町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 屋根工事 > あれっ、関東も梅雨入り!?えっ、訪販営業はどうなのでしょう?

あれっ、関東も梅雨入り!?えっ、訪販営業はどうなのでしょう?

みなさんこんにちは!

事務のK子です🐥🐥🐥

今日から続く雨。
梅雨前の雨かと思いきや、いきなりの関東の梅雨明け宣言!
昨日までの予報は何だったのでしょうね。

そんな雨が続く前の最後の晴れ間だった昨日の出来事。
15時ごろでしょうか、

「ピンポーン」と前のお宅のチャイム音が聞こえてきました。
そしてインターホン越しに聞こえてきたのが、
「以前にもお邪魔させて頂きました◯◯市の◯◯塗装です。」と。

そのお宅のご主人の返答が
「今は考えていないから結構です。」と穏やかな声で丁寧に返答している声が
聞こえてきました、
もう、20年近い付き合いなので、よく知っているご主人。
いつも静かで穏やかな性格な方です。
いつものご主人だな〜と何も気にせず。

その後も、お構いなしに何やら、一方的にいかにも明るく話を続けていく営業マン。

そう、みんなインターホン越しです。

そして、営業マンの話の一瞬の間に一言。

「やめてくれ!」

ご主人の大きな声が!!

私の自宅の窓越しでもはっきりと聞こえてくるくらいの
大きな声が聞こえてきました。

我が家では、前のご主人があんなことを言うんだと、
20年近くに暮らしていてもわからなかった一面を見てびっくり。

そんなご主人の一面を引き出した営業マンはある意味さすがですよね。

ここで気になるのは下記の2点。
1)以前、一度断れているにも関わらず再度訪問してきたこと。
2)ご主人が断っているのに、構わず話を続けてきていること。

これ、実際に昨日、私が見たことです。

こんなこと言うと、訪問営業が全部悪い!
そんなように聞こえるかもしれませんが、
そうではなくて、考えてほしいのは、
きっとうちの前のご主人やそれを聞いていた家族は、
あの後、嫌な気分になり、せっかくの休日が台無しになったのではないかなと。
何だかそこが不憫に感じてしまいます。

訪問して営業するって、その業者の勝手ですが、
見ず知らずの相手を、不愉快にして帰っていく。
そんなことって許されるのかな。

そんな私のところにもその夕方、訪問営業がやってきました。
今度は、桑の葉茶の訪問販売です。

もちろん丁寧にお断りしましたが、その営業マンは丁寧に、
対応したお礼を言って、しつこくせず帰っていきました。

そんな営業マンを見てると、
簡単に引き下がっては受注が取れない。
しつこく、強引に営業してやっと1人前の訪問営業だ!と
そんな上司の言葉が聞こえてきそうですが、
相手を不愉快にさせてまで受注して、どうなのでしょうね。

今では、若さと勢いだけが売りの、施工の知識もないきっかけだけを作る営業マンもいますし、
その後の契約専門の営業マンなど
訪問営業といってもさまざまな営業マンがいらっしゃいます。

みんな全ての訪問営業が悪いわけではないでしょうが、
どうせ訪問営業するなら、きちんと事前に勉強し、きちんと企業努力をしてから
ある程度のマナー、節度を持って訪問営業してほしいと思います。

「いやいや、そんな営業マンはたまたまだよ!」
「そんなひどい営業マンは滅多にいないよ!」

そんな声を1度でいいから聞こえてくるような、
業界になってくれると嬉しいですね。

まさか、こんな私の目の前で実際にやり取りを目にすることがあるなんて
思わなかったのでびっくりした日曜日でした。

休日くらいゆっくり家族で気持ちよく過ごしたいものですね。

事務のK子でした🐥🐥🐥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断