町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根の寿命を延ばすポイントとは?

屋根の寿命を延ばすポイントとは?

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

 

今回は、屋根の寿命を延ばす幾つかのポイントをご紹介します!

屋根は、冬には冷たい雨や雪にもさらされ、夏には燦燦と降り注ぐ太陽にもさらされ、台風といった暴風にもさらされ、本当に過酷な状況に耐え大切なお家を懸命に守っています!

 

夏場の暑い日には、小屋裏温度も60℃や70℃まで上昇すると言われているそうです。
外気温よりも暑くなってしまうんですね!

 

また、室温の話だけではなく、夜間になって小屋裏温度が低下すると、空気中に含まれていた水分が放出され、木材や断熱材に内部結露が発生することもあります。

そこで、今回は屋根の寿命にも大きく関わる小屋裏換気や屋根通気についてご紹介したいと思います。

 

一戸建て住宅の屋根裏空間のこと

 

まず、小屋裏(こやうら)について、ご説明しますね。

小屋裏とは、一戸建て住宅の屋根材を支える野地板(のじいた)と天井に囲まれた半室内空間のことです。
屋根裏ともいいます。

夏場の小屋裏は熱がこもります。

屋根の寿命を延ばす為には、野地板の腐食・腐敗の原因を無くすことです!

 

現在屋根材は瓦屋根から金属屋根と進化を遂げ、屋根材だけであれば50年(定期メンテナンスは必要)は長持ちする屋根材も販売されています。

 

しかし、屋根材は大丈夫でも屋根を支える「垂木」「野地板」の腐食が原因で、屋根自体が陥没したり波うち現象を起こしたりする事も少なくありません。

 

屋根を長持ちさせるために、垂木を丈夫なものにしたり、多少の腐敗があっても大丈夫な様に、野地板を12mmから24mmのものにしたりする方法や、通気性のあるルーフィングを採用するなどもありますが、先ずは屋根裏材が腐敗しないように充分な換気方法を考えたいものです。

 

小屋裏換気をすることで、温度上昇を抑制し、湿気を逃がす!

 

夏場の小屋裏温度は60℃や70℃まで上昇すると言われています。

小屋裏に熱がこもり高温になると、室内の温度上昇は避けられません。

また、夜になって小屋裏温度が低下し、空気中に含まれていた水分が放出され、木材や断熱材に

内部結露が発生すると、カビや腐朽の原因となります。

 

そのため、「小屋裏換気」をすることで、小屋裏の温度上昇を抑制し、湿気を逃がし結露の防止に心掛けることが必要です。

屋根材を支える野地板の裏面が結露する。

 

 

やや軽視されている傾向にあにある小屋裏換気の現状

 

「小屋組材の劣化の軽減」をはかるための措置として、品確法の住宅性能表示やフラット35では「小屋裏換気」について規定が明確化されています。

しかし、建築基準法には規定がなく違法にはなりません。

耐久性に関わる小屋裏換気について、やや軽視されているのが現状です。

 

屋根断熱という方法

 

◆小屋裏空間からの輻射熱の影響を受けにくくなる

 

建物の上部の断熱ですが、屋根を断熱すれば屋根断熱、天井を断熱すれば天井断熱となります。

屋根断熱を採用することで、屋根裏空間が室内と同じ環境になり、天井断熱の様に『小屋裏空間からの影響』を受けにくくなります。

 

屋根断熱は天井断熱より施工面積が広くなったり、手間もかかるので、一般的にコストが高くなる傾向にあります。

 

屋根断熱の抜け道

 

◆小屋裏換気基準の省略規定がある

 

ただ、屋根断熱には抜け道があります。

木造住宅工事仕様書(マニュアルのようなもの)によると、屋根断熱を採用した場合、小屋裏換気孔は要さないとされます。
つまり、小屋裏換気基準の省略規定があるのです。

 

ただ、耐久性上支障がでないよう、断熱材の外側には通気層を設けるなどという記述がありますが、それも義務ではなく「望まれる」という表現にとどまっています。

 

屋根断熱であっても「通気」は必要

 

屋根断熱であっても外壁と同じように、通気層を設けて空気を流すこと

 

 

外壁の通気層は、今や当たり前のように取られていますが、屋根はそうではない場合があります。

屋根は日光や雨の影響を強く受ける、過酷な環境に晒されていますので、なおのこと通気が重要です。

 

そのため、屋根断熱であっても外壁と同じように、通気層を設けて空気を流してあげる必要があります。

 

確実な屋根通気の方法

 

確実に屋根通気を取る方法として「二重屋根通気工法」があります。

二重屋根通気工法は、通常、設けられる垂木と野地板の上に、さらに垂木と野地板を張って屋根を仕上げる工法です。

二枚の野地板による空間が、屋根部分の熱や湿気を逃がす通気層となります。

 

ただ、二回も屋根を作らないといけませんので、手間もかかりますし、材料も二倍必要です。

しかし、二重屋根通気工法なら十分な通気量を、どんな屋根形状でも確実に確保することができるのです。

 

長持する家づくりのチェックポイント

 

家を長持させるために確認してください

 

①小屋裏の影響を受けにくくになるよう対策がされているか?
②屋根断熱の場合、きちんと通気が確保されているか?
③屋根通気が採用されている場合であっても、通気層が閉塞されないようになっているか?

 

 

耐震・断熱がトレンドではありますが、こだわって建てた家を長持ちさせるためにも、上記事項が守られている会社かどうかを、確認されることをおすすめします。

 

当社では、お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談も、お受けしております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。

お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

 

 

グラスビトウィーンは、地位密着型の「屋根・外壁のリフォーム専門企業」です。

創業47年の実績と経験で、皆さまの大切なお家を全力でサポートします。

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

 

当社は、全て自社施工です!

安心してプロの職人集団にお任せください!

●グラスビトウィーンでは、現在「無料にて」ドローンによる屋根・外壁の空撮調査を実施中!

お気軽にお申し付けください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     +

    «  ||  »

    無料屋根診断