町田市の屋根工事(屋根葺き替え工事・屋根カバー工法)は株式会社グラスビトウィーンへ > ブログ > 外壁塗装の工程の「養生」とは?

外壁塗装の工程の「養生」とは?

外壁塗装の工程の「養生」とは?

みなさんは、「外壁塗装」などの工事をするときに、家の周りを飛散防止シートや窓枠などにテープを貼ったりするところを見たことがあると思います。

 

それは、外壁塗装の工程の「養生」という作業です。

今回は、その「養生」とは何か? また「養生」で気をつけるべきことなどのお話をしたいと思います。

 

養生といえば、引っ越しのときに体験した、もしくは目にしたという人も多いのではないでしょうか。

引っ越しの作業では建物に傷がつかないよう段ボールを敷いたり、柱に布を巻きつけたりしますが、外壁塗装での養生もそれと近い目的を持ちます。

 

今回は、外壁塗装での養生のチェックポイントから、養生で活躍する道具、養生にかかる費用の相場や注意点までを網羅してみました。

 

養生って何?

 

養生とは、建築現場で広く取り入れられている作業工程のひとつです。

建築現場においては、「建物の保護」を目的として家屋をビニールシートやメッシュシートで覆う工程を指します。

本作業の前に施し、納品時にはすべて撤去するのが原則です。

 

◆塗料の飛散を防ぐ

 

外壁塗装における養生の役割は、主に塗料の飛び散りを防ぐことです。

 

塗料は液体ですから、それを人の手で塗るとなれば、飛散はもちろんのこと、塗らなくてよい部分まで塗ってしまうことも考えられます。

よって、外壁塗装をする際には、あらかじめ養生を済ませてから塗装作業に入るのが一般的です。

 

◆飛散防止ネットで家全体を覆う

 

外壁塗装では主に2つの方法が採用されています。

1つは刷毛(はけ)やローラーを使う「手塗り」という方法で、もう1つはスプレーガン等で噴射する「吹き付け」と呼ばれる方法です。

 

特に「吹き付け」を使用する場合は、施主(依頼主)の家屋の近隣にも飛散しやすいことから、事前に飛散防止ネットで家全体を覆います。

また、飛散防止ネットは高圧洗浄時の水の飛散にも対応できるため、外壁塗装の際に広く活用されています。

 

◆こんなところも養生が必要!

 

飛散防止ネットは家全体を覆いますが、それはあくまで近隣に対する塗料の飛散を防止するための対策です。

では、施主自身の家に対してどこに養生を施すのかといえば、ズバリ「塗装をしない箇所すべて」になります。

 

◆施主の日常生活に配慮した養生

 

塗装によって窓ガラスやマイカー、家の中の家具・家財などが被害を受けることもあります。

そのため、業者は各箇所に応じて適切な養生を施します。

 

マイカーや植木であれば全体を覆うための養生、ベランダや窓枠には塗料が室内に浸入しないようにするための養生、そしてエアコン室外機には、その使用を妨げないような養生など、施主の日常生活に配慮して施します。

 

施主側が知りたい養生のチェックポイント

 

養生すると、勿論窓はふさがれてしまいます。

塗装中は窓を閉めておくのが原則で、数日間は開けられないため、夏場は暑苦しさを感じることがあるかもしれません。

どうしても開けておきたい窓がある場合には、事前に業者に相談しておきましょう。

 

当然ながら洗濯物は外に干すことができないため、外壁塗装の工期中は部屋の中に干すか、コインランドリーの使用を検討することをおすすめします。

また、エアコンの使用は業者次第なので一概にいえませんが、事前に相談しても良いと思います。

 

例えば、室外機に特殊なメッシュシートをかぶせて、塗料や臭いの浸入を軽減させることも可能です。

季節に合わせて、事前に業者と相談しておくとよいでしょう。

 

養生に使用する道具の種類と特徴

 

施工者が養生を施す際は、用途に合わせて多彩な養生道具を使い分けます。

ここでは主な道具の名称と、それぞれの特徴をお話しします。

 

◆養生用ポリシート&マスキングテープ

 

主に窓枠の養生で活躍する養生用ポリシートは、マスキングテープとセットで使われます。

一般的なビニールより特大サイズの養生用ポリシートと、布テープより粘着力の弱いマスキングテープを使用することが多いです。

窓枠全体をビニールで覆ったあと、窓枠を縁取るようにマスキングテープで留めていきます。

 

◆マスカー

 

マスカーとは、養生用ポリシートとマスキングテープの機能が合体した優れものです。

マスキングテープのように貼るだけで、「貼る+覆う」という作業が同時にできます。

◆ノンスリップマスカー

 

こちらはマスカーに「滑り止め機能」がついたタイプのものです。

施工者の足元の保全を目的としているため、主に玄関周りやベランダなどで使われています。

◆ブルーシート&布カバー

 

足元に敷く養生では、ノンスリップマスカー以外にブルーシートや布カバーを使う場合もあります。

ブルーシートには滑り止め機能はありませんが、布カバーは滑りにくいのが特徴です。

いずれも長尺かつ幅広タイプのものが多いため、広範囲の養生を必要とする際に活用します。

 

◆カーカバー&室外機カバー

 

車全体を覆うカーカバーは、厚手のタイプから薄手のタイプまであります。

室外機カバーは、前項で説明したメッシュ機能を持つ特殊タイプのほか、マスカーで作るオリジナルタイプもあります。

 

◆布テープ

 

粘着力が強いため直接使用することはありませんが、長尺のビニールをつぎ足したり、補強したりする場合に活躍します。

 

◆飛散防止ネット

 

こちらは家全体を覆うメッシュシートのこと。

足場の設置と同時に施され、ひもでくくって固定するタイプが主流です。

通気性を持ちながら、風の影響も考慮してあるのが特徴で、ずっしりとした重みがあります。

よく家の工事をしているところで、最初に目につくシートです。

 

養生にかかる費用の相場

 

養生の平均価格帯は、飛散防止ネットで1平方メートルあたり200~400円程度、塗らない場所の養生で300円~500円程度です。

これを坪単価に換算すると、1坪(約3.3平方メートル)あたり約660~1,320円、1,000~1650円程度になります。

 

家の坪数で考えると、30坪の家では49,800~89,100円といったところです。

外壁塗装一連の工程のなかでは安価な部類といえるでしょう。

 

◆もし塗料が飛散してしまったら?

 

塗装の際、業者は細心の注意を払いながら施工にあたりますが、塗料が飛散してしまう場合もあります。

そうしたときは、剥離材を使用して塗料を剥がすのが一般的です。

 

ただ、剥離剤を使用するには手順があるため、素人がDIY感覚で実践するのは絶対におすすめできません。

よって、塗装作業の終了と同時に、施主側も室内外をくまなくチェックし、塗料の飛散があれば業者に報告して即時対応を依頼するのがポイントです。

 

一方、マイカーや近隣に塗料の飛散の被害が及んだ場合は、保険が適用される場合もあります。

外壁塗装を依頼する前に、業者が「請負業者賠償責任保険」に加入しているかどうかを確認しておくことも大切です。

 

養生は外壁塗装に不可欠な作業

 

養生は施工者の安全確保をはじめ、室内や近隣への塗料の飛散を食い止める重要な作業です。

 

塗装のように技術を伴う作業ではありませんが、塗料の飛散を想定したり、施主側の生活スタイルに配慮したりするなど、施工をスムーズに進めるうえで欠かせない下準備といっても過言ではないでしょう。

 

外壁塗装を依頼する際は、塗装の技術力はもちろん養生についても把握しておき、きちんと対応する業者かどうかを確認することが大切です。

 

 

当社では、お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

 

グラスビトウィーンは豊富な施工経験と深い専門知識を活かして
お客様の屋根・外壁の状態を正確に検査し
適切な工法をご提案いたします。

グラスビトウィーン・コマーシャル・お客様の声画像

グラスビトウィーン・コマーシャル画像

詳しくは弊社ホームページをご覧ください

 

グラスビトウィーンは、地域密着型の「屋根・外壁」の専門業者です。
創業49年の実績と経験で、皆様の大切なお家の『リフォーム』を全力でバックアップ致します。

屋根や外壁のご相談はお気軽にご相談ください!

グラスビトイーンコマーシャル画像

 

ディーズルーフィング・コマーシャル看板画像画像

グラスビトウィーンは、自然石粒付きジンカリウム鋼板
『ディーズルーフィング』の国内認定PRO販売店・施工店です!

 

完全自社施工コマーシャル看板画像

グラスビトウィーンは、全ての工事が「自社施工」です!
ご安心してお任せください!

グラスビトウィーンは、ドローンを使った屋根の無料診断を実施中!
お気軽にごお問い合わせください!

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス必須

    お持ちでない方はこちらを入力してください。:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須

    例:見積もりが知りたい

     

    «  ||  »

    無料屋根診断

    ブログの最新記事

    カテゴリ

    月間アーカイブ

    pickup

    全て自社職人です!適正価格と適正品質を実現

    株式会社グラスビトウィーン
    株式会社グラスビトウィーン
    81 Google レビュー
    Kazuya Saijo
    Kazuya Saijo
    2023-08-28
    屋根が傷んできて、カバー工法をどこかにお願いしようと近隣数社で相見積もりをしました。 一番お値打ちだったこと、営業ご担当の専務さんの話がとても分かりやすかったので、こちらに決めました。 見積り調査でドローンを使ってたのは驚きましたが屋根を痛めないようとのことで好感をもちました。 足場の業者さんも含めて職人の皆さん気持ち良く挨拶頂いて安心感がありました。 出来上がりも良く、オプションの断熱材も有効だったこと実感しています。 さすがに耐久性はこれからの評価になりますが、コスト、工事期間、品質とも申し分なく、グラスビトウィーンさんにお願いしてとても良かったです。
    M H
    M H
    2023-08-16
    築20数年の我が家です。 屋根の一部が剥がれてしまっているのに気が付き、ネットで調べた会社に見積りを出して貰いましたがどうも納得が行かず迷っていた所、親戚にグラスビトウィーンさんを紹介して貰いました。 こちらの希望を伝えましたら、屋根は剥がれた部分の修理と塗装工事を提案していただきました。 外壁もかなり傷んでおり塗装工事が必要とは思っていたのですが以前近隣の工務店に相談しましたら我が家はお隣とかなり接近しており足場を立てるのが難しいと断られた経験もあり諦めておりました。 ところが、グラスビトウィーンさんは、外壁を治さないとこのままでは家が持たないと言う事で難しい足場を立てる工夫をしてくださり、なんと外壁塗装工事、ベランダの防水加工工事もして頂ける事になりました。 専務さんの丁寧な説明、適切な提案で安心してお任せする事ができました。 工事も自社の職人さんが担当してくださり、こちらの細かな要望やハプニングにもすぐに対応して頂き丁寧なお仕事にとても感謝、感動しております。 すべての工事が済み新築の様に生まれ変わった我が家を見て、難しい工事を引き受けてくださったグラスビトウィーンさんと紹介してくれた親戚に感謝です!
    三浦篤郎
    三浦篤郎
    2023-08-13
    今年の始めに家の屋根の軒天が破損し、外壁と屋根の塗装時期でした。グラスビトウィーン様を含めて3社見積りを取り比較検討しましたが、将来的な視点から維持も含めてカバー工法をご提案頂いたグラスビトウィーン様にお願いしました。 外壁塗装は手間の掛かる色分けをグラスビトウィーン様からご提案頂き、金額変更もなく快く仕上げて頂きました。職人の方も猛暑の中非常に細かい所まで塗装して頂きました。屋根の職人の方も作業途中の状況を細かく教えて下さり、安心してお任せ出来ました。作業中に教えて頂いたのですが、棟のシーリングが切れていて雨漏れをしていたことが分かり、結果的にご提案頂いたカバー工法でよかったと思いました。 引き渡しの日に何かあったら連絡下さいと言われて、会社としての対応にも安心感がありました。 足場が取れた後、仕上がりを観て想像以上に綺麗に仕上げて頂き、グラスビトウィーン様にお願いして本当によかったと思いました。
    杉山恵美
    杉山恵美
    2023-08-10
    築17年。三階の窓から見える屋根はヒビ割れ北側やベランダの内側はカビのシミがどんどん広がっていく我が家。 初めての屋根と外壁塗装で5社からお見積もりを頂いていましたが納得感と不安が拭いきれず検索してグラスビトウィーン様にLINEで問い合わせしました。直ぐに返信があり、内容と金額共に的確なご提案を頂き決めました。スピード感抜群です。 職人の方の教育も行き届いていて、とても一生懸命に自分たちの作品を作り上げるべく姿が印象的でした。進捗状況もこちらからの質問にも真摯に答えて頂き安心してお任せする事が出来ました。 外壁の色は迷いましたがカラーシュミレーションで納得いくまでお付き合い頂き決める事が出来ました。玄関周りの天井の色も気に入ってます。 こちらの要望がきっちり職人の方へ細かく伝わっていて大満足の仕上がりです。 最後に仕上げて頂いたベランダの両脇と玄関の右側などのサイディング?部分は夜など浮き上がって見えてとてもお洒落な仕上がりで雰囲気があって素敵になりました。ご提案頂き有難うございました。新しい家になって帰宅するたび笑顔になります。お友達にも紹介したいです。
    r k
    r k
    2023-08-10
    極めて効果的な屋根重量軽減をはかることができ、耐震対策の強化につなげることができました。ありがとうございました。
    佐々木るみ
    佐々木るみ
    2023-08-08
    築17年目の外壁塗装と太陽光脱着、屋根カバー工法(ディーズルーフィング、テラコッタ)でお世話になりました。 当初は別の業者で見積もりをしていましたが、内容と価格に曖昧さを感じ、Netで調べていた所、グラスビトウィーンさんに辿り着きました。 問い合わせから、疑問に思っていること、些細な事も含めて、親身に答えていただき、納得と安心で工事をお願いする事ができました。 職人さんも、礼儀正しくプロ意識の高い方ばかりで、 素人に分かりやすく説明してくださったり、細かな要望に根気よくお付き合いしてくださったり、新築したかの様な大満足のリフォームになりました✨ ご近所の評判も良いので、カラーシュミレーションの事や、30年メンテフリーの素敵な屋根材をお勧めしたいと思います。
    はぎうだやすこ
    はぎうだやすこ
    2023-07-26
    カバー工法の屋根工事、太陽光パネルの取り外しの出来る業者を探してたどり着いた業者がここの会社でした。 遮熱シートも貼ってくれて快適な夏が過ごせそうです。
    三澤今朝治
    三澤今朝治
    2023-07-11
    今回グラスビトウィーンさんに屋根の葺き替え工事をやって頂きました。仕上がりも良く満足して居ます。他社にも見積もりをお願いしましたが、グラスビトウィーンさんは説明も納得出来、工事費もかなり他社より安かったので、お願いしました。工事に来てくれた皆さんも、手際よく挨拶もしっかりしており、家内も好感触でした。また工期も予定より早く仕上げて頂き良かったです!
    青木一人
    青木一人
    2023-07-10
    築40年弱でコロニアルの劣化の心配から調査と工法材質に信頼が置けたのでカバー工法をお願いし、工事はお任せで完成しました。