町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根・外壁の点検は大丈夫?線状降水帯の危険性とは!

屋根・外壁の点検は大丈夫?線状降水帯の危険性とは!

こんにちは~!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪

 

ここ数年、豪雨のたびに「線状降水帯」という言葉が新聞やテレビで報じられるようになりましたよね。

九州地方に大きな被害をもたらした豪雨も、線状降水帯が引き起こしたものです。

 

近年、西日本でたびたび災害を引き起こしていますが、関東でもひとごとではありません。

15日午前、気象庁は、九州北部などに「線状降水帯予測情報」を発表しました。

 

いったい、「線状降水帯」とは、何なんでしょうか?

同時に「線状降水帯」の危険性と「線状降水帯予測情報」とは何なのかも解説いたします。

■線状降水帯とは?

 

線状降水帯(せんじょうこうすいたい)とは、「次々と発生する発達した雨雲(積乱雲)が列をなした、組織化した積乱雲群によって、数時間にわたってほぼ同じ場所を通過または停滞することで作り出される、線状に伸びる長さ50 – 300 km程度、幅20 – 50 km程度の強い降水をともなう雨域」

(気象庁が天気予報等で用いる予報用語)である。

 

即ち、積乱雲が線状に次々に発生して、ほぼ同じ場所を通過・停滞する自然現象であり、結果として非常に強い雨が特定の地域に長時間連続して降り続け

ることとなります。

 

 

■線状降水帯の危険性

 

おととし、大分県内に大きな被害をもたらした「7月豪雨」。

48時間に降った雨の量は県内19の観測地点のうち、9か所で観測史上最大を更新しました。

 

日田市天瀬町では玖珠川が氾濫し、温泉街などに甚大な被害が出ました。

また由布市湯布院町で旅館を営む家族が川に流されるなど、県内であわせて6人が犠牲となりました。

 

この時の豪雨を引き起こしたのが「線状降水帯」です。

線状降水帯は次々と発生した積乱雲が帯状に連なる現象で同じ場所に長時間、激しい雨を降らせます。

 

大分地方気象台によると「大量の雨が同じ場所で降るため河川の氾濫や土砂災害などの危険性が一気に高まる。

その状況下では避難が困難となる状態が考えられる」とその危険性を話します。

 

■ことしから始まった「線状降水帯予測情報」とは

 

この線状降水帯はこれまで予測が難しいとされてきましたが、全国的に発生が相次いでいることから気象庁が観測体制の強化などを行い、今年6月1日か

ら予測情報の提供を始めました。

 

この線状降水帯予測情報、発表されるタイミングは早ければ予想される時間の半日前、12時間前を目途としています。

また対象地域は大分県であれば「九州北部地方」というように大まかな地域ごととなります。

 

具体的には、例えば『九州北部地方では〇日の昼前にかけて線状降水帯が発生し大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります』といった表現で発表されます。

 

■関東地方でも発生する線状降水帯

 

では、私たちが住んでいる、関東地方も線状降水帯が発生するのでしょうか?

線状降水帯は、湿った暖かい風が上昇すると、雨雲が生じます。
雲は上空で流されるけれど、湿った風が同じ場所に吹き続けるため次々に雨雲が生まれる、というのが線状降水帯の仕組みです。
梅雨明け間近の西日本で発生することが多いのですが、関東地方でもたびたび起きています。
関東では、2015年9月に鬼怒川を氾濫させたのも線状降水帯です。
関東は二つの台風に挟まれる形となり、南側と東側から湿った空気がぶつかり、次々に雨雲を生み出しました。
鬼怒川の上流域に当たる栃木県日光市付近では、平年の9月の倍となる600ミリの降水量となりました。
湿った風が上昇するきっかけは山だけではなく、異なる向きの風がぶつかり合うことでも生じますが、前線を「次々に」というのが、線状降水帯の恐ろし
いところです。
猛烈な雨がやむことなく降りしきると、川の水があふれたり、地盤の弱くなった崖で土砂崩れが起きたりします。
線状降水帯は正確に予想することが難しく、気象情報を小まめに確認する必要があります。

さて、このような線状降水帯での集中豪雨に備えての、屋根や外壁の点検はお済でしょうか?

普段、お家の雨漏れは気付きにくいものです。

 

屋根材に亀裂があったり、長年に渡り強風さらされたことにより、屋根板金が浮き上がっていたり、外壁ではヒビが入っていたり、防水用の目地が傷んで

いたり等・・・様々な危険個所が考えられます。

 

毎年、台風シーズンが終わると必ずと言っていいほど「雨漏れ」の修理依頼が飛び込んできます。

その殆どが、以前から微量の雨漏れが発生していましたが、微量の為、木材が吸収して気が付かなかったという事が多いです。

台風での暴風雨により、より激しく雨が吹きつけるため目に見えた雨漏れに気が付く事も多いですね!

 

微量な雨漏れでも、押入れにカビが生えた、天井にシミが発生した、室内のクロスが剥がれたり黒カビが発生した・・。

これは雨漏れの危険のサインです!

 

この様なことがないように、是非台風シーズン前に、「大切なお家の屋根や外壁の点検」をお勧めいたします。

 

【お問合せは】グラスビトウィーンまで https://www.grassbetween.com/

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。

創業48年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

 

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板

『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!  

 

お問い合わせ

 

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!

ご安心してお任せください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現