町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 太陽光脱着工法 > 新築住宅には太陽光発電設置義務はどうなる?

新築住宅には太陽光発電設置義務はどうなる?

みなさんこんにちは!
事務のK子です🐥🐥🐥

東京都の新築住宅における、大手ハウスメーカーの85%に太陽光設置を義務付ける
議論がさまざまなところで起きてますね。
東京といっても広い。
狭小地だらけの市街地や今だに農地などが広がるエリアなどさまざま。

その農地でいえばこの4月に生産緑地の10年延長申請が行われたばかりなので、
あと10年、農地を売りに出すのはなかなかのもの。

そうなると太陽光発電の性能をフルに発揮できる敷地に家を建てるって、
この狭小地が多い東京において、よほどの条件が揃わないとダメなのでは。
ただそんな不安を煽ったら家が建たないでしょうから、
ハウスメーカーさんの営業も補助金で誤魔化しながら営業には色々と試行錯誤が必要ですね。
ちゃんとメンテナンス時のリスクや維持費もきちんと説明されるのか心配です。

こんな東京での話題も、千葉のある一画の建売住宅が次々と建築されているエリアでは、
すでにほぼ太陽光パネルは設置されています。
買う側としたら周りの家のほとんどが太陽光パネルが設置されているのに、
その中で、設置されていない家を選ぶのはなかなか難しいですね。

果たしてギュギュウの狭いエリアで反射光問題は大丈夫なのかしら。。

でも、確かに電力不足は深刻なこと。
そして太陽光設置の義務化でさらに深刻なことになりませんように。

どちらにしろ、コロナ感染対策も然り、1人1人が電力不足を意識して、
節電を心掛けることが大切ですね。

もし、今、東京都が停電してそれが続いたら。。

このコロナや昨今の自然災害においても今までにない規模で
発生していますので、今後、何かあっても不思議ではない。

事前にできる限りの対策をするかしないか、
全て各自の行動にかかってきますね。

今、ご自宅のメンテナンスを後回しにしてませんか?(^ ^)

 

事務のK子でした🐥🐥🐥

 

 

 

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断