町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 屋根材の種類と特徴とは?

屋根材の種類と特徴とは?

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

お家をを守り、外観デザインにも影響する屋根材には、いくつかの種類があります。

今回は、選ぶ前に知っておきたい屋根材の種類と素材の特徴を解説したいと思います。

 

屋根材の素材は4種類に分類!特性やメリットとデメリット

 

屋根材は、住まいの性能を左右し、外観デザインにも大きく影響する住宅建材のひとつです。

分類方法はいくつかありますが、一般的な戸建住宅で用いられる屋根材で考えると、粘土系、セメント系、スレート系、金属系の4種類。

 

粘土系には釉系と無釉系、セメント系はプレスセメント瓦とコンクリート瓦、スレート系には、セメント系である化粧(彩色)スレートと天然スレート、金属系には鋼板などがあります。

 

各メーカーからは、それぞれの素材の良さを生かしつつ、独自の工夫を施し、耐候性や耐久性、耐震性、デザイン性を高めた数多くの商品が提案されています。

 

選ぶ際には、一般的な素材のメリット・デメリットを理解した上で、それぞれの商品特性、特徴を確認することが大切です。

◆粘土系(瓦) 

釉系と無釉系があり、耐久性や断熱性に優れる

通常、瓦(かわら)と言った場合は、この粘土系(瓦)を指します。

粘土を主原料として混練、成形、焼成したものです。

釉系と無釉系があり、耐久性や耐熱性、断熱性に優れる屋根材でしょう。

形状、デザインによって和瓦と洋瓦と分けることもあります。

一般的に、粘土瓦は、他の屋根材に比べて重量が重いので、構造など耐震性への適した配慮が必要ですが、重さがあるため遮音性が高く、雨音も気にならないのがメリットです。

最近では、軽量化を実現した製品、ズレや脱落などがしにくい防災瓦などもみられます。

 

■釉系
プレス成形した瓦形の素地に釉薬(ゆうやく)を施した瓦で、さまざまな色を出せるのが魅力。釉薬瓦、塩焼瓦などがあります。表面の釉薬によって水が浸透しにくく、耐久性に優れ、退色や変色もないので、基本的にメンテナンス不要。和瓦の形や平形、S形などの製品も豊富で、和風洋風を問わず、さまざまな外観デザインの建物に使用することができるでしょう。

 

■無釉系
無釉は表面に釉薬をかけないもの。釉

いぶし瓦や無釉瓦などがあります。

粘土をプレスし、釉薬を掛けずに焼成過程でいぶし、表面に銀色の炭素膜をつけたいぶし瓦は、和風の住まいに適しています。

無釉瓦は、ナチュラルな風合いが特徴で、素地がそのままの素焼き瓦、粘土以外の物質(金属など)を練りこんだ煉り込み瓦、ムラのある濃淡が魅力の窯変瓦もあります。

セメント系(瓦):施工性が高いのが特徴。

製造方法で異なる。

 

◆セメント系

セメントと砂を原料とした瓦。

樹脂塗料で塗装を施したもので、施工性が高いのが特徴です。

製造方法によって分類できます。

 

■プレスセメント瓦

セメントと細骨材(砂)のモルタルが原料の瓦で、厚形スレートとも呼ばれています。

無塗装品と塗装品とがあり、釉薬で表面処理を施し、耐火性能を高めたものが、施釉(せゆう)セメント瓦です。

和型、平型、S形など、様々な種類があります。

スレート系より材料が厚く、どっしりとした印象が魅力ですが、最近では軽量化も図られています。

 

■コンクリート瓦

プレスセメント瓦より細骨材の対するセメントの量(割合)が少ないもの。

立体感のある形状が多いので洋風住宅に向いています。

スレート系:セメント系の化粧スレートと天然スレートがあります。

スレートとは、粘板岩などの薄板のことを言います。

屋根材としては、セメント系の彩色スレートと天然スレートがあります。

 

◆スレート系

■化粧(彩色)スレート

セメントに繊維を混入して強化した薄い板状の素材です。天然スレートに模していることからこの名称に(カラーベスト、コロニアルという商品の名称で呼ばれることも)。軽量で施工しやすいのが特徴で、表面の塗装に工夫を施しより耐久性や耐候性を高めたもの、遮熱タイプ、表面に凹凸感を持たせ自然石の素材感を表現したものなどもみられます。

色やデザインも豊富なことから普及している素材ですが、価格は、素材の厚みやデザインなどで大きく異なります。(昔は、アスベストを使用していたものがありましたが、現在の商品は使用されていません。)

 

■天然スレート
玄昌石などを材料にした本来のスレート。

退色しない、黒く艶のある自然の色や素材感が魅力。重量のある高価な素材です。

 

◆金属系

金属系:軽量で加工しやすいのが特徴

加工しやすく軽量、施工性も高いことが特徴で、複雑な屋根形状にも対応できます。

鋼板と非金属系に分けることができます。

 

鋼板には、めっきや塗覆装を施したものもあります。

カラーバリエーション豊富ですが、熱伝導率が高く断熱性が悪いことや遮音性が低いため雨音が気になることも。

最近では、瓦のような形状のもの、断熱材を裏打ちし断熱性や遮音性を高めた製品もでています。

既存の屋根の上から重ねて葺くことができるリフォーム向けの商品もみられます。

 

■鋼板 

平葺きタイプや金属成形瓦など、機能、デザインともに工夫された製品が出てきています。

軽量で地震に強く、水分を吸収しないのが特徴です。

最近多く利用されるのが、ガルバリウム鋼板・ジンカリウム鋼板です。

アルミニウム・亜鉛合金めっき鋼板のことで、サビに強く耐久性、耐熱性があります。

表面に、ポリエステル樹脂やフッ素樹脂の塗膜などを施した、遮熱性を高めた製品、サビや紫外線、酸性雨に強いタイプなども存在します。

最近では、天然石のチップなどをコーティングするなどして耐久性とデザイン性、遮音性を高めたタイプも人気屋根材の一つです。

 

■非鉄金属
アルミ合金板や銅板などの屋根材。銅板は昔から使われている素材です。

さまざまな種類がある屋根材を選ぶ際には、できる限り、カタログや小さなサンプルではなく、実物をチェックすることが肝心です。

最近では、比較的大きな実物サンプルが用意されているショールームもありますし、モデルハウスで用いられている素材を参考にしてもいいでしょう。

また、屋根材は、新築であれば、比較的早めに決定しなくてはならない建材のひとつで、法的な規定など専門的な知識も必要なので、予算や希望などは、早めに施工会社や設計担当者に相談することが重要でしょう。

 

グラスビトウィーンは、地位密着型の「屋根・外壁のリフォーム専門企業」です。

創業47年の実績と経験で、皆さまの大切なお家を全力でサポートします。

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

 

当社は、全て自社施工です!

安心してプロの職人集団にお任せください!

●グラスビトウィーンでは、現在「無料にて」ドローンによる屋根・外壁の空撮調査を実施中!

お気軽にお申し付けください!

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断