町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > ~モルタルひび割れ原因と補修方法~

~モルタルひび割れ原因と補修方法~

皆さんこんにちは!

外壁塗装担当のMです!

 

外壁には多種多様に様々な種類の素材があります。

主に、

窯業系サイディング

金属サイディング

モルタル

タイル

ALC

になります。

 

今回はモルタルについて解説いたします!

 

モルタルとは、セメント1に対して砂を3の割合で混ぜ、水を追加して練り込んだ建築材料を指します。セメントは、石灰石や石膏を焼いて粉末にしたものです。最近では「防水セメント」といって、防水性に優れたモルタルも存在します。

混同されやすいコンクリートは、モルタルの原料に加えて砕石や砂利が高い割合で混入され、強度設計されたものです。

モルタル外壁は何層かによって構成されています。もっとも内側に透湿防水シート、その上に「ラス下地板」という板が張られています。最後に防水紙をかぶせ、これに「ラス」という金属製の網を張ります。これによって垂直の壁でモルタルが密着しやすくなり必要な厚さを確保することができます。

モルタル外壁は仕上げの種類が豊富で、自由にデザインできるというメリットがあります。サイディングがボードとボードの間にシーリングの目地があるのに対し、モルタル外壁は目地がないため美しく高級感のある仕上がりとなります。

 

モルタルのメリット

モルタル外壁には、「昔の外壁材」「地震に弱い」というイメージが先行しているようで、誤解や過小評価されている部分があります。
ここでは、正しい情報をもとにメリットを挙げていきます。

不燃性で有毒ガスを発生しない

昭和の時代にモルタルが支持されたのは、関東大震災や空襲でたくさんの木造建築が倒壊してしまったことが背景にあります。原料はすべて不燃性で「セメント」「砂」「水」です。万一の火災の際も、モルタルから有毒ガスは発生しません。

簡単には破損しない

「台風」「竜巻」により飛来物が建築物に衝突します。モルタルはそのような力が加わった場合でも簡単には破損しません。

バリエーションが豊富

モルタルというと、「灰色(ライトグレー)」というイメージを持つ方が少なからずいます。しかし、実際には豊富な色や模様を選択することができるのです。

モルタルデメリット

ひび割れしやすい

モルタル外壁の第一のデメリットは「ひび割れしやすい」ということです。
「クラック」と呼ばれています。
原因はさまざまですが、経年劣化・乾燥・地震・地盤沈下の影響によるものです。クラックは現象の大きさや状態によって、2種類に分けられています。

ヘアークラック
・幅:0.3mm以下
・深さ:4mm以下

壁の内部の鉄骨が錆びることはなく、急いで補修する必要はありません。ただし、塗装を行う場合は、同時にクラックの補修作業が必要です。

構造クラック
・幅:0.3mm以上
・深さ:深さ4mm以上

ひび割れが大きいため、雨水の侵入率が高まります。そのままの状態にしておくと、建物内部が腐食したり鉄骨が錆びることがあるため、シーリング(目地材をクラックに充填する作業)で補修する必要があります。

チョークの粉のようなものが発生する

太陽の紫外線によって塗料の樹脂が劣化すると、モルタル外壁の防水性が失われていきます。壁を触ると、手のひらにチョークの粉のようなものがつきます。この劣化状態が「チョーキング(白亜化現象)」と呼ばれる症状です。

セメントが主成分のモルタル外壁は、防水性を失うと雨水を内部に侵入させてしまいます。チョーキングが確認されたときは、いよいよ外壁塗装が必要な時期と考えて良いでしょう。

雨水の跡がつく

雨が降った跡が残っている外壁を見かけたことはありませんか。

これは窓や開口部に溜まった汚れが、雨水によって壁に流れることで起きる現象です。通称、「雨だれ」と呼ばれています。

住宅の耐久性には支障はありませんが、外観の美しさを損なうのは否めません。雨だれはブラシで洗っても簡単にはとれませんから、再塗装するタイミングでは汚れがつきにくい低汚染塗料を使用すると良いでしょう。

「浮き・剥がれ」の劣化症状

劣化がさらに進むと、外壁の塗膜が浮き上がったり剥がれてしまうことがあります。この状態になると、モルタル外壁の防水性はほとんどありません。塗膜が剥がれた箇所から雨水の侵入が避けられないため、すぐにでも補修を行うべきタイミングです。

どんな外壁材でもメリット、デメリットはあります。

 

モルタル補修方法

ヘアークラックの場合は弾性塗料やシーリング材などで補修は可能です。

構造クラックの場合はひび割れが大きい為、溝にしっかりと補修材を注入する必要があります。

当社ではひびの大きさによりHSS工法で行います。

HSS工法とは、防水を目的とした工法です。
ひび割れに対しUカット・Vカットをせず、ノーカットで1液弾性エポキシ樹脂を圧入します。ひび割れ幅を拡張させないため、補修跡がほとんど目立ちません。
専用エポキシ樹脂は、ひび割れ内部が湿潤状態であってもしっかり硬化する湿気硬化型です。また、構造的クラック等の場合、二次裂化を発生させない微弾性タイプです。
また、塗装塗膜をもって仕上げ処理した場合に一番の注意事項であるブリードが一切ないノンブリードタイプです。

 

補修前

補修後

 

 

下地処理

 

 

ひび割れ補修後に塗装をしてあげることにより防水機能が復活するので、ひび割れの進行を止めることができます!

ひび割れの補修後も目立ちにく美観も守れるので塗装工事は最も有効なメンテナンスになります!

モルタル維持のコツは、定期的なメンテナンスです。

信頼できる会社で点検やメンテナンスを依頼して良い状態のモルタルを保っていきましょう!

 

 

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2}お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!