町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > 外壁塗装 > 外壁リフォームで知っておきたいポイント!

外壁リフォームで知っておきたいポイント!

塗装する季節によってメリットとデメリットがあるんです!

こんにちは、屋根修理・外壁修理のグラスビトウィーンです。
今回は、「季節の違いによる外壁塗装のメリット・デメリット」をご紹介したいと思います。外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事には『雨』が天敵だという事は皆さんもイメージできると思います。では、その他の季節による違い等は塗装工事に影響するのか疑問に思った事はありませんか?
ゼファンのある大阪府などでは、1年中どこかしらで塗装工事が行われている事もあり、塗装工事には季節は何も影響しないのだと思っている方もいるかもしれませんね。しかし、塗装工事には季節によってそれぞれメリットとデメリットがあるのです。
今回は、そんな季節による外壁塗装の違いについてご紹介したいと思います。

まずは外壁塗装工事について知っておきましょう!

 

まずは外壁塗装とはどのような流れで行われるものなのか、どの程度の費用感なのか?といった外壁塗装工事の基本についてご紹介していきたいと思います。新築後、初めて外壁の再塗装を行う場合には、どの程度の期間、費用で工事が完了するのか気になる物ですよね!

一般的な外壁塗装工事の流れをご紹介

それでは、実際に外壁塗装工事を行う場合の一般的な流れをご紹介したいと思います。

  1. 建物の周囲に必要に応じて足場を組む。塗料が掛かってはいけない場所を養生する
  2. 塗装工事を行う外壁を綺麗に洗浄する
  3. 塗装工事を行う外壁の下地調整や金属部分に錆止めを塗布する
  4. 下塗り(1回目塗装)をし、乾かす
  5. 中塗り(2回目塗装)をし、乾かす
  6. 上塗り(3回目塗装)をし、乾かす
  7. 3工程の塗りが完了後、施工業者と依頼者で確認し問題なければ完了

外壁塗装は基本的に上記の流れとなります。塗装工程は基本的に3回塗りで、乾いてから次の工程に進むため、天候によっては初期に設定した工程より延びる可能性がある事を頭に入れておきましょう。

外壁塗装工事に必要な期間と費用について

外壁塗装工事を行う期間は、上記の様に様々な工程と塗料の乾く時間などもあり、比較的日数がかかる物です。例をあげると、一般的に約30坪の建物の外壁工事で8~14日の工期が必要と言われます。もちろん、途中で雨が降った場合や面積が広い家の場合は、より多くの日数がかかります。
また、費用に関しては、使用する塗料によって施工費用が大きく変わり、施工費用を抑えたい場合は安い塗料を使ってもらう事で安価な工事に出来るでしょう。一般的な施工費用を使用塗料毎にご紹介しますので参考にしてみてください。

  • 約30坪の建物をアクリル塗装:65万円程度
  • 約30坪の建物をウレタン塗装:75万円程度
  • 約30坪の建物をフッ素塗装:80万円程度
  • 約30坪の建物を無機塗装:90万円程度

施工費用に関しては上記の様な感じです。もちろん塗装面積や足場の有無などにより施工費は大きく変わりますので注意が必要です。

外壁塗装工事を行う場合の注意点

外壁塗装工事は、上記の通り少なくとも数日間の日数がかかります。そして、外壁塗装工事には塗料の臭いや工事車両の出入りなどで必ず近隣住宅に影響を及ぼす工事です。工事期間が決まり次第、ご近所にご挨拶と工事の通知をしっかり行いましょう。

外壁塗装の季節によるメリット・デメリット

それでは季節による外壁塗装の違いについて見ていきましょう。まず最初に言っておきますが、外壁塗装は気候条件が大きく影響する工事です。
外壁塗装は「塗料を乾かす工程」が絶対条件なので、湿度が極端に高い場合や、気温が低過ぎる状態では施工できない場合があります。したがって、雨天の場合は施工できませんし、豪雪状態でも塗料を塗る事が出来ません。このことからも外壁塗装における気候条件の大切さも分かりますね。それでは、時期による外壁塗装のメリット・デメリットも見てみましょう。

春に行う外壁塗装について

春は基本的に外壁塗装が行いやすい気候条件が整っていると言えます。気温や湿度も外壁塗装に適した条件の日が続くことが多いのが、春の外壁塗装のメリットと言えるでしょう。
しかし、爆弾低気圧と呼ばれる突然の豪雨がある事や、元々「三寒四温(さんかんしおん)」と言われるように天候が変わりやすい面があるのはデメリットです。
春に外壁塗装をお考えであれば天気予報をよく確認する必要がありますね。

夏に行う外壁塗装について

夏は高温多湿になる日も多い為、外壁塗装に向かない日も多いです。特に梅雨時期は連日雨が続くので、塗装工事の予定を立てる事すら難しいのが大きなデメリットです。しかし、梅雨が明けたころのカラッとした天候の時期は外壁塗装に最適な季節になるのがメリットです。

秋に行う外壁塗装について

秋は、気温・湿度共に塗装工事に非常に向く季節と言えます。秋雨前線や台風に気をつけておけば、基本的に好天が続く季節ですので工事日程もスムーズに決まるのがメリットです。ただし、地域によっては秋でも極端に低温になり施工が出来ない場合があるのはデメリットです。

冬に行う外壁塗装について

冬は気温が低く塗装工事には向かない時期だと言われますが、穏やかな天候が続く場合には、空気が乾燥しているので塗料が乾きやすいという事が大きなメリットになります。ただし、地域によっては雪で施工できない事や、凍結や霜が降りる事によって塗装が流れてしまう場合があるなどのデメリットがあります。
どうしても冬に塗装工事をしたい場合には、好天が続くという事が最低条件になります。

塗装に向く季節は?

上記をふまえて「塗装に向く季節は?」という事を考えた場合、春と秋になるでしょう。塗装工事は基本的に雨が降っていなければ春夏秋冬どの季節でも行える工事ですが、気温や湿度、好天が続く日が多いという事を考えれば春や秋に塗装工事の計画を立てる事をオススメします。
ただし、この時期は外壁塗装や屋根塗装などを行いたいと言う方が非常に増える時期でもありますので、早めに計画を立てる事をオススメします。

外壁塗装工事は妥協できません!

今回は、外壁塗装の季節による違いをご紹介しました。外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事が気温や湿度の影響を受けるという事は事実です。その為、外壁塗装を計画する場合には、出来るだけ季節も意識して、塗装工事に適した条件が多い季節を選ぶという事はとても大切な事と言えるでしょう。
ひとたび外壁塗装をおこなった場合、最低でも数年間はその塗装の状態で建物の維持を行わなければならないので、外壁塗装工事は妥協できません。外壁塗装工事が施工不良等になってしまうと、外壁の防水機能も発揮できず、外壁からの雨漏りなど、建物にとって大きな問題に発展しかねないものです。是非、今回ご紹介したポイントも踏まえて塗装工事の計画を立てて見てはいかがでしょうか。

 

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box訪問販売が突然来て不安になった…

check_box外壁・屋根が汚れて見える…

check_box台風が来たら心配!外壁屋根を見てほしい

check_box同じ時期に立てたお隣の家が外壁屋根リフォームしていた

check_box築10年以上たって塗装が汚れてる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では、あとを絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断