町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 雨漏れの心配なお客様必見です!!屋根葺き替え編 費用

雨漏れの心配なお客様必見です!!屋根葺き替え編 費用

屋根葺き替え

屋根のひび割れ

屋根のひび割れ

瓦割れ・剥がれ

瓦割れ・剥がれ

漆喰剥がれ

漆喰剥がれ

雨漏りが起きてからでは、工事費用は高くなります。
そうなる前に早めの点検をおススメします

早めの点検をおススメします

屋根の葺き替え工事は、既存の屋根を剥がし、新しい屋根に葺き替える工事です。屋根のリフォーム工事の中でも、一番メリットが多い工事でもあります。
ただ、費用もその分高くはなります。しかし、今後のメンテナンスを考えると、安くつく場合もありますので、屋根の状況とお客様のご要望を伺ったうえでご提案しております。

屋根葺き替え工事のメリット

30年以上の耐久性

30年以上の耐久性

屋根材はもちろん、その下に隠れている野地板、防水シートまで交換できるため、長い耐久性が期待できます。先々、塗装などで定期的にメンテナンスすることを考えれば、結果的に安くなる場合もあります。

屋根の軽量化で耐震対策

屋根の軽量化で耐震対策

屋根を軽量化することは、地震にも強くなります。屋根が重いほど、建物は揺れやすくなり、家の柱や基礎などの骨格部分にかかる負担も、それに比例して大きくなります。

屋根が美しくなる

屋根が美しくなる

お住まいの外観もとても重要ですよね。屋根は普段見えにくいものの、家のイメージを決めるポイントになります。近年はおしゃれな屋根の工事も増えてきています。

  • 長期的にメンテナンスコストは安い
    屋根材の種類 目安となる年数
    瓦屋根 50年
    スレート屋根 15~30年
    金属屋根 20~50年

    屋根は10年に一度のペースで塗装などのメンテナンスが伴います。しかし、葺き替えの場合は、メンテナンスコストが安く済むため、長い目で見れば得になることもあります。
    また、雨漏りの心配が一番なくなる工事とも言えますね。

  • 屋根葺き替えで地震に強い家に
    30坪の住宅の例

    屋根の重さが1/10になります。

    日本瓦は耐久性が高く、屋根材として非常に優れていますが、重量が重いという欠点があります。屋根材が重いと、建物の重心が高くなり、揺れが大きくなってしまいます。
    そこで、近年は瓦屋根からスレートや金属への葺き替えを希望される方が増えています。軽い屋根材なので、建物の重心が低くなり、耐震性を高めることができます。

  • 屋根が美しくなる
    屋根が美しくなる

    屋根にはいろいろな種類があり、日本瓦、セメント瓦、スレート屋根、金属屋根など、いろいろな屋根材があります。当社は、瓦屋根の葺き替えも、金属屋根や、スレート屋根もすべて対応可能です。また、各メーカー、デザイン性の高い屋根材もあります。
    葺き替えをご検討の際は、デザイン屋根もご検討されてもいいと思いますよ。

屋根葺き替えの費用について

カラーベスト・コロニアルの
葺き替え
ガルバリウム鋼板への葺き替え
屋根材本体とその施工費用 4,000~5,000円/㎡ 7,500~12,000円/㎡
既存屋根の撤去・廃棄 2,000~3,000円/㎡ 2,000~3,000円/㎡
下地工事(増し張り) 2,000~3,500円/㎡ 2,000~3,500円/㎡
防水シート(ルーフィング) 500~1,000円/㎡ 800~1,800円/㎡
役物工事(部位別) 1,000~3,000円/m
(軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。)
1,000~4,000円/m
(軒先水切り、棟包み、ケラバ、雨押え、壁捨て板など屋根の形状や内容により異なります。)
合計(消費税別) 10,000円~15,000円/㎡位 12,000円~20,000円/㎡位
その他に掛かる費用 雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など 雪止め、発生廃棄物・搬入費・諸経費・足場代など
一棟一棟、状況によって費用は異なりますので、詳細についてはお見積り致します。 屋根外壁0円点検・無料見積りをご利用下さい。****************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
****************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!