規模が大きくなり費用が高額になります
(屋根材撤去費、人件費、材料費等)

 

屋根工事まとめ

それぞれの工法についてまとめてみます。

工事の種類 塗装工事 カバー工法 葺き替え工事
築年数の目安 15年以内 20年以上 20年以上
 

メリット

・抵コスト・屋根材の保護

・美観の向上

・遮熱性・断熱性の向上

・費用を抑えられる・工事期間が短い

・遮音性・断熱性の向上

・建物の寿命が延びる・耐震性の向上
 

デメリット

・雨漏り防止の効果としてはうすい・雨漏りは直らない ・既存の屋根、下地によっては出来ない。・下地の凸凹はそのままでてしまう。

・軽微ではあるが重量が増加してしまう

・工事期間が長い・費用が高額
工事単価目安 2500円/㎡~ 8500円/㎡~ 12000円/㎡~

 

ベストな選択を

 

屋根1つにとっても工事方法の選択肢があり、使う素材の選択肢がありメリット・デメリット、出来る事、出来ない事があります。見積もりをされた時に、単に目先のお得感だけを工事の判断にされるのではなく、きちんと説明を受け、条件を判断し工事の選択をしてください。

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2}お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

«  ||  »

無料屋根診断