定期的な塗装リフォームやメンテナンスが面倒という人には「カバー工法」がおすすめです。長期間(約30年~40年)メンテナンス不要なので、長い目で見ればコストパフォーマンスも高いです。軽量スレート屋根(カラーベストやコロニアル屋根のこと)の場合は、塗り替えリフォームが最も安価で手軽なメンテナンス方法です。しかし、すでに防水シートが破損していたり、下地が傷んでいる場合は、カバー工法の検討をおすすめします。ただし、釘打ちができない場合などはカバー工法ができないので、塗装や葺き替えの検討が必要です。

 

塗装NGの屋根

  • 下地が割れているなど、劣化が激しい屋根
  • 数ヵ所から雨漏りがある
  • 屋根下地が腐食している屋根
  • スレート屋根材にたわみが発生している

 

工期が短くて経済的

屋根リフォームの方法は、「塗り替え」「カバー工法」「葺き替え」の3種類です。

カバー工法でリフォームする場合、既存の屋根材を撤去する必要がないので廃材が出ず、葺き替えリフォームに比べ工期が短く済み、撤去費用もかかりません。解体で粉塵がでないので、有害なアスベストの飛散の心配もありません。

塗り替えに比べると費用は高くなりますが、10年に1回塗替えが必要な塗装に対して、金属屋根材(ガルバリウム鋼板が主流)をカバー工法で施工すると、約40年間メンテナンスが不要となる為、長期的にみると経済的にお得です。

 

【カバー工法施工工程】

 

 下地ルーフィング張り 

金属屋根瓦(ディプロマットスター)取付け

雨漏れ防止の為、防水シートを敷き詰める。

下地をきちんと処理し、傷がつかないよう加工して取付け

 

カバー工法のまとめ

  • 長持ちする(約30~40年以上)
  • メンテナンスがほぼ不要(※劣化してくると塗装は必要)
  • 二重構造になるので、雨音の軽減や断熱性の向上になる。
  • 雨の浸入を防ぐので防水性が高まる。
  • 解体をしなくていいので、アスベスト飛散の心配が無い。
  • リフォームで最も使用されている屋根材はガルバリウム鋼板。

カバー工法は塗装より費用がかかるものの、メリットが多いことは確かです。

普段目の届かない屋根はお手入れが忘れがちになってしまいます。

だからこそ、長持ちして頻繁なメンテナンスの必要が無い石粒板金屋根材のカバー工法はおすすめなのです。