町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 工事ブログ > 外壁塗装の契約の前に

外壁塗装の契約の前に

事務のK子です🐥🐥🐥

最近は外出自粛、テレワークなどで自宅にいる時間が長いせいか、
お見積もりの依頼が増えてきています。
これから梅雨の時期を迎える今がさらに増えてくるのかと思います。

弊社としては嬉しい限りですが、その中でやはり他業者さんの近所の噂とか、
お客様が我々に対する不信感が例年より増しているような気がします。

いまだに、訪問営業が盛んなこの塗装業界。
クーリングオフなど色々と対策はできたものの、
あの手この手で強引に受注しようとしているようです。

もちろん、受注することには何も問題ありません。
問題なのはその後の施工ですね。

最近ではお客様から下記のようなことを耳にします。
近所の方から情報を仕入れようとした際に聞いた話のようです。

「素人から見ても、ただ水をかけただけで、短時間で高圧洗浄が終わった。」
「施工後に友人が自宅にきて、ひび割れが多数あるまま塗られてしまっていると」
「明らかに工程が早すぎる。」
「工事が始まった途端、営業が一度も来ることがなく、誰からも工事の途中報告がなく
何回塗られたわからない」

まだまだほかにもあるのですが、これは全て施工時、施工後の問題です。

契約した後の問題で、素人である一般のお客様にはちょっと判断しずらい内容でもあります。
また工事途中に細かい作業のチェックもなかなか難しいですよね。
話かけづらいでしょうし。

でも、中には見積もり時にわかることもあります。
あとは契約前に営業マンがどのような内容を話をしたか?
そこから判断できる場合があります。
明らかに大袈裟な話か、契約を急がせるための謳い文句かなど。

おそらく訪問業者が目をつけたお客様ということは
どこかしたら外壁などが痛んでいるのは間違いないかと思います。

でも、そこでどのように補修していくか?
本当にいますぐ必要なのか?
金額は妥当なのか?

そのあたりを注意する必要があると思います。
本来なら、同じ業界である弊社が言うことではないので、
みなさんになんだか申し訳なく思います。

何も弊社に必ずしも依頼することはありません。
ただ、どこかに依頼する際は、面倒なことをお願いして申し訳ないのですが、
このようなことがあることを頭の片隅に置いておき、
契約をする前に、知人、友人など誰か他の方に聞いてみることもいいと思います。
特に高齢者さんは、息子さんや娘さんにも相談してみてください。

中には、きちんとされている業者さんがたくさんおります。
でも、残念ながらあまりいい印象がない現実を
何とか変えていきたい。。。

いつも弊社専務や私たち社員をはじめ、職人同士で話をしています。

だから今は、ブログ担当が日々色々なことを発信できるように
頑張っております。

住まいも快適になり、そして気分も快適になるような外装リフォームが
どんどん広まっていきますように。

事務のK子でした🐥🐥🐥

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断