町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 外壁塗装 > サイディング外壁のチェックポイントについて解説します!!

サイディング外壁のチェックポイントについて解説します!!

サイディング外壁のチェックポイント

サイディング外壁調査で特に注意したいには、2000年以前に施工された建物です。当時の施工方法に起因する不具合で、機材が内部からの結露で湿気を吸い込み、塗装が出来ない状態になる事例が多い。塗装をしても塗装が剥がれてくる可能性がある為、重ね張りや張り替えも視野に入れることになる。通気

サイディングの施工方法は2000年4月に制定された品確法により、壁下地に直接張る「直貼り工法」から、壁下地との間に銅線を入れて湿気の通り道を確保する「通気工法」に切り替わりました。

直張り工法の問題てとチェック方法

 

直張り工法は壁下地とサイディングの間に湿気がこもり、内部結露を起こすという問題があった。サイディングが内部から水分を吸収するため反りや塗装の膨れ、剥がれといった不具合が多発しました。

チェック方法

2000年以前のサイディング張り全てが直張りとは言えないため、調査が必要です。基礎上の水切り部分に千枚通しを差し込んで隙間の有無を確認する方法と、叩いて音を確認する、釘の錆をチェックするなどの方法で確認する。含水率の確認も行う。

通気工法による張方向による通期の違い

壁下地とサイディングの間に銅線を入れて湿気の通り道を確保する「通気方法」には、サイディングの貼り方による違いがある。銅線の方向は、サイディング材と90度の角度を取る為。横張の場合は縦方向に、縦張りの時は横方向になります。湿気は下から上に抜けるため、縦張りの場合は銅線で通気が妨げられないように、隙間を設ける必要があります。近年は通気用の穴の開いた銅線を使用することが多くなっていますります

シーリング

シーリングはサイディング同士のつなぎ目や窓まわりといった材料同士の隙間を埋める役割を持ちます。雨水の侵入を防ぐほか、弾力性が建物の揺れをある程度吸収するため、モルタル壁に比べてクラックの発生を軽減するという利点があります。

主なシーリングの不具合

*表面の細かいヒビ

シーリングを先に打ってから塗装する場合、塗装がシーリングの弾力性に追随できずに、塗膜に細かいヒビが入りやすいデメリットがあります。

*裂け

破断とも呼ばれる。シーリング自体が寿命で、触ると硬い。

*サイディングとの間に隙間

剥離している。シーリングが古く痩せて接着が切れた。また施工時に接着を良くするプライマーの塗りムラがあった等が考えられます。

*痩せてヒビ入り

年数が経つとシーリングは肉痩せしてサイディング表面より凹んでくる。痩せると薄くなり、ヒビが入りやすくなっる。

外壁塗装で不安に感じたことや悩ん営ることはありませんか。

専門知識を持ったプロ集団グラスビトウィーンにご相談ください。納得のゆくご提案・工事進行ができると思います。

お問い合わせお待ちしています。

 

 

グラスビトウィーンは自社で職人を雇っている町田の屋根修理施工業者・外壁塗装施工業者です

自社に職人がいますので、他社と違い中間マージンが発生いたしません。

自社施工で高品質、別の業者が入ることがないため工事コストの削減が可能です。

ぜひ相見積もりをお取りください。

 

 

 

 

グラスビトウィーンではドローンを使った無料屋根点検を行っています。

屋根、外壁、雨とい、雨漏り修理の事なら町田市で屋根・外壁リフォーム実績No.1のグラスビトウィーンまで、お気軽にお問合せください。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現