町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 町田市・横浜市で屋根カバー工法でスーパーガルテクトの魅了は!?

町田市・横浜市で屋根カバー工法でスーパーガルテクトの魅了は!?

金属屋根材でカバー工法を行うメリット・デメリットとは

現在、金属屋根を使用した屋根リフォーム工事(屋根葺き替え・屋根カバー工法)が人気なのはご存じでしょうか?
金属屋根と聞くと、「錆びないの?」「どういったメンテナンスが必要なの?」
と疑問に思われる方も多くいらっしゃるでしょう。
以前は、安価で施工しやすいといった理由から、トタン屋根が主流でしたが、錆びに弱いのが弱点でした。
それを解消するべく製造されたものが、ガルバリウム鋼板で現在、金属屋根の主流となっています。
錆びに強く、非常に軽量なガルバリウム鋼板は、耐久性・耐震性の両方に優れていますので
屋根カバー工法にも適しています。

金属屋根材には、色々な商品がありますが、今回はグラスビトウィーン でもお薦めしている

「スーパーガルテクト」についてご紹介したいと思います。

合わせて、金属屋根で屋根カバー工法を行うメリットやデメリットもご紹介しますので

金属屋根への屋根リフォーム工事を検討している方は是非、参考にしてみてください。

スーパーガルテクトの魅力をご紹介

 

スーパーガルテクトとは?

アイジールーフのスーパーガルテクト スーパーガルテクトの屋根

スーパーガルテクトは、アイジー工業株式会社が製造・販売している金属屋根材です。

屋根材と断熱材を一つにした独自の構成により、軽量で優れた遮熱性・断熱性を発揮します。

表面には超高耐久ガルバが用いられており、通常のガルバリウム鋼板に比べて3倍以上の寿命も期待できます。

そんなスーパーガルテクトには、「スーパーガルテクト」「スーパーガルテクト フッ素」「スーパーガルテクトC」といった

3つの商品があります。

通常のスーパーガルテクトも耐久性に優れていますが、フッ素と3コートの塗膜構成で

さらに耐久性を高めたものがフッ素です。

また、狭小地の現場にも搬入しやすいよう、コンパクトにしたものがスーパーガルテクトCになります。

超高耐久ガルバ・・・ガルバリウム鋼板(55%アルミ・亜鉛合金メッキ鋼板)にマグネシウムを2%添加することにより、めっき層をより強化したも。

スーパーガルテクトの魅力

高い断熱性と遮熱性

スーパーガルテクトは紫外線を断熱・遮熱します 紫外線を断熱・遮熱することで室内温度を快適に保ちます

上記でも記載したように、スーパーガルテクトは屋根材と断熱材が一体化したものになります。

また、表面は遮熱塗料で仕上げられていますので、遮熱効果にも優れています。

夏場は室内温度を下げ、冬には室内温度を保ちますので、1年中快適に生活することができます。

優れた耐久性と安心の保証付き!

スーパーガルテクトは安心のメーカー保証付き メーカー保証が長期間付いているので工事後も家族で安心して生活できる

スーパーガルテクトの表面には、ガルバリウム鋼板よりも優れた『超高耐久ガルバ』が使用されています。

ガルバリウム鋼板にマグネシウムを添加し、防錆力も強化されていますので、塩害が心配な地域でも安心して使用できます。

また、様々なメーカー保証(塗膜変褪色保証・赤さび保証:20年 穴あき25年保証)が付いているのも魅力の一つです。

長期間保証が付いていますので、工事後も安心ですね!

軽量設計なので耐震性にも優れています

金属屋根は軽量なので耐震性を向上させることができます 屋根カバー工法はコストカットが期待できます

スーパーガルテクトは、1平方メートルあたり5kgと超軽量です(日本瓦の1/10程の重さ)。

屋根は軽ければ軽いほど、建物の重心が低くなり、地震発生時の揺れ幅も小さくなります。

つまり、建物への負担を軽減することができるのです。

また、軽量な屋根材は、屋根カバー工法にも適しており、葺き替えよりも低コストで工事が行えるのも魅力です。

金属屋根で屋根カバー工法を行うメリット・デメリット

現在、金属屋根材で屋根カバー工法を行う方が増えていますが、工事を行った場合

どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

屋根カバー工法を検討している方は、しっかりと把握しておきましょう。

藻が発生したスレート スーパーガルテクトで屋根カバー工法を行った屋根

(写真:スレート屋根から金属屋根へカバー工法を行った屋根)

メリット

断熱効果が上がる
屋根カバー工法は、既存の屋根材の上から新規屋根材で覆いますので、屋根が二重になり厚みも増します。

その結果、断熱効果も高まります。断熱材付きの金属屋根を使用すれば、更に断熱効果は向上します。

工事費用が抑えられる
カバー工法を行った場合、既存の屋根材を撤去する必要がありませんので、撤去に掛かる費用を抑えることができます。

工事期間の短縮が期待できる

屋根カバー工法は、葺き替えに比べて短い期間で工事を行うことが可能です。

デメリット

かん合式の場合、部分的な修理が難しい金属屋根材には、屋根1枚1枚を引っ掛けあわせて張り付ける『かん合式』タイプがあります。

かん合式は強風に強いメリットがある反面、部分的に剥がれてしまうと、その周囲の屋根材も剥がさなければ、修理・交換が難しいこともあります。

また、軒先が剥がれてしまった場合、屋根面全てを剥がさなければいけなくなることもあります。

施工できる職人が少ない
金属屋根材でカバー工法を行うのは、瓦葺き業者でも塗装業者でも無く、板金工です。

板金工は、それらの業者に比べて少ないので、中には工事を請け負っていない屋根業者もあるでしょう。

私たちグラスビトウィーン では、金属屋根へのカバー工法も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

 

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

 

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2}お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断