町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 外壁塗装のリフォームで知っておきたい基本ポイントとは?

外壁塗装のリフォームで知っておきたい基本ポイントとは?

こんにちは!

グラスビトウィーンのMちゃんです♪🤗

 

秋の気配が少しずつ感じられるようになりましたね!

秋と言えば、食欲の秋・・笑

厳しい冬の到来の前に、お家の点検をしてみては如何でしょうか?

秋は、リフォームの相談や施工が多くなる季節でもあります。

さて、今回は「外壁塗装のリフォーム」をお考えになっている皆さんに、事前にリフォームの前に、是非知って置いてほしい基本のノウハウをお話ししようと思います。

 

「外壁塗装リフォーム」、基本のノウハウとは?

 

■外壁塗装リフォームが必要な訳とは?

 

外壁塗装リフォームは、家を守る性能と美しさの維持のために必要な工事です。

 

外壁塗装リフォームが必要な理由は大きく分けて2つあります。

 

 

①外壁の性能を維持するため

②美しさを維持するため

 

モルタルやサイディングなどの外壁の表面は、塗装によって保護されています。

この表面の塗膜は経年で劣化し、それが進むと内部まで水が浸入して、家の構造部分を傷めてしまいます。

 

家の健康を守り続けるためには、外壁の性能を維持し、中に水が入らないようにしておくことが大切です。

いったん構造部分を傷めてしまうと、大きな補修費用が掛かってしまいます。

 

そうなる前に外壁塗装リフォームをしておくのが、結局は長期的に家を維持する方法になるのです。

 

また、家の外観を美しく維持することも重要です。

新築当時の美しさを蘇らせたり、色を変えてイメージチェンジをしたりすることで、大切な我が家に更なる愛着もわきます。

 

モルタルは10年おき、サイディングのシーリング打ち直しは5年~10年

 

外壁塗装リフォームは定期的に行うことが大事です。

忘れないように当初から「リフォーム計画表」を作っておいた方が良いでしょう!

 

基本はモルタル壁の塗装は10年おき、木部や鉄部の塗装は5年おきと考えましょう!

 

サイディング壁は材料の寿命は20年~30年と長いのですが、つなぎ目のシーリングと呼ばれるゴム材は5年~10年おきに打ち直しが必要です。

 

また日当たりなど家の状況により、各部の劣化のスピードは一律ではありませんので注意が必要です。

 

 

窓まわりに割れや膨れが起きていたり、日陰面に藻やカビが発生している場合もあります。

割れや膨れは中に水が入っていないか確認し、補修をしてから塗装リフォームを行いますのが通常です。

また藻やカビを含め、外壁塗装前には高圧洗浄をしてキレイにしてから塗り直すことが大切です。

 

 

外壁塗装リフォームでの塗料選びは、家の寿命とのバランスを考える

 

バランスのいいアクリルシリコン樹脂系塗料のサンプルブック。

耐久は10年~15年程度。

 

外壁用の塗料には、よく使われているウレタン系やシリコン系の他にも、耐久性が高いフッ素塗料や美しさが長持ちする光触媒塗料など様々な種類があります。

高耐久なものほど値段が高いのですが、その分、先々の外壁塗装リフォームの回数を減らせます。

 

【塗料の種類-下にいくに従って高耐久で値段が高い】

 

 

①アクリル樹脂系

②アクリルウレタン系

③アクリルシリコン樹脂系

④フッ素樹脂系 など

 

 

 

 

現在、コストパフォーマンスのバランスがよく、よく使われているのはアクリルシリコン樹脂系塗料です。

 

ただしどの塗料を選んでも、仕上がりや寿命は家の状況、工程、施工技術によって大きく左右されます。

リフォーム業者からよく説明を受け、業者選びの段階からじっくり時間を掛けましょう。

次に、業者選びの基本を3ステップでご紹介していますのであわせてご参考にしてみて下さい。

 

外壁塗装リフォームを開始すまる前にやっておくべき事とは?

 

家のまわりに足場が掛かり、業者さんの車も停まります。

ご近所へひと声掛けておくのを忘れずにしましょう。

 

外壁塗装リフォームでは、家のまわりに足場を掛けます。

窓が開けられなくなる期間もありますので、工事が始まる前に下記の準備を忘れずにしておいた方が良いでしょう。

 

①足場のジャマになる植木鉢など、家のまわりの整理整頓をしましょう!

②工事が始まる前に、ご近所にひと声掛けておきましょう!

③工事中は窓が開けられなくなるので、不便はないか要チェックしましょう!

④工事中は、洗濯物が外干しできなくなるので、室内干し場所を確保しましょう!

 

グラスビトウィーンではいつでも皆さんの、「屋根」や「外壁」の心配を全力で解決いたします!

お気軽にご相談ください!

 

 

 

「屋根・外壁リフォーム専門会社」のグラスビトウィーン

 

◆お気軽にお申し付けください!

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった...

check_box外壁・屋根が汚れて見える...

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 
 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。 皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。 どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。  
いつでもどこでも簡単に相談できます 操作は簡単3ステップ
   
 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加
   
 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る
お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。 ▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。 1)お名前 2)お住まいの市区町村 3)ご相談内容(お写真も添付ください)
1対1のトークなので秘密厳守!
「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。 「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。
トークだからレスポンスが早い!
会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。 ※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。
 
 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。 ※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。 スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。
  無料LINEお見積り     Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!! *************************** ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから 下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および 問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。 メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と 入力して送信してください。 **************************
お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須
 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!