町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根の葺き替えを行なう前にまず押さえておくこと

屋根の葺き替えを行なう前にまず押さえておくこと

ポイント① 工事業者に屋根の上を十分診断してもらう
ポイント② どの「屋根材」を使って葺き替えするか決める
ポイント③ どの「業者」に施工を依頼するのか決める

ポイント①工事業者に屋根の上を十分に診断してもらう
屋根の工事には主に3種類の工法があります。
●葺き替え工事…既存の屋根材を全て撤去し、新しい屋根材にかえる工法
●重ね葺き工事…既存の屋根をそのまま残し、その上に屋根材を被せる工法
●塗装工事  …塗料で塗り替えを行う工法

以上の3つがありますが、屋根やその周りの劣化状況次第で、どの工法を選ぶか変わってきます。屋根材やその下の野地板と呼ばれる部分の劣化が進行している場合には、葺き替えが必要になりますが、劣化状況が深刻でない場合、葺き替えではなく、それ以外の2つの工事で良い場合もあります。まずは、施工業者の方にどのような工事が適切なのか見てもらうことをおすすめします。

次のような劣化症状がある場合は、屋根の葺き替え工事を行ないましょう。

◆屋根材にヒビがある。

 

◆屋根全体が色褪せている。

◆屋根全体にコケが生えている。

◆天井に雨のシミがある。

◆棟板金が剥がれている。

ポイント②どの「屋根材」に葺き替えるか決める
葺き替え用の屋根材は主に日本瓦、スレート瓦、ガルバリウム鋼板の3種類がよく使用されています。それぞれの特徴や風合いは異なります。家全体の仕上がりをイメージしながら、どの素材を選ぶか検討すると良いでしょう。また、それぞれの屋根材によって施工金額も異なりますので、費用面でも比較検討することをおすすめします。

ポイント③どの「業者」に依頼するか決める
葺き替え工事においてはどの業者に依頼するか、が非常に重要なポイントです。品質の悪い施工業者に依頼してしまうと、わずか数年で雨漏りが発生する危険性もあります。施工実績や見積りの内容など、細かく説明を聞いて、施工業者を選ぶ必要があるでしょう。

〜町田市・八王子市・日野市・相模原市・稲城市・麻生区・横浜市・川崎区〜
#屋根修理#台風#雨漏り#水回り#屋根リフォーム#屋根葺き替え#リノベーション#ドローン無料点検#グラスビトウィーン #ディプロマットスター#ローマン
#クラッシック#エコグラーニ#メリッサ#石付き板金屋根#お洒落屋根
#太陽光#屋根カバー工法#石付き板金屋根#ディーズルーフィング#外壁塗装

           塗り替え・葺き替え専科
            屋根外壁の無料診断

              相談窓口

«  ||  »

無料屋根診断
pickup

災害から大切な家を守る!