町田市・横浜市・川崎市の屋根・外壁リフォームなら塗り替え・屋根葺き替え:グラスビトウィーン > ディーズルーフィング > 地震に強いディーズルーフィング・ジンカリウム鋼板屋根材のメリット・デメリット!

地震に強いディーズルーフィング・ジンカリウム鋼板屋根材のメリット・デメリット!

メーカーや価格・リフォーム事例を解説

 

 

軽量で丈夫な「ジンカリウム鋼板」は、葺き替えにもカバー工法(重ね葺き)にも適した、リフォームの際にも優秀な屋根材です。ただ混乱しやすいのは「自然(天然)石粒付き鋼板」「ストーンチップ鋼板」や、ガルバリウム鋼板とどう違うのか、といった点ではないでしょうか。調べている内に混乱してしまったという方は、まず「ジンカリウム鋼板屋根」の具体的な特徴や、メリット・デメリットについて理解を深めてみましょう。リフォーム価格・事例や代表的なメーカーもご紹介するので、参考にしてくださいね.

 

この記事の目次

  • ジンカリウム屋根とは?ガルバリウム・石粒付き鋼板との違い
  • ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板屋根のメリット
  • ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板屋根のデメリット・欠点
  • ジンカリウム屋根にリフォームする価格・値段
  • ジンカリウム(石粒付き)屋根の取り扱いメーカー/アイテム3選
  • ジンカリウム(石粒付き)屋根のリフォーム事例

ジンカリウム屋根とは?ガルバリウム・石粒付き鋼板との違い

 

「ジンカリウム」と「ガルバリウム」は、実はどちらもアルミニウム(55%)・溶融亜鉛(43.4~43.5%)・シリコン(1.5~1.6%)で構成された、ほとんど同じ素材です。

一般的には、国産か輸入品かによって呼び名を使い分けている傾向があるのですが、その正式な名称は商標登録している会社によって異なります。

【ガルバリウム鋼板®】 日本の「新日鉄住金」社の登録商標
【Galvalume®=(ガルバリウム)】 アメリカの「BIEC International」社の登録商標
【ZINCALUME®=(ジンカリウム) 】 オーストラリアの「BlueScope」社の登録商標

つまりは、同様の素材の屋根であっても、名前(呼び方)が変わってしまうというわけですね。

さらに、日本の住宅業界において混乱しやすいのは、基材となるガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板の表面に、石粒をコーティングした屋根のことを「ジンカリウム鋼板」と言うこともあれば、「ストーンチップ鋼板」「石粒付き鋼板」「自然石粒付き鋼板」「自然石粒付き化粧鋼板」と呼ぶケースもあるという点です。

そしてこの石粒付き鋼板は、通常の(石粒付きではない)ガルバリウム鋼板などと比べると、耐久力に優れるという大きな特徴があります。

ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板屋根のメリット

ここからは「自然石粒付き鋼板の屋根=ジンカリウム鋼板屋根」として扱い、そのメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきましょう。

特に、メリットには魅力的な点がいろいろありますよ。

 

耐用年数30~50年、メーカー保証30年と高耐久

石粒でコーティングしたジンカリウム鋼板屋根は、傷が付きにくく、紫外線やサビにも強いのが特徴です。

平均的な耐用年数は30年以上で、長い物では50年持つとも言われます。

また、メーカーが30年間の保証を付けている製品も多くあります。

塗装(塗り替え)のメンテナンスは不要

コーティングの石粒は、瓦と同じように釉薬を焼き付けることによって着色されています。

高温で焼かれてガラス質に変化した表面は、ほとんど色あせることがありません。

そのため、ジンカリウム鋼板屋根は塗装を行う必要がないのが一般的です。

断熱効果がある

 

通常のガルバリウム屋根が「熱を伝えやすい」というデメリットを持つことに対し、ジンカリウム屋根の場合は、表面の石粒が熱の伝わりを防ぐため、断熱性に優れます。

また、施工の際には屋根材と下地などの間に隙間が生まれ、この空気層が断熱材の代わりとなって室内に暑さ・寒さが伝わるのを軽減する効果も期待できます。

軽量のため耐震性に優れている

ジンカリウム屋根は、瓦やスレート(コロニアル・カラーベスト)よりも軽量のため、建物にかかる負荷が少なく、耐震性に優れています。

重い瓦屋根からの葺き替えや、スレート屋根などのカバー工法(重ね葺き)リフォームにもおすすめです。

ちなみに、各屋根材の重さの違いは以下の通りです。

屋根材 重量(1㎡あたり)
日本瓦/セメント瓦 42~50kg/㎡
スレート/カラーベスト/コロニアル 18~20kg/㎡
ジンカリウム(石粒付き) 7kg/㎡

防音性が高く、雨音などに強い

 

屋根の表面に施された石粒が音を吸収するため、防音性にも優れています。

一般的なガルバリウム鋼板のように雨音が室内に響くことは、ほとんどありません。

防火性がある

金属や石など、不燃性の素材で製造されるジンカリウム鋼板は、防火性が高いことも大きな特徴の一つです。

万が一の火災の際には、炎の広がりを抑制する力があります。

ジンカリウム(自然石粒付き)鋼板屋根のデメリット・欠点

メリットの多いジンカリウム鋼板にも、やはりいくつかのデメリットはあります。

リフォームで採用する際は、その点も把握しておきましょう。

表面の石粒が剥がれ落ちる

特に施工中は、コーティングされた石粒がぽろぽろと剥がれ落ちることがあります。

雨樋の中などに溜まることもあるので注意が必要ですが、施工後は徐々に落ち着いてくる傾向があります。

そうとは言え「樋の掃除が手間」と感じることもあるかもしれません。

「断熱材一体型のガルバリウム」よりも断熱性が劣る

 

断熱材と一体になったガルバリウム鋼板と比べると、ジンカリウム鋼板のほうが断熱性には劣ります。

(ジンカリウム鋼板の場合は石粒が断熱性を発揮するため、現段階では断熱材入りの製品は存在していません。)

ただし、石粒付きの屋根で断熱性をより確保したい場合には、断熱材を一緒に施工してもらうことも可能です。

値段がやや高額

国産の製品がまだ少なく、海外製を輸入する場合は価格がやや割高になります。

また、施工できる業者が限られているため、他の屋根材に比べてリフォーム費用がかさむこともあります。

ジンカリウム屋根にリフォームする価格・値段

ジンカリウム鋼板屋根にリフォームする費用は、屋根の形状や面積などによっても異なりますが、目安としては下記の通りです。

施工方法 総額 平米単価
カバー工法 75~105万円 7,500~15,000円/㎡
葺き替え 85~200万円 7,500~20,000円/㎡

なお、足場代や諸経費などが別途かかる可能性があるため、具体的な総額については、見積もりの際に確認するようにしてくださいね。

ジンカリウム(石粒付き)屋根の取り扱いメーカー/アイテム3選

続いては、ジンカリウム屋根を取り扱っている代表的なメーカーをご紹介しましょう。

性能はもちろん、カラーやデザインなどのお好みで選ぶのも、おすすめですよ。

ディートレーディング

『ディーズルーフィング』

 

アメリカ・カリフォルニアで生まれた『ディーズルーフィング』は、ディートレーディング社が輸入・販売を行うジンカリウム屋根です。

当店ではディーズルーフィングの正規代理店兼施工認定店です。

耐震性が高く、海外でも暴風や火災などに耐え得る屋根材として評価されています。

外壁としても使用できるシンプルなデザインの「ディプロマットスター」、凹凸のあるデザインが特徴的な「エコグラーニ」、S字型の瓦風にデザインされた「ローマン」、洋風瓦のような形状の「クラシックタイル」など、個性豊かなシリーズが顔をそろえます。

上品なカラー展開も魅力で、絶妙な配合の自然石粒が独特な風合いを醸し出します。

屋根・外壁についてお問合せお待ちしています。

 

当社で最近現調依頼で多いのが屋根の棟板金が浮いてますよ!この様な訪問販売が多くなっています。

実際に浮いてるお宅も、もちろんありますが大抵は営業のキッカケでもあります。

この様な営業をされた場合は他業者の意見を聞いて見るのも良いかもしれません。

お客様の外壁屋根塗装工事への不安を解消すべくLINEからのご相談を受け付けております。

外壁屋根のトラブルをどこに相談して良いか分からないとき、無料相談をお気軽にご利用ください。

どんな相談でも結構です。お話を伺い、問題解決へ向けて提案いたします。

こんなお悩みありませんか?

check_box見積もりの見方が分からない…

check_boxこんな小さい事、こと相談してもいいの?

check_box外壁屋根のリフォームタイミングが分からない

check_box訪問販売業者に急かされたけど、本当に今必要なの?

check_box困っている症状はないけれど、ひび割れや雨どいの状態が気になる

 

 

実際にこんな相談を承りました!

外壁をやりなおしたいが、塗装かサイディングか迷っている。
注意点を教えてほしい。

外壁にひび割れが入っているのですが、大丈夫でしょうか?

ネット上で「外壁塗装と同時に屋根も塗装するとおトクですよ」って
ただの宣伝文句ですか?



 

セカンドオピニオンとして回答します!

訪問販売で不安を煽り法外な修繕契約をさせるトラブルが、屋根や壁では後を絶ちません。
皆様の不安と悩みをなくすために、グラスビトウィーンはセカンドオピニオンとして、無料相談を受け付けております。
どんな小さなことでも構いません。もちろんご相談いただいたからといって、しつこい営業などはいたしません。ぜひお気軽にご利用ください。

 

いつでもどこでも簡単に相談できます
操作は簡単3ステップ

 

 

 

01 まずはLINEお友だちに追加

スマホで友だち追加パソコンで友だち追加

 

 

 

02 ご相談内容を送る

LINEで当社にメッセージを送る

お客様情報と連絡先、ご相談内容をできるだけ詳しく記載し、送信してください。内容によっては築年数、階数、建坪などもお教えいただく場合もございます。

▼こちらの内容をお送りいただくとスムーズです。

1)お名前
2}お住まいの市区町村
3)ご相談内容(お写真も添付ください)

1対1のトークなので秘密厳守!

「友だち」からの個別の問い合わせは、当社スタッフ以外の誰も見ることができません。
「友だち」登録したこと自体、誰にも知られないので安心です。

トークだからレスポンスが早い!

会話をするようにすばやいレスポンスが可能です。お気軽にリフォームの事をなんでもご相談くださいませ。

※急を要する場合はお電話の方からお問い合わせお願いいたします。

 

 

03 あとは返信を待つだけ

トーク画面メッセージを確認でき次第ご返信いたしますので、しばらくお待ち下さい。

※定休日や受付時間外にいただいたご連絡は、翌営業日以降にご返答いたします。

スマホをお持ちで無い方や操作方法が分からない場合は、お電話もしくはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

 

無料LINEお見積り

Instagramで毎日工事風景を投稿していますで参考にしてみてください!!

***************************
ドローンによる「屋根・外壁点検」のご相談はこちらから

下記お問い合わせフォームより、ご連絡先および
問い合わせ内容欄に「屋根・外壁無料点検希望」と
ご記入後、「送信する」ボタンより送信してください。

メールが必須項目になっていますが、お電話のみがいい
いう方は
メール入力欄に「info@grassbetween.co.jp」
入力して
送信してください。
**************************

お名前 必須

例:草間 太郎

メールアドレス 必須

例:info@grassbetween.co.jp

郵便番号

例:194-0035

住所

例:東京都町田市忠生4-11-8

電話番号必須

例:042-851-9303

問い合わせ内容必須

 

 

«  ||  »

無料屋根診断

ブログの最新記事

カテゴリ

月間アーカイブ

pickup

屋根改修のタイミング!こんな時は要注意!