町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 町田市・横浜市で雨漏れの原因になる箇所って何処??

町田市・横浜市で雨漏れの原因になる箇所って何処??

皆さんこんにちは!

雨が多くなる前に知っておきたいポイントです。

なぜ雨漏れはしてしまうのか注意箇所のお話です。

いったい何処から侵入してくるのか写真で分かりやすいように解説していきます。

外壁の貫通部分からの雨漏り

cause_kantu
屋外に取り付けられている、換気フードや外構テラス、電気配線など、1次防水となる外装材に穴を開けて取り付けられている箇所。

通常、これらの部分は、シーリング処理が施されていますが、シーリング処理が行われていない場合や、シーリングそのものが劣化して切れている場合に雨漏りが発生しやすいです。

また、換気フードのかぶりが浅いと、横から雨が吹き付けたり、下から巻きあがる雨水は侵入することもあります。

サイディングの出隅からの雨漏り

cause_desumi
サイディングの出隅で装飾タイルが取り付けられている状態でしたが、透湿防水シートの継ぎ目から雨水が侵入することがあります。注文住宅でデザイン性を重視したばかりに、雨仕舞が適切に施されておりませんでした。

サイディングの目地からの雨漏り

cause_meji
サイディング材の継ぎ目に見える割れや破損などに注意が必要です。

 

下屋と外壁取り合い部分からの雨漏り

cause_geya
外壁に接する下屋の軒先付近は、先張り防水シートの施工手順を間違えると、高い確率で雨漏りがする箇所です。正しい手順で施工されていない住宅で、雨漏りが発生しているのをよく見ます。

太陽光による貫通部分からの雨漏り

cause_soler
こちらは屋根の貫通部分になる太陽光パネル。外壁の貫通部分と同じく雨漏りリスクの高い箇所です。1次防水となる屋根材に穴を開けて基材を取り付けるため、きちんと処理をしなければ、雨漏りの原因になります。

窓周り(サッシ、窓枠)からの雨漏り

cause_mado
建物の開口部分となる窓周りからの雨漏り。この箇所の雨漏りは、多くが新築時の施工ミスです。

また、増改築などの工事を行う際に防水シートが切れた状態でそのままサッシが取り付けられていたケースや、継目の未処理、塞いではいけない個所にシーリング等の処理をして、雨水の逃げ道を断つなど要因で雨漏りを誘発してしまう場合あります。

バルコニーからの雨漏り

cause_balcony
外壁部分との取り合いや部材接合部の三面交点部分、笠木、窓枠開口部分の貫通部や隙間、床の防水層の不具合などが考えられます。

トップライトからの雨漏り

cause_toplight
トップライトは、デザインや機能性を重視しておりますが、不必要な開口部分ともなるので、建物に穴を開けるという意味では、雨漏り発生要因として非常にリスクの高い部位です。

 

 

皆さんの家は大丈夫ですか?

雨漏れする箇所を覚えておきましょう!

 

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2}お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!