町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ディーズルーフィング > ガルバリウム鋼板が屋根のリフォームにオススメの訳とは?!

ガルバリウム鋼板が屋根のリフォームにオススメの訳とは?!

 

 

屋根の素材といえば様々ありますが、金属を使った金属屋根が非常に人気があります。中でも人気の素材といえば、ガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板は、他の鋼板素材にはない素晴らしい機能性を発揮し、建物に快適さを与えます。

そこで、近年注目されているガルバリウム鋼板が屋根リフォームにおすすめできる理由をご紹介致します。

ガルバリウム鋼板とはどのような材料なのか

ガルバリウムとは、主にアルミと亜鉛とシリコンの3つの素材で構成されている鋼板です。JIS規格のガルバリウム鋼板の正式名称は、55%アルミ・亜鉛合金めっき鋼板といいます。一般住宅で採用されるガルバリウム鋼板の厚みは、0.3~0.5㎜厚のものが大半です。

鋼板だけでは遮音性や断熱性に乏しいという理由から、鋼板の裏に断熱材を貼り付けて加工した断熱材一体型のガルバリウム鋼板もあります。

軽い鋼板で取り扱いしやすいということで、近年注目されている鋼板材料です。

ガルバリウム鋼板はリフォームにおすすめの訳

以前の屋根板金工事には、トタン屋根が多く採用されてきました。トタン屋根は軽く取り扱いしやすい素材ですが、防食作用に乏しいのが難点となっています。

錆びやすいトタン屋根の改善の開発として、アルミニウムと亜鉛を組み合わせたガルバリウム鋼板が開発されました。アルミニウムには亜鉛が溶けて錆びることによって出来てしまう穴を埋める保護作用があり、自己修復作用により金属建材の問題点となっているサビからの穴あきの進行を妨げることができます。

金属素材なのに錆びにくいという、今までの鋼板にはなかった素晴らしい機能性を発揮します。様々な優れた利点があるガルバリウム鋼板ですが、1番の普及理由は優れた施工性の発揮です。軽い素材なので、屋根に使うことで耐震性を高めることができます。

自然災害に対応できる素晴らしい素材

 

近年の大地震では、瓦屋根の被害が大変多く目立ちました。瓦屋根というのは素材が動きやすいので崩れやすく、地震で被害を受けやすい屋根になってしまいます。ガルバリウム鋼板は軽い素材なので自然災害の被害に遭いにくく、大地震でもずれることなく、台風でも飛ばされることはありません。

軽い素材ですので建物の頂点が軽くなることにより、大地震が発生しても建物に与える揺れを最小限にとどめることができます。大地震が多い日本では、ガルバリウム鋼板のような軽い屋根材が適しているといえます。

様々なガルバリウム鋼板の登場

ガルバリウム鋼板は従来の鋼板タイプのイメージがありますが、その他に見た目に特徴があるものや耐久性のあるものが販売されています。

また、屋根素材の表面に石粒を付着させている石粒付鋼板や自然石粒付鋼板などがあります。石粒にて屋根の色を表現しており、色褪せしにくく、長い間綺麗な屋根を保つことができる屋根材として大変人気があります。色褪せしにくいということでメンテナンスフリーという方もいますが、ガルバリウム鋼板とほぼ同等の耐久性となります。

また、和柄のようなガルバリウム鋼板の屋根材もあります。見た目が和柄なので、和風な建物にとても映えます。近年では、浅草寺の改修工事で和瓦風のガルバリウム鋼板が採用されました。今までの鋼板屋根材というとただのトタン屋根というイメージがありますが、ガルバリウム鋼板は、様々な建物にも対応できる豊富な種類が魅力的です。

今流行りのカバー工法にピッタリ!

カバー工法というのは既存の屋根をはがすことなく、その上から重ね張りを行う屋根のリフォーム方法です。既存の屋根の解体・撤去作業、廃材処分の費用など手間がかからないのでコストを削減できますが、屋根が二重張りとなってしまうので屋根2枚分の重量を建物に与えてしまうのが難点でした。

しかし、ガルバリウム鋼板は軽い素材ですので余計な負担を建物に与えることがなく、カバー工法に非常に適している素材になります。また、ガルバリウム鋼板を使ったカバー工法は屋根リフォーム費用の大幅削減となり、屋根葺き替えの工事の2/3程度の費用で葺くことができます。

工事期間も短く、屋根の厚みも増すことで断熱効果を高めることができます。

ガルバリウム鋼板の耐用年数

 

ガルバリウム鋼板の耐用年数はメーカーにもよりますが、平均30年といわれています。他の屋根材は、経年劣化によりひび割れや剥離などが発生してしまう場合がありますが、ガルバリウム鋼板はそのようなトラブルは発生しにくい素材です。

サビによる穴あきが発生しにくい鋼板ですので、穴あきさえ発生しなければ長期に渡って使い続けることができる屋根材といえます。

ガルバリウム鋼板のメンテナンスポイント

ガルバリウム鋼板の多くはウレタン塗料で焼き付け塗装がされており、10~15年ほどで色褪せが発生します。工場にて焼き付け塗装を行っている屋根板金ですので、塗装のメンテナンスは必要ありません。色褪せは発生しますが、それは素材の劣化ではなく単なる色褪せであり見た目の問題のみとなります。

色褪せが気になる場合は、塗装メンテナンスが必要となります。屋根ですので耐候性の高い塗料がおすすめであり、フッ素系塗料がおすすめとなります。

フッ素系塗料は20年の塗膜保証をメーカーが設けているので、見えにくくチェックしにくい屋根でも長い間しっかりとした色合いを保つことができます。

ガルバリウム鋼板取り扱いの注意点

ガルバリウム鋼板はとても良い素材ですが、1つだけ難点があります。それは、ガルバリウム鋼板をカットした際に発生する鉄粉が付着することでサビが発生してしまうことです。ガルバリウム鋼板をカットした際は綺麗に鉄粉を取り除いた上で施工を行うことが大事であり、そのためにはガルバリウム鋼板の施工に精通したリフォーム会社にリフォームをお願いすることが大事となります。

ガルバリウム鋼板を使ったリフォームを行う場合は、ガルバリウム鋼板の取り扱いに慣れている地元の優良業者にリフォームをお願いしましょう。ご近所の評判やインターネット上での評判など、様々な口コミや評判をチェックした上でお任せできる業者を選びましょう。間違っても選んではいけないのが、訪問業者です。

ガルバリウム鋼板はデリケートな素材ですので、取り扱いが非常に難しいです。誰でも扱える素材ではありませんので、慎重にリフォーム業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ガルバリウム鋼板というのは、屋根材に大変適した素材です。大地震が多い日本にはピッタリの屋根材であり、カバー工法にも気軽に使うことができます。屋根のリフォームを行う際は、耐震性と施工性に富んでいるガルバリウム鋼板を採用してみてはいかがでしょうか。

 

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。
外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。
どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さいこと、相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2)お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話でのお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

 

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!