町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 10月31日はハロウィンの日!

10月31日はハロウィンの日!

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

 

最近は暑さが和らぎ、秋の気配を感じる頃、毎年街はハロウィンの装飾で賑やかになっていきますね~。
至るところの商店の店先にはカボチャのぬいぐるみや装飾が飾ってあります。

 

各地ではイベントも開催され、日本でもすっかり定着したように見えますが、これほど盛り上がるようになったのは最近のことなんだそうです。

今回は、私も詳しく知らなかった、「ハロウィン」を調べてみました。笑

 

先ずは、ハロウィンの起源と歴史とは?
ハロウィンの起源は、古代ケルト人が行っていた秋の収穫祭や悪魔祓いの儀式で、アイルランドやスコットランドから始まったそうです。

古代ケルト人たちは、11月1日を新年としていました。
そして、大晦日にあたる10月31日には、死者の魂が家族に会いに来ると考えられており、この時、悪霊も一緒に来ると信じられていたそうです。

悪霊は、子どもをさらったり家畜や農作物に悪さをするということで、この悪霊を驚かせ、追い払うために、仮面をかぶったり、魔除けのたき火をしたそうなんです。

その後、ケルト人はキリスト教のカトリック系民族に侵略されてしまいますが、ケルト人のこの風習は排除されることなく、キリスト教に取り入れられました。

キリスト教では、11月1日を諸聖者の日(All Hallow’s Day)といい、全ての聖人と殉教者を記念する祝日となっています。

そして、その前夜の10月31日は「All Hallow’s Even(諸聖者の日の前夜)」と呼ばれ、それが「Halloween」または「Hallowe’en」と略されたのがハロウィンの語源となっているそうです。

 

ハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏です。
特に、ハロウィンの発祥地であるアイルランドでは、10月最後の月曜日が祝日となっており、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っています。

また、同じ英語圏であっても、もともとはケルト人の宗教的なお祭りであるということ、キリスト教の影響があるということから、信仰している宗教によってはハロウィンを行わない人やハロウィンを行うことを控えるよう注意されることもあるそうです。

また、現在アメリカなどでは宗教的な意味合いはほとんどなくなり、民間行事のひとつとなっているようです。

ハロウィンといえば、かぼちゃを思い出す方も多いと思います。
このかぼちゃは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、中をくりぬいてろうそくを灯し、ランプのように使います。

元々、ケルト人はかぼちゃではなくカブを使って魔除けにしていたそうです。
しかしアメリカに伝わった時、アメリカでカブはあまり馴染みがなく、代わりにたくさん収穫されるかぼちゃを使ったため、それが定着したのだそうです。

 

 

ハロウィンの始まりの地であるアイルランドやスコットランドでは、現在でもカブを使っているそうです。
「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-Lantern)」は日本語に訳すと「吊り下げ式のランプを持っている男」です。

 

これはアイルランドに住んでいた乱暴者で酒好きの「ジャック」という男の物語が由来になっているそうです。
ジャックは、ハロウィンに悪魔に魂を奪われそうになった時、悪魔を巧みに騙して魂を取らないよう約束させました。

 

その後、ジャックは年老いて死んでしまい天国へ行こうとしますが、生前悪いことばかりをしていたため天国へ行けませんでした。

仕方なく地獄へ向かうと、地獄の入り口には昔、騙した悪魔が立っており「お前の魂は取らないと約束した」と、ジャックを地獄へ入れてくれません。

天国にも地獄へも行けないジャックが困っていると、悪魔は「元いた場所へ戻ればいい」と言い、ジャックはトボトボと歩き始めます。

しかし、その道はとても暗く歩きづらいので、ジャックは悪魔に「私に灯りをください。」とお願いをしました。

 

すると悪魔が地獄の火種を分けてくれたので、近くにあったカブをくりぬいてランタンを作り、永遠にこの世とあの世をさまよい歩くようになったといわれています。

この時ジャックが持っていたランタンが、いつしか魔除けのために飾られるようになったのだそうです。

 

それでは、日本のハロウィンはいつから定着したんでしょうか?

日本では、1970年代にキデイランド原宿店がハロウィン関連商品の販売を始めました。
そして、初めてのハロウィンイベントもキデイランドが販売促進の一環として1983年に原宿表参道で行った「ハローハロウィーンパンプキンパレード」だといわれています。

原宿表参道を約100人の参加者が仮装してパレードを行いました。
第一回はまだハロウィンの認知度が低く、参加者は外国の方が多かったそうですが、徐々に参加者も増え、現在もこのイベントは続いています。

日本で広く知られるようになったのは、1997年に東京ディズニーランドが、2002年にはユニバーサルスタジオジャパンが、ハロウィンイベントを開催したからだといわれています。

日本の二大テーマパークが開催したことで、それまで「ハロウィン」というものを知らなかった人たちが、興味を持つようになったんですね。
現在もこの二つのテーマパークでは盛大にハロウィンイベントが開催されています。

他にも、
「子ども英語教室でハロウィンパーティをしたことで広まった」「SNSの普及によりハロウィンイベントに参加する人が増えた」
「お菓子メーカーなどが商戦のためにハロウィン関連の様々な商品を作りだした」など、ハロウィンが広まったきっかけは様々あるようです。

また、ハロウィンといえば渋谷のスクランブル交差点を思い出す方も多いかもしれません。

 


2000年ごろから渋谷のスクランブル交差点には、仮装した人たちが集まっていたそうです。
2010年ごろにスマホやSNSの普及によってさらに多くの人が集まるようになり、現在では警察や機動隊が出動したり、渋谷の一部を歩行者天国にしたりするようになりました。

このように「日本ではこの年から定着した」と、明確なものはありません。
「なんとなく、このころから広まっていった」「いつの間にか定着していた」と考えた方が良いかもしれません。

 

 

海外との違いとはどおうでしょうか?

日本のハロウィンは大人が盛り上がる季節のイベントというイメージが強いですが、先述したとおり、アメリカなどでは本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなり、子供が楽しむ地域のイベントになっているようです。

子供たちは、仮装をして「Trick or Treat(トリックオアトリート)」と言いながら各家を訪れ、お菓子をもらいます。
「Trick or Treat」とは「お菓子をくれなきゃいたずらするよ」という意味があります。

 

 

この日のために大人たちはお菓子を大量に買い込み、子供たちの訪問を待つのだそうです。

如何でしたか?

最近は、日本でも定着した「ハロウィン」意味を知らずに盛り上がっている方も多いと思います。

私もそうでしたが・・笑

調べてみると色々なことが分かり、より一層「ハロウィン」を楽しめるのではないでしょうか?

 

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

 

当社は、全て自社施工です!

安心してプロの職人集団にお任せください!

●グラスビトウィーンでは、現在「無料にて」ドローンによる屋根・外壁の空撮調査を実施中!

お気軽にお申し付けください!

 

 

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************

    お名前 必須

    例:草間 太郎

    メールアドレス 必須

    例:info@grassbetween.co.jp

    郵便番号

    例:194-0035

    住所

    例:東京都町田市忠生4-11-8

    電話番号必須

    例:042-851-9303

    問い合わせ内容必須
     

    «  ||  »

    無料屋根診断
    pickup

    屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!