町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > バルコニーの防水劣化で雨漏れが心配!ベランダ防水について①

バルコニーの防水劣化で雨漏れが心配!ベランダ防水について①

気が付いてみたら、今年もあと三週間 早いですね。

また、年を取ってしまう・・・・・

営業販売のSです。

前回まで、ベランダ外壁の補修工事のお話をしてきましたが、

ベランダ防水について、私の知っている範囲の知識でお話しします。

 

ベランダ・バルコニーの床面は、下地の上に防水層を作り、その表面

にトップコートを塗ってできています。

防水層の種類は、ウレタン防水・FRP防水・シート防水・アスファルト防水

が、バルコニー・ベランダの防水層に使われています。

 

(トップコートが劣化した、FRP・ウレタン防水)

 

トップコートは、防水層を紫外線から守る役割があります。

防水層の寿命は、10~15年、素材によって幅はありますが紫外線劣化で

ひび割れなどが発生する前にリフォームをお勧めします。

トップコートの色褪せは、機能低下のサインです。

ひび割れ、剝がれ、膨れの箇所が出てしまったらトップコートだけでなく

防水層も痛んでいます。

ベランダ床の防水性が無くなると、雨漏れを起こして前のベランダ雨漏補修

で見て頂いた様な、柱や梁の劣化につながります。

 

トップコートの種類には、

ポリエステル系(新築時に使用、硬い素材で劣化すると割れやすい)

ウレタン系(リフォームに使用、各防水層と相性が良く伸縮性に優れている)

があります。皆さんのお家では、トップコート劣化は見られませんか?

グラスビトウィーン ではベランダ屋根・外壁などその他様々な外装リフォームで

お困りのお客様に様々なメンテナンス方法をご提案いたします。

お悩み事があればグラスビトウィーンへお気軽にご相談ください!

 

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

«  ||  »

無料屋根診断