町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根工事 > 屋根の【防水】はルーフィングのお陰で雨漏りから守ってくれています!!

屋根の【防水】はルーフィングのお陰で雨漏りから守ってくれています!!

屋根のリフォームや修理を考えた時にはネットなどでどのような工事が良いのか?価格帯はどのような物なのか?いろいろ調べてみますよね。そんな時に必ず出てくるのが『ルーフィング』という言葉。必ず登場するということは重要な物ということは何となくわかるけど、正直『ルーフィング』って何なのかわからないと言う方も多いのではないでしょうか?
『ルーフィング』は屋根を作る上では非常に重要な材料であり、日々風雨にさらされる屋根が雨漏りしないのはルーフィングのおかげと言っても過言ではありません。しかし『ルーフィング』は瓦やスレート材・ガルバリウム鋼板等の下に施工されているもので表には見えないので一般の人にはあまり知られていない部材でもあります。そこで今回は、『ルーフィング』の「目的」や「種類」等の基礎知識をご紹介したいと思います。

そもそも『ルーフィング』って何?

それではまず、『ルーフィング』って何?見たことないけどどこの部分なの?という疑問にお答えしたいと思います。『ルーフィング』とは、瓦やスレート、ガルバリウム鋼板など屋根材の下に敷くシート状の防水建材の事です。『ルーフィング』には様々な種類が存在していますが、現在、最も普及しているのは『アスファルトルーフィング』と呼ばれるもので、シートにアスファルトを染み込ませて防水性を高めています。因みに『ルーフィング』の語源は、屋根の英語訳「roof」に「ing」をつけて「roofing」だそうです。

ルーフィングの目的

『ルーフィング』を屋根に敷く目的は上述の通り『屋根の防水』につきます。一般の方であれば屋根の防水は瓦やスレート、ガルバリウム鋼板などの目に見える屋根材が行っていると思うかもしれませんが実際にはそれは間違いです。
もちろん屋根材もある程度の防水機能は持っており、小雨程度の雨であれば屋根材の上を通って雨樋まで雨水は流れていきます。しかし、大雨や暴風雨の時などには屋根材の下に雨水が侵入することは頻繁にあります。その場合、『ルーフィング』は屋根材で防ぎきれなかった雨水をそこで防ぎ、屋根材の下を通して軒先まで排出する働きを持っているのです。屋根材はあくまでも建物の見栄えを良くするための化粧材であるという事を忘れないようにしましょう。

『ルーフィング』の種類

一言にルーフィングと言っても種類はもちろんあります。ここでは現在多く普及している2種類のルーフィングの特徴をご紹介します。

アスファルトルーフィング

ほとんどの新築工事にも使用されるのがこの「アスファルトルーフィング」です。アスファルトルーフィングは「アスファルト」をシートに染み込ませて両面に鉱物質の粉末を付着させた防水シートです。アスファルトと聞けば道路を思い浮かべる方が多いと思います。実は正解で道路に使用されているアスファルトと同様の物が使われています。アスファルトルーフィングは施工後約10年で耐久性が大幅に低下します。

P改質アスファルトルーフィング

別名で「ゴム・アスファルトルーフィング」「ゴムアス」等と呼ばれるルーフィングで、その名前の通りアスファルトに合成ゴムや合成樹脂を混ぜたものです。改質アスファルトルーフィングは合成ゴムなどを混ぜることによって、対流動性・耐摩耗性・耐剥離性・付着性・たわみ追従性などの性能が向上しています。その為、ルーフィングを固定する為に打ち込むタッカー(ホッチキスのようなもの)穴等からの浸水も最小限に留めることができます。材料費は『改質アスファルトルーフィング』の方が高価ですが、寿命が20~30年と長くなります。

『ルーフィング』施工の注意点

今回は屋根の雨漏りから住まいを守ってくれる『ルーフィング』の基礎知識についてご紹介しました。上述した通り、屋根の雨漏りから最終的に建物を守っているのは『ルーフィング』と言われる建材となります。その為ルーフィングの施工については最新の注意を払って行う必要があります。施工時に霧雨や小雨などの弱い雨の場合であればルーフィングの施工を行っても基本的に問題はありませんが、強い雨の場合は施工中にルーフィングの隙間から雨水が侵入してしまい野地板を濡らしてしまう可能性が高くなります。その場合ルーフィングは水を通さない材質の為、野地板の水分が逃げず、野地板の腐食をまねく恐れが高くなります。近年、天気予報が発展していますし、強い雨ふりの予報と施工が重なっていたら施工業者にきちんと確認しましょう。もちろん施工中のルーフィングに穴あきや隙間を見つけた場合はすぐに現場責任者に確認するようにしましょう。そのまま工事が進んでしまうと屋根材の施工も終わり補修も難しくなります。

 

 

グラスビトウィーンは自社で職人を雇っている町田の屋根修理施工業者・外壁塗装施工業者です

自社に職人がいますので、他社と違い中間マージンが発生いたしません。

自社施工で高品質、別の業者が入ることがないため工事コストの削減が可能です。

ぜひ相見積もりをお取りください。

 

 

 

グラスビトウィーンではドローンを使った無料屋根点検を行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら町田市で屋根・外壁リフォーム実績No.1のグラスビトウィーンまで、お気軽にお問合せください。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現