町田市の屋根工事(屋根葺き替え工事・屋根カバー工法)は株式会社グラスビトウィーンへ > 屋根から雨漏り > 屋根からの雨漏れの原因!雨漏れを見つけたら放置したら大変な事に‼

屋根からの雨漏れの原因!雨漏れを見つけたら放置したら大変な事に‼

雨漏れはどうして起こる?発見したら放置は危険!

雨漏れはどうして起こる?発見したら放置は危険!

雨漏れ注意イラスト画像

◆雨漏れ注意

 

 壁・天井に水シミが!

最近、クロスにシミが浮き出てきた!

雨漏れによるクロスの剥がれとシミ画像

◆雨漏れによるクロスの剥がれとシミ

雨漏れによるクロスの剥がれ画像

◆雨漏れによるクロスの剥がれ

雨漏れによるクロスの剥がれ画像

◆雨漏れによるクロスの剥がれ

雨漏りを経験されているお宅は少なからずあると思います。

誰でも天井や壁にシミができてくると”えっ・・・”と驚きますよね!

濡れた色や輪染みのあと・・・どうしてシミってあんなに嫌な色なんでしょうね?

ホントにがっかりします。

雨が長く続く季節だとわりと気づきやすいかもしれませんが、そうでない時期だと「あれ、あんなシミあったっけ?」といつの雨でできたのかわからないこともしばしばあります。

あれだけ目立つシミでも意外と気づかないというのも不思議です。

ただ、意外と気づかないということからその原因がわかりにくかったり、被害が拡大するという事にもなり兼ねます。

外壁と並んで雨漏りが発生することの多い屋根。

適切な施工が施されている限り、防水シート設置しているので簡単には雨漏りしないものです。

それでも起こってしまう雨漏り、今回はその原因箇所を探索していきましょう

 

雨漏りの原因はどういった場所から水が浸入するのでしょうか?

1スレート屋根での雨漏りの原因

 1-1棟板金の釘の浮き

 1-2棟板金の浮き

 1-3スレートの浮き、ヒビ割れ、一部落下

 1-4葺き足の調整

 1-5スレートの塗装修繕工事の不良

2瓦屋根での雨漏りの原因

2-1瓦の割れ、ズレ

2-2漆喰の崩れ、剥がれ、ヒビ割れ

2-3不適切な瓦屋根修繕工事

3その他の雨漏れ原因

 

 

1スレート屋根での雨漏りの原因

1-1棟板金の釘の浮き

強風による屋根板金の釘の浮き画像

■屋根板金釘の浮き

 

◆経年で抜けかけている板金留め釘

棟板金を固定する釘が浮いている場合に、その釘穴を伝って浸入することがあります。

ただ下には防水シートがあるので簡単には浸水はしません。

浸水の危険が高いのは、築年数が20年を越えるなど防水シートが劣化している場合は要注意です。

■釘浮きの原因 : 経年の温度変化や、釘が打たれている木材の劣化、強風等があげられます。

 

 

1-2棟板金の浮き

強風により棟板金の浮き画像

■強風による棟板金の浮き

 

棟板金そのものが浮いている場合、その隙間から当然雨水が浸入します。

ただ下には防水シートがあるのでまず簡単には浸水しません。

浸水の危険が高まるのは築年数が20年を越えるなど防水シートの劣化が進んでいる場合は、雨漏れの大きな要因になります。

■棟板金が浮く原因 : 強風等

 

1-3スレートの浮き、ヒビ割れ、一部破損

スレート屋根の浮きや、その隙間やヒビ、破損により空いた穴から浸入することがあります。

ただ下には防水シートがあるので簡単には浸水しません。

浸水の危険が高まるのは築年数が20年を越えるなど防水シートの劣化が進んでいる場合です。

■浮き、ヒビ割れ、一部落下の原因 : 強風・飛来物・鳥の落とし物や、屋根に人が上ったときの踏み割れ

強風や地震などで破損した屋根材画像

◆強風や地震などで破損した屋根材

強風により剥がれた屋根材画像

◆強風により剥がれた屋根材

1-4葺き足の調整

スレート屋根を施工する際、横に並んだスレートの下端の線が真っ直ぐにつながるように、出っ張ったスレートを押し込むことを行います。

これが葺き足の調整で、施工時によく行われます。

見た目は良くなりますが、この葺き足の調整を行うとスレートの固定釘も押されてしまい、その釘が緩んだり釘穴が広がってしまうことがあります。

この釘穴部分は下に重なるスレートの上端部分となっているため水が滞留しやすく、浸水することがあります。

この危険を十分に知っていてあえてこれを行わないという職人さんもいます。

■葺き足の調整の原因 : 瓦屋根に比べ簡易な方法で行われるスレートの施工方法では不可避的。

 

1-5スレートの塗装修繕工事の手抜き

縁切りやタスペーサーを使用しない塗装工事が行われた場合、屋根のどこからでも雨漏りが起こる可能性があります。

塗装により水の排出口が塞がれ、スレートの裏側に回った水が滞留し、防水シートの劣化により釘穴やタッカーの穴等から浸水します。

 

■塗装工事の不良の原因 : 施工業者の知識不足、手抜き

 

2瓦屋根での雨漏りの原因

 

2-1瓦の割れ、ズレ

■劣化による瓦屋根の破損

 

その隙間や空いた穴部分から水が浸入することがあります。

防水シートが劣化している場合は浸水の不安が出てきます。

浸水の危険が高まるのは築年数が20年を越えるなど防水シートの劣化が進んでいる場合です。

割れ、ズレの原因 : 強風や飛来物、鳥の落とし物等

2-2漆喰の崩れ、剥がれ、ヒビ割れ

・大きく崩れている、何カ所も崩れている場合

 

瓦屋根の漆喰の崩れ画像

■瓦屋根漆喰部分の葉損画像

 

 

雨漏りについてだけ言えばすぐに雨漏りするという危険はそれほど高くありません。

ただ、棟が歪んでいたりする場合には漆喰の内側の土が劣化し、棟瓦を固定する力が弱くなっています。

棟の取り直しを行い、最新の地震に強い工法で棟を土台から強固にすると安心です。

*多少の剥がれ、ヒビ割れが見られる場合

すぐに雨漏りするという危険は少ないです。

漆喰の崩れ、剥がれ、ヒビ割れの原因 : 風雨等天候による劣化

 

2-3不適切な瓦屋根修繕工事

・漆喰の厚塗り

厚塗りされた漆喰部分から浸水する危険が高いです。

 

・ラバーロック工法

屋根のどこからでも雨漏りが起こりえます。

シーリングで瓦の隙間を塞ぎ水の排出を潰すため、瓦の裏側に回った雨水が滞留し、防水シートの劣化が進むと釘穴やタッカーの穴等から浸水します。

不適切な瓦屋根修繕工事の原因 : 施工業者の知識不足

 

3その他の雨漏れ原因

3-1天窓・トップライト周辺の雨漏り

■天窓・トップライト周辺の雨漏りの原因

ガラス周囲のパッキン・シーリング・水切り板金不良及び劣化

3-2屋根接合部の防水シートや水切りの原因

■屋根接合部の防水シートや水切りの劣化

原因 : 経年劣化

3-3ゴミ・枯葉等の異物のつまりの原因

■ゴミ・枯葉等異物の詰まり

本来流れ落ちるようになっている雨水が一部分せき止められ、流れてはいけない方へと水が流れるなどして浸入することがあります。

ゴミ等異物の詰まりの原因 : 落ち葉、鳥の落とし物、鳥の巣など

施工不良の原因 : 構造上の弱点、不十分な施工

3-4その他の原因

■下葺き防水シートの釘穴やタッカーの穴

スレート屋根や、やや古い施工方法の瓦屋根の場合に釘で防水シートに穴が空きます。

また、防水シートを野地板に固定するのにタッカーを使用するので、針穴が空きます。

釘等が防水シートに打たれること自体は通常のことであり、隙間は塞がるようになっています。

しかし、防水シートが劣化すると隙間が広がる事があります。

これらの穴から水が浸入することがあります。

防水シートの釘穴が広がる原因 : 経年劣化

 

■下葺き防水シートの隙間

防水シートの入り隅部分などは隙間ができやすく、その部分から浸入することがあります。

隙間の原因 : 不十分な施工、防水シートの劣化

■谷板金

 

屋根の谷板金腐食画像

■谷板金

谷板、谷樋の穴や隙間から浸入することがあります。

谷部分は屋根の水が集まり流れる部分なので、劣化がはやく、古い谷板の場合腐食により穴が空くこともあります。

原因 : 谷板の経年劣化

 

■谷や雨樋の周辺部分

谷や雨樋は屋根に落ちる雨水をスムーズに排出する役割をしています。

ゴミやほこり、落ち葉などが溜まると詰まりを起こし、水が溢れて本来とは違う場所に流れ、浸入することがあります。

原因 : 落ち葉などによる谷や雨樋の詰まり

4見た目以上に深刻?!  発見したら放置は厳禁。

雨漏りは見た目もがっかりですが、見えないところではもっとがっかりなことになっている恐れがあります。

そもそも雨漏りが起こると、原因カ所周辺が水で濡れます。

 

多くの場合は壁の内部や天井裏等見えないところに浸入してきます。

そこからどんどん水が浸入し、いろいろな物を濡らしながら伝ってきて、壁紙や天井などに到達します。

なので、目に見えるところにシミができたときには、すでにいろいろな場所で雨水の侵入があり家内部の木材を濡らしています。

家の骨組みとなる構造物は丈夫にできてはいますが、カビたり腐食したりした場合には修繕コストも跳ね上がります。

ですので、雨漏りは長く放置せずに発見したらグラスビトウィーンの担当者に業者に相談しましょう。

「屋根」「外壁」の修理やリフォームは、豊富な実績と経験のグラスビトウィーンにお任せください!

 

■詳しくは弊社ホームページをご覧ください!

 

グラスビトウィーンは、豊富な経験と深い専門知識を活かしお客様の外壁の状態を正確に判断し、

適格なご提案をさせていただき、本当にご満足のいただける作業を目指しております。

グラスビトウィーンスタッフ画像

◆グラスビトウィーン・スタッフ

 

グラスビトウィーンは、地元で愛される地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業49年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

グラスビトイーンコマーシャル画像

 

■グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

■ディーズルーフィングの詳しい資料は下記でご覧ください!

 

■グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

◆完全自社施工

■グラスビトウィーンは「ドローン」を使った、屋根の無料診断を行っております!

お気軽にご相談ください!

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現

株式会社グラスビトウィーン
株式会社グラスビトウィーン
81 Google レビュー
Kazuya Saijo
Kazuya Saijo
2023-08-28
屋根が傷んできて、カバー工法をどこかにお願いしようと近隣数社で相見積もりをしました。 一番お値打ちだったこと、営業ご担当の専務さんの話がとても分かりやすかったので、こちらに決めました。 見積り調査でドローンを使ってたのは驚きましたが屋根を痛めないようとのことで好感をもちました。 足場の業者さんも含めて職人の皆さん気持ち良く挨拶頂いて安心感がありました。 出来上がりも良く、オプションの断熱材も有効だったこと実感しています。 さすがに耐久性はこれからの評価になりますが、コスト、工事期間、品質とも申し分なく、グラスビトウィーンさんにお願いしてとても良かったです。
M H
M H
2023-08-16
築20数年の我が家です。 屋根の一部が剥がれてしまっているのに気が付き、ネットで調べた会社に見積りを出して貰いましたがどうも納得が行かず迷っていた所、親戚にグラスビトウィーンさんを紹介して貰いました。 こちらの希望を伝えましたら、屋根は剥がれた部分の修理と塗装工事を提案していただきました。 外壁もかなり傷んでおり塗装工事が必要とは思っていたのですが以前近隣の工務店に相談しましたら我が家はお隣とかなり接近しており足場を立てるのが難しいと断られた経験もあり諦めておりました。 ところが、グラスビトウィーンさんは、外壁を治さないとこのままでは家が持たないと言う事で難しい足場を立てる工夫をしてくださり、なんと外壁塗装工事、ベランダの防水加工工事もして頂ける事になりました。 専務さんの丁寧な説明、適切な提案で安心してお任せする事ができました。 工事も自社の職人さんが担当してくださり、こちらの細かな要望やハプニングにもすぐに対応して頂き丁寧なお仕事にとても感謝、感動しております。 すべての工事が済み新築の様に生まれ変わった我が家を見て、難しい工事を引き受けてくださったグラスビトウィーンさんと紹介してくれた親戚に感謝です!
三浦篤郎
三浦篤郎
2023-08-13
今年の始めに家の屋根の軒天が破損し、外壁と屋根の塗装時期でした。グラスビトウィーン様を含めて3社見積りを取り比較検討しましたが、将来的な視点から維持も含めてカバー工法をご提案頂いたグラスビトウィーン様にお願いしました。 外壁塗装は手間の掛かる色分けをグラスビトウィーン様からご提案頂き、金額変更もなく快く仕上げて頂きました。職人の方も猛暑の中非常に細かい所まで塗装して頂きました。屋根の職人の方も作業途中の状況を細かく教えて下さり、安心してお任せ出来ました。作業中に教えて頂いたのですが、棟のシーリングが切れていて雨漏れをしていたことが分かり、結果的にご提案頂いたカバー工法でよかったと思いました。 引き渡しの日に何かあったら連絡下さいと言われて、会社としての対応にも安心感がありました。 足場が取れた後、仕上がりを観て想像以上に綺麗に仕上げて頂き、グラスビトウィーン様にお願いして本当によかったと思いました。
杉山恵美
杉山恵美
2023-08-10
築17年。三階の窓から見える屋根はヒビ割れ北側やベランダの内側はカビのシミがどんどん広がっていく我が家。 初めての屋根と外壁塗装で5社からお見積もりを頂いていましたが納得感と不安が拭いきれず検索してグラスビトウィーン様にLINEで問い合わせしました。直ぐに返信があり、内容と金額共に的確なご提案を頂き決めました。スピード感抜群です。 職人の方の教育も行き届いていて、とても一生懸命に自分たちの作品を作り上げるべく姿が印象的でした。進捗状況もこちらからの質問にも真摯に答えて頂き安心してお任せする事が出来ました。 外壁の色は迷いましたがカラーシュミレーションで納得いくまでお付き合い頂き決める事が出来ました。玄関周りの天井の色も気に入ってます。 こちらの要望がきっちり職人の方へ細かく伝わっていて大満足の仕上がりです。 最後に仕上げて頂いたベランダの両脇と玄関の右側などのサイディング?部分は夜など浮き上がって見えてとてもお洒落な仕上がりで雰囲気があって素敵になりました。ご提案頂き有難うございました。新しい家になって帰宅するたび笑顔になります。お友達にも紹介したいです。
r k
r k
2023-08-10
極めて効果的な屋根重量軽減をはかることができ、耐震対策の強化につなげることができました。ありがとうございました。
佐々木るみ
佐々木るみ
2023-08-08
築17年目の外壁塗装と太陽光脱着、屋根カバー工法(ディーズルーフィング、テラコッタ)でお世話になりました。 当初は別の業者で見積もりをしていましたが、内容と価格に曖昧さを感じ、Netで調べていた所、グラスビトウィーンさんに辿り着きました。 問い合わせから、疑問に思っていること、些細な事も含めて、親身に答えていただき、納得と安心で工事をお願いする事ができました。 職人さんも、礼儀正しくプロ意識の高い方ばかりで、 素人に分かりやすく説明してくださったり、細かな要望に根気よくお付き合いしてくださったり、新築したかの様な大満足のリフォームになりました✨ ご近所の評判も良いので、カラーシュミレーションの事や、30年メンテフリーの素敵な屋根材をお勧めしたいと思います。
はぎうだやすこ
はぎうだやすこ
2023-07-26
カバー工法の屋根工事、太陽光パネルの取り外しの出来る業者を探してたどり着いた業者がここの会社でした。 遮熱シートも貼ってくれて快適な夏が過ごせそうです。
三澤今朝治
三澤今朝治
2023-07-11
今回グラスビトウィーンさんに屋根の葺き替え工事をやって頂きました。仕上がりも良く満足して居ます。他社にも見積もりをお願いしましたが、グラスビトウィーンさんは説明も納得出来、工事費もかなり他社より安かったので、お願いしました。工事に来てくれた皆さんも、手際よく挨拶もしっかりしており、家内も好感触でした。また工期も予定より早く仕上げて頂き良かったです!
青木一人
青木一人
2023-07-10
築40年弱でコロニアルの劣化の心配から調査と工法材質に信頼が置けたのでカバー工法をお願いし、工事はお任せで完成しました。