町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ブログ > 地震に強いのはどんな屋根?リフォームで耐震性を上げるには

地震に強いのはどんな屋根?リフォームで耐震性を上げるには

内閣府の防災情報では、地球上で発生するマグニチュード6.0以上の地震のうち約2割は日本で起こっていることが指摘されています。政府の地震調査委員会は、2018年2月9日に南海トラフ地震が今後30年以内に発生する確率を従来の70%から70~80%に引き上げたほか、中部圏・近畿圏直下地震の懸念もあるなど、関西圏周辺に限定したとしても、大きな災害がいつ起きてもおかしくない状況です。

マグニチュード6以上の巨大な地震になると建物の損傷が懸念されますが、中でも住宅の耐震性に関わる重要な項目のひとつとして注目すべきなのが屋根の重さです。リフォームで建物全体の耐震性を上げ、揺れによる家屋の倒壊や屋根の落下を防ぐために、屋根の軽量化を検討しましょう。

 

屋根が重いほど地震の揺れは大きくなる

地震の揺れは建物の高さが高いほど、そして屋根の重さが重いほど大きくなります。なぜなら建物の重心が高くなり、全体のバランスを欠きやすくなるからです。特に瓦屋根は1坪当たり約150kgもの重量があるので、地震で屋根が大きく左右に揺れればその重量が大きな負担となり、柱や壁に亀裂を作る一因となることも。従来の日本家屋に多い瓦屋根にはこうした耐震性の懸念が存在するのです。

そこで検討したいのが「屋根の軽量化」です。日本瓦は風雨に強いため、昔ながらの住宅には多く使われていますが、住宅の耐震性能が不十分だと地震の際に躯体が屋根の重さに耐えられず倒壊するリスクがあります。瓦屋根のなかには地震の際あえて瓦が落ちやすいように施工されているものもありますが、落下によるケガのリスクを考えるのであれば、地震が起こる前に軽い屋根に葺き替えておいた方が安心といえるでしょう。

 

地震から家を守るための屋根リフォーム

日本家屋に多い瓦屋根を地震対策でリフォームする場合は、「スレート屋根」や瓦屋根の約10分の1の重さとされる「ガルバリウム鋼板」などの屋根材が適しています。

 

軽量で家屋への負担が少ないスレート屋根

スレート屋根とは、セメントと繊維材料を高温高圧下で成型し、その上から塗装を施した屋根材です。1坪当たりの重量は約70kgと瓦屋根の約半分なので、地震の際も躯体に負担がかかりにくくなります。スレート瓦にもさまざまな種類があるので、施工業者と相談して住宅に合った素材を選びましょう。

 

ガルバリウム鋼板は台風にも強い

ガルバリウム鋼板の重量は1坪当たり約17kgと、スレート瓦と比べても非常に軽量です。暴風雨に対する耐久性は瓦の次に高いといわれています。台風が多い地域にお住まいなら、暴風に備えてスレート瓦からガルバリウム鋼板へのリフォームを検討してもいいでしょう。

スレート屋根からガルバリウム鋼板にリフォームする場合は、スレート屋根の上から屋根材を取り付ける「カバー工法」で工期や費用を抑えることができます。しかし、カバー工法ではリフォーム前よりも屋根が重くなり、かえって地震の影響を受けやすくなってしまうので、耐震性を優先するならカバー工法ではなく葺き替えを選択しましょう。

 

屋根リフォームで大切な家を災害から守りましょう

2018年6月の大阪府北部地震、同年9月の大型台風では、多くの住宅に瓦の落下や屋根の飛散、雨漏りなどの被害がありました。大きな災害のあとは屋根材本体や足場の供給が不安定になり、業者にも修理の依頼が殺到するため、通常よりも修繕に時間がかかります。災害による被害を最小限に留めるためには、地震が起こる前の屋根リフォームがおすすめです。

町田市・横浜市・川崎市エリアを中心に3万件の施工実績を持つグラスビトウィーンでは、屋根リフォームに関する相談・お見積もりを無料でうけたまわっております。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

 

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。

注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って

ただの宣伝文句ですか?

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。

皆様の不安と悩みをなくすために、リコテックはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。

どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

consultation_line_01.png

consultation_line_02b.png

01 まずはLINEお友だちに追加

line_05.png

line_07.png

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前

2}お住まいの市区町村

3)ご相談内容(お写真も添付ください)

11のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。

「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

03 あとは返信を待つだけ

66751_s.jpg

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

banar_line03.png

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************

ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいいと
いう方はメール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」と
入力して送信してください。

**************************

[contact-form-7 id=”160″ title=”お問い合わせ]

 

«  ||  »

無料屋根診断